海外FXキャッシュバックサイトまとめ|実質スプレッドランキング(海外FX12社×12サイトの最適解)

疑問点
読者
・海外FXのキャッシュバックサイトって何?

・キャッシュバックサイトってデメリットあるの?

・結局どこのキャッシュバックサイトを使えば良いの?

今回の記事はこのような疑問を解決します。

記事を読むことで得られるベネフィット

  • 海外FXのキャッシュバックサイトについて、内容を時短で理解できる
    所要時間:約6分間
  • キャッシュバックサイトを利用した場合、最も実質スプレッドが狭い海外FX業者を知ることが出来る。
  • 海外FX会社別のBESTキャッシュバックサイトを知ることが出来る。
    海外FX会社別(計12社)に一番条件が良いキャッシュバックサイトを掲載しています。

記事構成について

目次

海外FXキャッシュバックサイト・実質スプレッドランキングTOP10

海外FXのキャッシュバックサイト利用を前提とした実質スプレッドランキングです。

どこのキャッシュバックサイトを使って、どの海外FX会社を利用するのが最もコストが安く済むのか?という疑問にお答えします。

実質スプレッドとは?

実質スプレッドとは、海外FX業者の通常のスプレッドから、キャッシュバックサイトより支払われるキャッシュバックの金額をスプレッドに換算したものを差し引いた数値のことを指します。

「実質スプレッド=通常スプレッド-キャッシュバックスプレッド換算」

トレーダーが実質的に負担するスプレッドをわかりやすく表示させるために用いられます。

調査対象-海外FXキャッシュバックサイト12サイト一覧
  • RoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)
  • 海外FXふぁんくらぶ
  • TariTali(タリタリ)
  • HighRibate(ハイリベート)
  • FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)
  • CASHBACK-Victory(キャッシュバックビクトリー)
  • FXマイレージ
  • Atelier de Balibali(バリバリ)
  • RebateKingFx(リベートキングFX)
  • CashBackForex(キャッシュバックフォレックス)
  • PremiumTrading(プレミアムトレーディング)
  • PayBackFx(ペイバックFX)
調査対象-海外FX12社一覧
  • XM
  • GemForex
  • AXIORY
  • iFOREX
  • TITAN FX
  • FBS
  • LAND-FX
  • HotForex
  • TTCM(Traders Trust)
  • Exness
  • IS6FX
  • FXGT

※下記表は閲覧画面サイズにより横スクロールできる場合があります。

順位1位2位3位4位5位 6位7位  8位 9位10位 
実質スプレッド評価値 ※0.46pips0.69pips ※10.74pips0.74pips ※10.80pips0.85pips0.85pips0.86pips※10.90pips※10.92pips※1
FX会社・口座名GemForex
ノースプレッド口座
GEMFOREXロゴイメージ
Exness
ロースプレッド口座
Exness
プロ口座
Exness
ゼロ口座
LAND-FX
PRIME口座
LANDFXロゴイメージ
LAND-FX
スタンダード口座
LANDFXロゴイメージ
Exness
スタンダード口座

TTCM
VIP口座
TTCMロゴイメージ
HotForex
ゼロスプレッド口座
HOTFOREXロゴイメージ
LAND-FX
ECN口座
LANDFXロゴイメージ
キャッシュバックサイトTariTali
TariTali
TariTali
海外FXふぁんくらぶ
海外FXふぁんくらぶ
TariTali
海外FXふぁんくらぶ
HighRibate
海外FXふぁんくらぶ
リベート金額
0.08pips
$2.0/Lotスプレッド×18.04%$2.0/Lotスプレッド×18%スプレッド×38%スプレッド×42.4%$0.45/Lot0.30pips0.18pips
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
USDJPY実質スプレッド
(通常スプレッド)
0.22pips
(0.3pips)
0.50pips ※1
(0.7pips ※1)
0.58pips
(0.7pips)
0.50pips ※1
(0.7pips ※1)
0.82pips
(1.0pips)
0.77pips
(1.2pips)
0.63pips
(1.1pips)
0.66pips ※1
(0.7pips ※1)
0.6pips ※1
(0.9pips ※1)
0.62pips ※1
(0.8pips ※1)
EURUSD実質スプレッド
(通常スプレッド)
0.22pips
(0.3pips)
0.50pips ※1
(0.7pips ※1)
0.58pips
(0.7pips)
0.50pips ※1
(0.7pips ※1)
0.57pips
(0.7pips)
0.70pips
(1.1pips)
0.57pips
(1.0pips)
0.66pips ※1
(0.7pips ※1)
0.4pips ※1
(0.7pips ※1)
0.52pips ※1
(0.7pips ※1)
GBPJPY実質スプレッド
(通常スプレッド)
0.92pips
(1.0pips)
1.00pips ※1
(1.2pips ※1)
0.98pips
(1.2pips)
1.30pips ※1
(1.5pips ※1)
1.15pips
(1.4pips)
1.15pips
(1.8pips)
1.21pips
(2.1pips)
1.66pips ※1
(1.7pips ※1)
1.7pips ※1
(2.0pips ※1)
1.42pips ※1
(1.6pips ※1)
AUDJPY実質スプレッド
(通常スプレッド)
0.52pips
(0.6pips)
1.00pips ※1
(1.2pips ※1)
1.08pips
(1.3pips)
1.00pips ※1
(1.2pips ※1)
0.98pips
(1.2pips)
1.02pips
(1.6pips)
0.81pips
(1.4pips)
0.86pips ※1
(0.9pips ※1)
1.2pips ※1
(1.5pips ※1)
1.22pips ※1
(1.4pips ※1)
EURJPY実質スプレッド
(通常スプレッド)
0.42pips
(0.5pips)
0.90pips ※1
(1.1pips ※1)
1.07pips
(1.2pips)
0.90pips ※1
(1.1pips ※1)
0.98pips
(1.2pips)
1.02pips
(1.6pips)
1.09pips
(1.9pips)
0.86pips ※1
(0.9pips ※1)
1.3pips ※1
(1.6pips ※1)
1.22pips ※1
(1.4pips ※1)
GBPUSD実質スプレッド
(通常スプレッド)
1.22pips
(1.3pips)
0.60pips ※1
(0.8pips ※1)
0.57pips
(0.7pips)
0.80pips ※1
(0.9pips ※1)
0.66pips
(0.8pips)
1.02pips
(1.6pips)
0.75pips
(1.3pips)
1.06pips ※1
(1.1pips ※1)
0.7pips ※1
(1.0pips ※1)
1.22pips ※1
(1.4pips ※1)
AUDUSD実質スプレッド
(通常スプレッド)
0.22pips
(0.3pips)
0.70pips ※1
(0.9pips ※1)
0.74pips
(0.9pips)
0.90pips ※1
(1.0pips ※1)
0.66pips
(0.8pips)
0.77pips
(1.2pips)
0.86pips
(1.5pips)
0.66pips ※1
(0.7pips ※1)
1.2pips ※1
(1.5pips ※1)
0.92pips ※1
(1.1pips ※1)
海外FX会社-取引手数料往復$7往復$7~ – –往復$3  往復0.6~0.8pips往復0.6pips 
最大レバレッジ1,000倍∞倍 ※2∞倍 ※23,000倍∞倍 ※2∞倍 ∞倍 ※2  3,000倍500倍 1,000倍 
ボーナス – – – –– 
初回入金 ※330万円~10万円~10万円~10万円~3万円~1,000円~  1円~ 200万円2万円~ 10万円~ 
スキャルピング〇 ※4〇 〇 〇 

※:主要7通貨ペアの実質スプレッド平均値(USDJPY,EURUSDは2倍評価)。主要7通貨とは国内と世界のFX取引における通貨ペアのシェア率をもとに選定した上位7通貨ペア
※1:手数料込み
※2: 一定の条件(下記4条件)をクリア後の数値。初期状態は2,000倍
・①MT4使用②合計取引回数10回以上③合計取引量5Lot以上④口座残高$1,000未満時
※3:口座開設時に要求される初回入金額-10万円以上の場合は赤文字表示
※4:大きいロット(30Lot超)は要連絡

海外FXのキャッシュバックサイトとは?

キャッシュバックサイトとは、海外のFX会社と業務提携をしている外部サイトのことを指します。
※キャッシュバックサイトとFX会社の間に資本関係はありません。

トレーダーは、このキャッシュバックサイト経由で口座開設をすることを条件に、キャッシュバックサイト側から取引毎にキャッシュバックが行われます。

海外FXのキャッシュバックサイトとは?

なぜこのようなことが可能かというと、キャッシュバックサイトは、FX会社とIB(Introducing Broker)契約を結んでいるからです。
※Introducing Brokerの直訳は、紹介ブローカー。

IB契約を結んでいれば、トレーダーを紹介すると、その対価として報酬をもらうことができます。

そして、キャッシュバックサイトはその受け取った報酬の大部分をトレーダーに対して還元します。
※FX会社からの補報酬の配分は、トレーダー8割、キャッシュバックサイト2割程度が一般的。

このように、トレーダーとキャッシュバックサイトは「持ちつ持たれつ」の関係で、双方にメリットがあります。

注意点として、トレーダーに対して還元される金額は、キャッシュバックサイトによっても差があるので、比較をして条件の良いサイトを使うことが重要です。

※キャッシュバックサイトによって条件に差がある理由
キャッシュバックサイトの実績によって、FX会社からの報酬自体に差があります。実績が多いキャッシュバックサイトにはFX会社から高い金額の報酬があるので、その分トレーダーに対して還元をすることが出来ます。

キャッシュバックサイトの【デメリット】

トレーダーはキャッシュバックサイトを使うことによって、海外FX業者自身が提供しているボーナスを使うことができなくなる「場合」があります

「場合」と書いた理由は、FX会社やキャッシュバックサイトによっても条件が変わるので、必ず確認をするようにしましょう。

キャッシュバックサイトの【注意点】

キャッシュバックサイトを利用する上での注意点をお伝えします。

  • ボーナスクレジットを使った取引はキャッシュバック対象から外れたり、減額になる可能性がある。
    (ボーナスが使えた場合)付与されたボーナスクレジットを使って取引をすると、キャッシュバックの対象から外れたり、金額が減らされる場合があります。
  • ポジション決済時の値幅によってキャッシュバックが減額される場合がある。
    例)5.9pips以下の決済取引はキャッシュバックが50%に減額
  • ポジションの保有時間によってキャッシュバックが減額される場合がある。
    取引開始(エントリー)から取引終了(決済)までの時間によってキャッシュバックが減額ケースがあります。制限がある場合は5分程度で、それ以下の場合は、キャッシュバック対象外となったり、金額が減らされる場合があります。

※FX会社やキャッシュバックサイトによって条件が異なります。後ほど詳しく説明します。

一時金タイプのキャッシュバックサイトについて

キャッシュバックサイトには、次のような一時金タイプのサイトもあります。

  • 海外FXお役立ちガイド(https://www.kaigaifx.com/)
  • FXPLUS(https://www.fxplus.com/)

金額は魅力的に見えますが、下記のような「支払い条件」が厳しかったり、そもそも通常のキャッシュバックサイトを使えばすぐに元は取れるのでおすすめしません

一時金キャッシュバックサイトの支払い条件について
支払いスパン:申請月の翌々月
支払い条件:10万円以上入金及び、3lot以上の取引、支払い前の資金移動禁止etc…

キャッシュバックサイトの悪いウワサについて

様々なサイトで語られている内容になりますが、キャッシュバックサイトを経由して口座開設すると、スプレッドが広くなる(スプレッドが余計にマークアップされる)という噂があります。

このような噂を語っているサイトを一通り見てみましたが、明確なソースを提供しているサイトはありませんでした。

そもそもになりますが、多くのFX会社は目安のスプレッドをHP上で提示しているので、取引をしていて、スプレッドがそれより広ければ、おかしいと気が付くはずです。

このような噂に対して、当サイトのスタンスは、「余計なスプレッドの上乗せなし(余計なマークアップなし)」と提示しているキャッシュバックサイトの情報のみを掲載します。

ただし、24時間それぞれのサイトを監視できているわけではありませんので、絶対にありえないとも言えないのが心苦しいところです

もし、何か怪しい挙動があるキャッシュバックサイトがあった場合は情報提供をして頂けると非常に助かります。
※念のため当サイトでも確認した上で、迅速に周知させて頂きます。

海外FXキャッシュバックサイト一覧

この項目では、キャッシュバックサイトのご紹介をさせていただきます。

簡易的ではありますが、下記の通りカテゴリー分けをしています。

  • 【国内産】キャッシュバックサイト-「日本語サポート:〇」
  • 【海外産】キャッシュバックサイト-「日本語サポート:△~×」

【国内産】RoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)

  • 数多くの海外FX業者と提携しており、キャッシュバックの金額もトップレベル。
  • 通常のキャッシュバックの他に、10Lot達成で現金1万円が貰えるWキャンペーン開催中。
  • 国内銀行送金が利用でき、出金手数料も無料。
  • 日本語サポートがあるので、キャッシュバックサイトビギナーでも安心。
海外FXのキャッシュバックサイトを検討するにあたり、第一選択肢となるのがRoyalCashBackです。
提携している海外FX業者は15社とかなり豊富で、大手はほぼ網羅してあり、キャッシュバックの金額もトップレベルなので、かなり優秀なキャッシュバックサイトと言えます。
また、現金1万円が貰えるWキャンペーンも開催しているので、もしキャッシュバックサイトの利用を検討中であれば、まず最初にRoyalCashBackを確認してみることをおススメします。

【国内産】海外FXふぁんくらぶ

  • キャッシュバックの金額がトップレベルに優秀。
  • きめ細かい日本語サポート。LINEでのやり取りも可能。
  • 国内銀行送金が利用でき、出金手数料も無料。
海外FXふぁんくらぶは、ホスピタリティ面で言えば、数多くのキャッシュバックサイトの中でもNo.1ではないでしょうか。
かなり丁寧な対応をしてくれますし、LINEサポートもあるので、レスも早く、かなり安心感があります。
また、キャッシュバックの条件面もかなり優秀で、提携している海外FX業者の多くで、トップレベルの金額を提示してくれています。

【国内産】TariTali(タリタリ)

  • キャッシュバックの金額がトップレベルに優秀。
  • 日本語サポートありなので、キャッシュバックサイトのビギナーでも安心。
  • 国内銀行送金が利用でき、出金手数料も無料。
TariTaliは日本国内でかなり知名度が高いキャッシュバックサイトです。
数多くのブログ等でも紹介されていますが、トップレベルのキャッシュバックを提示してくれています。
また、取り扱い海外FX業者は19社と豊富で、有名どころの業者は全てカバーされています。

【国内産】HighRibate(ハイリベート)

  • 取扱い海外FX業者は2社のみだが、キャッシュバックの金額はトップレベル。
  • 日本語サポートあり。
  • 国内銀行送金が利用でき、出金手数料も無料。
HighRibateが取り扱っている海外FX業者は「XM」と「HotForex」のみですが、特にHotForexのリベート金額が優秀です。
HighRibateの支払いシステムはTariTaliのものを使っているので、何かしらの資本関係があるのかもしれません。
ちなみに、HighRibateを利用したい場合は、TariTaliへの会員登録が必要になります。

【国内産】FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)

  • 取り扱い海外FX業者数No.1。(国内産キャッシュバックサイト)
  • アカウントコピーツールが利用できる。
  • 国内銀行送金が利用でき、出金手数料も無料。
FinalCashBackは、キャッシュバックの金額を見ると、他社と比べ物足りない部分がありますが、EA(自動売買)を利用しているトレーダーであれば、検討の余地があります。
理由はアカウントコピーツールが利用できるからです。
アカウントコピーツールとは、特定の口座のトレードを任意の口座にコピーすることができるツールで、口座縛りなどのEAでもFinalCashBackを使うことによって、キャッシュバック口座として運用することが出来ます。

【国内産】CASHBACK-Victory(キャッシュバックビクトリー)

  • 老舗のキャッシュバックサイト。
  • 日本語のサポートはあるが、レスは遅め。
  • 情報の更新があまりされていない。
  • 国内銀行送金が利用でき、出金手数料も無料。
CASHBACK-Victoryは国内産のキャッシュバックサイトでは老舗の部類に入ります。
一番重要なキャッシュバックの金額は、他サイトと比べると劣っているものが多いので、利用はおすすめしません。
また公式サイト上の案内も、古いものがそのまま残っていたり(旧口座名のまま)と、更新があまりされていない様子です。

【国内産】FXマイレージ

  • 提携海外FX業者はXMの1社のみ。
  • キャッシュバックの金額は優秀。
  • 日本語サポートありなので、キャッシュバックサイトのビギナーでも安心。
  • 指定国内銀行であれば出金手数料無料。
FXマイレージはXM特化型のキャッシュバックサイトです。
キャッシュバックの金額自体はトップレベルですが、大手のキャッシュバックサイト(RoyalCashBackやTaritali)と比較すると、出金面での融通が利きづらい(両替手数料が発生したり、出金先の指定銀行があったり等)ので、特段の理由がなければFXマイレージの利用はおすすめしません。

【国内産】Atelier de Balibali(バリバリ)

  • 運営歴が長い優良キャッシュバックサイト。
  • キャッシュバックの金額も優秀。
  • 日本語サポートあり。
  • 国内銀行送金の利用が不可。
Atelier de Balibaliは10年以上の運営歴がある、優良キャッシュバックサイトです。
運営は日本人が行っているので、当然ながら日本語での問い合わせは可能です。
提携している海外FX業者はそれほど多くはありませんが、キャッシュバックの金額は、かなり優秀な金額を提示してくれています。
ただし、出金時に、国内銀行送金が利用できませんので、出金手数料が高くついてしまうデメリットもあります。

【海外産】RebateKingFx(リベートキングFX)

  • 海外産のキャッシュバックサイト大手。
  • キャッシュバックサイト業界トップレベルのリベート金額。
  • 日本語サポートには不安あり(翻訳ツール経由のコミュニケーション)
  • 国内銀行送金は不可。出金手数料が高くついてしまう。
RebateKingFxは海外産のキャッシュバックサイトでは最大手とも言える立ち位置にあります。
キャッシュバックの金額もかなり優秀で、どの海外FX業者でもトップレベルの金額を提示してくれています。
ただし、海外産のキャッシュバックサイトゆえに、日本語のサポートに不安が残る点と、出金時の手数料が無料ではありませんので、手数料が気にならないくらい大ロット取引を行うトレーダーなどの上級者向けのキャッシュバックサイトと言えます。

【海外産】CashBackForex(キャッシュバックフォレックス)

  • RebateKingFxと姉妹サイト。
  • 日本語サポートには不安あり。(翻訳ツール経由のコミュニケーション)
  • 国内銀行送金は不可。出金手数料が高くついてしまう。
CashBackForexは上記でご紹介したRebateKingFxと運営会社が同じキャッシュバックサイトです。
キャッシュバックの金額はRebateKingFxより劣るため、現状ではCashBackForexを使うメリットはありません。
また、海外産のキャッシュバックサイトゆえに、国内銀行送金が利用できないため、出金手数料が高額になってしまいます。

【海外産】PremiumTrading(プレミアムトレーディング)

  • 運営歴が長く、海外産のキャッシュバックサイトでは最古参。
  • 日本語サポートには不安あり。(翻訳ツール経由のコミュニケーション)
  • 出金手数料を無料にすることが可能だが、かなり手間がかかる
PremiumTradingは10年以上の運営歴がある優良キャッシュバックサイトです。
取扱い海外FX業者数が57社とかなり多く、大手からマイナー業者まで網羅されています。
キャッシュバックの金額は一部を除き、利用価値のあるような金額は提示されていませんので、現状だと使うメリットはあまりありません。

【海外産】PayBackFx(ペイバックFX)

  • 運営元は海外FX口コミサイトを同時経営。
  • 日本語サポートには不安あり。(翻訳ツール経由のコミュニケーション)
  • 国内銀行送金の利用は不可。出金手数料が高額になってしまう。
PayBackFxの運営会社は、Myfxbookという海外FXの口コミサイトも同時に運営しています。
一番重要なキャッシュバックの金額は、他サイトと比べると明らかに劣っているの状況なので、利用価値はありません。

海外FX12社逆引きBESTキャッシュバサイト

下記の海外FX12業者のBESTキャッシュバックサイトをお伝えさせていただきます。

選定基準は、基本的にはキャッシュバックの金額が一番高いところを載せています。同率の場合は、その他の条件(出金条件や日本語のサポート有無)も加味して選定しています。

また解説の中で出てくる用語を先に説明しておきます。

オートリベートとは?
オートリベートとは、キャッシュバックの支払先がFX会社の取引口座になることを指します。それに対して、通常のキャッシュバックの支払い(通常リベート)は、キャッシュバックサイトの管理ページ上へ金額が計上され、その後、国内銀行送金などの出金方法と金額を指定し、申請後、出金が行われます。
実質スプレッドとは?
取引時の通常のスプレッドから、キャッシュバック額を差し引いた実質スプレッドコスト。
※取引ツール上のスプレッドは通常通りですが、実際にはキャッシュバックが発生しているので、そのキャッシュバック分をスプレッドとして計算して差し引いた数値のことをさします。
ボーナスクレジットとは?
ボーナスクレジットとは、入金ボーナスや口座開設ボーナスで得られる証拠金のことを指します。このボーナスクレジットは、取引をする時に現金残高と同じように証拠金とて取引に使うことが出来ますが、それ自体を出金することは出来ません。

XM|BESTキャッシュバックサイト

XMのキャッシュバックサイトサムネイル画像

結論から申し上げると、XMのBESTキャッシュバックサイトは「海外FXふぁんくらぶ」です。

理由

  • 月間取引量90Lot未満であればキャッシュバックの金額No.1
    ※月間の取引量が90Lot以上であればRebateKingFxがキャッシュバック金額No.1となります(+$0.15/Lotのインセンティブが付く)。ただし、RebateKingFxでは出金時に国内銀行送金が利用できないため、出金手数料が高くなり、かなりの量の取引をこなさなければ、手数料分の金額をまかなえません。またRebateKingFxは海外産のキャッシュバックサイトなので日本語のサポートも期待できませんのでご注意ください。
  • 日本語サポート充実。LINEも利用可能。
  • 出金時に国内銀行送金が無料で利用可能。

※XMと提携している各キャッシュバックサイトの比較や詳細等は当サイト別記事「XMキャッシュバックサイトまとめ」をご覧ください。

【概要】XM×海外FXふぁんくらぶ

※スマートフォン閲覧の場合、横スクロールできる場合があります。

口座タイプ通貨ペア
キャッシュバック金額
通常スプレッド
(USDJPY)
実質スプレッド
(USDJPY)
マイクロ口座$9.0/lot1.6pips0.7pips
スタンダード口座$9.0/lot1.6pips0.7pips
Zero口座$4.5/lot1.1pips
(手数料込)
0.65pips

【デメリット・注意点】XM×海外FXふぁんくらぶ

  • 口座開設ボーナス及び、入金ボーナスが使えない
    ※XMのボーナスについて詳しく知りたい方は当サイト別記事「XMボーナスまとめ」をご覧ください。
  • ポジションを保有してから5分未満で決済した取引はキャッシュバック対象外
  • ボーナスクレジットを使った取引は、口座資金との割合でキャッシュバック率が減少する
    ※ボーナスクレジットを使った取引とは、取引に必要な必要証拠金を現金残高でまかなえない場合、ボーナスクレジットも使って取引することを指します。
    例)必要証拠金1万円の取引:現金残高2,000円、ボーナスクレジット8,000円の場合、キャッシュバックは20%に減額となります。
 

GemForex|BESTキャッシュバックサイト

GemForexキャッシュバックサイトサムネイル画像

結論から申し上げると、GemForexのBESTキャッシュバックサイトは「TariTali」です。

理由

  • キャッシュバックの金額No.1。
  • 日本語サポートあり。
  • 出金時に国内銀行送金が無料で利用可能。

※GemForexと提携している各キャッシュバックサイトの比較や詳細等は当サイト別記事「GemForexキャッシュバックサイトまとめ」をご覧ください。

【概要】GemForex×TariTali

※スマートフォン閲覧の場合、横スクロールできる場合があります。

口座タイプ通貨ペア
キャッシュバック金額
通常スプレッド
(USDJPY)
実質スプレッド
(USDJPY)
オールインワン口座0.8pips1.3pips0.5pips
ノースプレッド口座0.08pips0.3pips0.22pips

【注意点とデメリット】GemForex×TariTali

  • ポジションの保有時間が5分未満だとキャッシュバック対象外
  • 口座開設ボーナス及び入金ボーナスは使えるがボーナスクレジット使用に制限あり
    以前は口座開設ボーナスや入金ボーナスを受けられませんでしたが、現在は受け取ることができます。ただし、ボーナスクレジットを受け取った状態でボーナスク取引を行うとキャッシュバックの金額が減少します。
    例)【現金残高1万円、ボーナスクレジット残高1万円】の口座で取引を行うと、キャッシュバックの金額が50%(現金残高÷総残高(現金残高+ボーナスクレジット残高)になります。
    ※GemForexのボーナスについて詳しく知りたい方は当サイト別記事「GemForexボーナスまとめ」をご覧ください。

AXIORY|BESTキャッシュバックサイト

AXIORYキャッシュバックサイトサムネイル画像

結論から申し上げると、AXIORYのBESTキャッシュバックサイトは「RoyalCashBack」です。

理由

  • キャッシュバックの金額No.1。
  • 10Lot達成で現金1万円が貰えるWキャンペーンあり。
  • 日本語サポートあり。
  • 出金時に国内銀行送金が無料で利用可能。

※AXIORYと提携している各キャッシュバックサイトの比較や詳細等は当サイト別記事「AXIORYキャッシュバックサイトまとめ」をご覧ください。

【概要】AXIORY×RoyalCashBack

※スマートフォン閲覧の場合、横スクロールできる場合があります。

口座タイプ通貨ペア
キャッシュバック金額
通常スプレッド
(USDJPY)
実質スプレッド
(USDJPY)
スタンダード口座
MT4
$4.50/lot1.5pips1.05pips
スタンダード口座
cTrader
$2.25/lot1.5pips1.27pips
ナノスプレッド口座
MT4
$1.80/lot1.1pips
(手数料込)
0.92pips
ナノスプレッド口座
cTrader
$0.90/lot1.1pips
(手数料込)
1.01pips

【デメリット・注意点】AXIORY×RoyalCashBack

  • なし
    デメリットや注意点はありません。制限を受けることなくキャッシュバックが使えます。

iFOREX|BESTキャッシュバックサイト

iforexキャッシュバックサイトサムネイル画像
iFOREXでキャッシュバックサイトを利用することはおすすめしません

iFOREXの口座タイプは「エリート口座」の1タイプのみですが、キャッシュバックサイト経由で口座開設をすると、特殊な「スタンダード口座(Live account)」となります。

このスタンダード口座は、エリート口座と比べ、スプレッドが広く設定されています。

焦点となるのは、「キャッシュバックサイトを使わないエリート口座のスプレッド」と「キャッシュバックサイトを使ったスタンダード口座の実質スプレッド」のどちらが狭いか?という点です。

結論から申し上げると、「キャッシュバックサイトを使わないエリート口座のスプレッド」の方が断然狭く、キャッシュバックサイトを使うメリットは現状ありません。

それに加えてキャッシュバックサイトを使うと、100%ボーナスが使えなくなるので、デメリットだらけです。

結論としては、iFOREXの場合、キャッシュバックサイトを利用せず、通常のエリート口座を開設しましょう。

iFOREX公式サイトから通常のエリート口座を開設し、100%入金ボーナスを獲得する。

※CASHBACK-Victory公式サイトには「エリート口座」表記でキャッシュバックの金額が提示されていますが、これは誤りで、実際にCASHBACK-Victoryのリンク経由で口座開設を行うとスプレッドの広いスタンダード口座になります。

結論から申し上げると、iFOREXのBESTキャッシュバックサイトは「CASHBACK-Victory」です。

理由

  • キャッシュバックの金額No.1。
  • 日本語サポートあり。
  • 出金時に国内銀行送金が無料で利用可能。

※iFOREXと提携している各キャッシュバックサイトの比較や詳細等は当サイト別記事「iFOREXキャッシュバックサイトまとめ」をご覧ください。

【概要】iFOREX×CASHBACK-Victory

※スマートフォン閲覧の場合、横スクロールできる場合があります。

口座タイプ通貨ペア
キャッシュバック金額
通常スプレッド
(USDJPY)
実質スプレッド
(USDJPY)
スタンダード口座0.33pips1.9pips1.57pips

【デメリットと注意点】iFOREX×CASHBACK-Victory

  • 入金ボーナスの利用が出来なくなる。
    ※iFOREXの入金ボーナスについて詳しく知りたい方は当サイト別記事「iFOREXボーナスまとめ」をご覧ください。
  • 既にiFOREXの口座を持っている場合はキャッシュバックを受けられません。
    新規口座開設のタイミングでのみキャッシュバックサイトの利用が可能です。

TITAN FX|BESTキャッシュバックサイト

TITAN FXのキャッシュバックサイトサムネイル画像

結論から申し上げると、TITANFXのBESTキャッシュバックサイトは「RoyalCashBack」です。

理由

  • キャッシュバックの金額No.1。
  • 10Lot達成で現金1万円が貰えるWキャンペーンあり。
  • 日本語サポートあり。
  • 出金時に国内銀行送金が無料で利用可能。

※TITANFXと提携している各キャッシュバックサイトの比較や詳細等は当サイト別記事「TITANFXキャッシュバックサイトまとめ」をご覧ください。

【概要】TITANFX×RoyalCashBack

※スマートフォン閲覧の場合、横スクロールできる場合があります。

口座タイプ通貨ペア
キャッシュバック金額
通常スプレッド
(USDJPY)
実質スプレッド
(USDJPY)
スタンダード口座$4.675/Lot1.4pips0.93pips
ブレード口座$1.4025/Lot1.1pips
(手数料含)
0.96pips

【デメリットと注意点】TITANFX×RoyalCashBack

  • なし
    デメリットや注意点はありません。制限を受けることなくキャッシュバックが使えます。

FBS|BESTキャッシュバックサイト

FBSキャッシュバックサイトサムネイル画像

結論から申し上げると、FBSのBESTキャッシュバックサイトは「RoyalCashBack」です。

理由

  • 全口座タイプにおいて、キャッシュバックの金額No.1。
  • 日本語サポートあり。
  • 出金時に国内銀行送金が無料で利用可能。

※FBSと提携している各キャッシュバックサイトの比較や詳細等は当サイト別記事「FBSキャッシュバックサイトまとめ」をご覧ください。

【概要】FBS×RoyalCashBack

※スマートフォン閲覧の場合、横スクロールできる場合があります。

口座タイプ通貨ペア
キャッシュバック金額
通常スプレッド
(USDJPY)
実質スプレッド
(USDJPY)
スタンダード口座$8.0/lot2.2pips1.4pips
セント口座$8.0/10万通貨あたり2.2pips1.4pips
マイクロ口座$12~$64/lot3.0pips1.8pips
ゼロスプレッド口座$8.0/lot3.0pips
(手数料込)
2.2pips
ECN口座$2.4/lot1.5pips
(手数料込)
1.26pips

【デメリットと注意点】FBS×RoyalCashBack

  • ボーナスに含まれているキャッシュバック機能が減額される
    入金ボーナスによって付与されたボーナスクレジットは取引後に現金化することができますが、通常1Lotあたり$3のところ、RoyalCashBack経由の場合、1Lotあたり$1に減額されてしまいます。
    ※FBSのボーナスについて詳しく知りたい方は当サイト別記事「FBSボーナスまとめ」をご覧ください。
  • FBSのセルフキャッシュバックが使えなくなる。
    FBS自社で開催しているキャッシュバックが使えなくなります。
    ※FBSセルフキャッシュバックの詳細について詳しく知りたい場合は当サイト別記事「FBSボーナスまとめ」をご覧ください。
  • ポジションの決済時5.9pips以上の取引内容でなければキャッシュバック対象になりません。
    決済時の値幅(利益/損失問わず)が5.9pips以上なければキャッシュバックの対象にならない。

LAND-FXのキャッシュバックサイトなら

LAND FXのキャッシュバックサイトサムネイル画像

結論から申し上げると、LAND-FXのBESTキャッシュバックサイトは「海外FXふぁんくらぶ」です。

理由

  • 全口座タイプにおいて、キャッシュバックの金額No.1。
  • 日本語サポート充実。LINEも利用可能。
  • 出金時に国内銀行送金が無料で利用可能。

※LAND-FXと提携している各キャッシュバックサイトの比較や詳細、旧口座(Live口座、Restart LP Bonus口座)について、当サイト別記事「LAND-FXキャッシュバックサイトまとめ」をご覧ください。

【概要】LAND-FX×海外FXふぁんくらぶ

※スマートフォン閲覧の場合、横スクロールできる場合があります。

口座タイプ通貨ペア
キャッシュバック金額
通常スプレッド
(USDJPY)
実質スプレッド
(USDJPY)
RestartLPBonus口座
TariTali
0.45pips0.9pips0.45pips
Live口座
PREMIUM TRADING
$7.2/lot0.9pips0.18pips
ECN口座
PREMIUM TRADING
$1.6/lot0.9pips
(手数料込)
0.74pips

【デメリットと注意点】LAND-FX×海外FXふぁんくらぶ

  • なし
    デメリットや注意点はありません。LAND-FXの規約に沿って取引しましょう。
  • 旧口座については当サイト別記事「LAND-FXキャッシュバックサイトまとめ」を参照
    旧口座:Live口座、Restart LP Bonus口座、旧ECN口座
 

HotForex|BESTキャッシュバックサイト

HotForexキャッシュバックサイトサムネイル画像

結論から申し上げると、HotForexのBESTキャッシュバックサイトは口座タイプによって異なります。

  • 【マイクロ|ゼロスプレッド|AUTO|HFコピー口座】のBESTキャッシュバックサイト
    →「HighRibate
  • 【プレミアム口座】のBESTキャッシュバックサイト
    →「RibateKingFx

※HotForexと提携している各キャッシュバックサイトの比較や詳細等は当サイト別記事「HotForexキャッシュバックサイトまとめ」をご覧ください。

【概要】HotForex×HighRebate・RebateKingFx

※スマートフォン閲覧の場合、横スクロールできる場合があります。

口座タイプ通貨ペア
キャッシュバック金額
通常スプレッド
(USDJPY)
実質スプレッド
(USDJPY)
マイクロ口座
×HighRibate
0.80pips1.7pips0.90pips
プレミアム口座
×RibateKingFx
$6.8/Lot1.7pips0.91pips
ゼロスプレッド口座
×HighRibate
0.30pips0.9pips
(手数料込)
0.60pips
AUTO口座
×HighRibate
0.80pips1.7pips0.9pips
HFコピー口座
×HighRibate
0.60pips1.7pips0.90pips

【デメリットと注意点】HotForex×HighRebate・RebateKingFx

  • 【RebateKingFx】利用時、ボーナスクレジットを使った取引はキャッシュバック対象外になります。
    ※HotForexのボーナスについて詳しく知りたい方は当サイト別記事「HotForexボーナスまとめ」をご覧ください。
  • 【HighRibate】利用時、エントリーしてから決済まで1分未満の取引は、キャッシュバック率が50%になります。
  • 【HightRibate】利用時、ポジションの決済時の値幅が2pips以下の取引の場合、キャッシュバック率が50%になります。
キャッシュバックの金額は若干落ちますが、RoyalCashBackなら、取引毎のキャッシュバック+¥10,000のWキャンペーンがあります。
※Wキャンペーンは10Lotの取引が必要
・マイクロ口座:0.72pips(-0.08pips程度不利)
・プレミアム口座:0.54pips(-0.12pips程度不利)
・ゼロスプレッド口座:0.27pips(-0.03pips程度不利)
・AUTO口座:取り扱いなし
・HFコピー口座:0.54pips(-0.06pips程度不利)

TTCM(Traders Trust)|BESTキャッシュバックサイト

TTCMのキャッシュバックサイトサムネイル画像

結論から申し上げると、TTCMのBESTキャッシュバックサイトは口座タイプによって異なります。

  • 【クラシック口座】のBESTキャッシュバックサイト→「RebateKingFx
  • 【プロ口座|VIP口座】のBESTキャッシュバックサイト→「海外FXふぁんくらぶ

※TTCMと提携している各キャッシュバックサイトの比較や詳細等は当サイト別記事「TTCMキャッシュバックサイトまとめ」をご覧ください。

【概要】TTCM×RebateKingFx・海外FXふぁんくらぶ

※スマートフォン閲覧の場合、横スクロールできる場合があります。

口座タイプ通貨ペア
キャッシュバック金額
通常スプレッド
(USDJPY)
実質スプレッド
(USDJPY)
クラシック口座
×RebateKingFx
$4.5/lot1.6pips1.15pips
プロ口座
×海外FXふぁんくらぶ
$1.8/lot1.0pips
(手数料込)
0.82pips
VIP口座
×海外FXふぁんくらぶ
$0.45/lot0.7pips
(手数料込)
0.655pips
【デメリットと注意点】TTCM×RebateKingFx・海外FXふぁんくらぶ
  • 【RebateKingFx】利用時、海外産のキャッシュバックサイトなので日本語のサポートには不安あり。
    ※HPは日本語に対応していますが、翻訳ソフトを使っているような体裁です。
    ※チャットは、日本語で質問することが出来ますが、自動翻訳されるタイプなのでそれ相応の質になります。
  • 【RebateKingFx】利用時、出金条件が厳しめ。(海外FXふぁんくらぶ-国内銀行送金無料)
    ・銀行振り込み:手数料$40|最低引き出し額:$200~
    ・Paypal:手数料無料|最低引き出し額:$10~
    ・SticPay:手数料2%|最低引き出し額:$10~
  • ボーナスは通常どおり利用可能。
    入金ボーナスも通常通り利用可能であり、ボーナスクレジットを使った取引でもキャッシュバックの金額は減少しません。
    ※TTCMのボーナス詳細について詳しく知りたい方は当サイト別記事「TTCMボーナスまとめ」をご覧ください。

Exness|BESTキャッシュバックサイト

exnessキャッシュバックサイトサムネイル画像

結論から申し上げると、ExnessのBESTキャッシュバックサイトは「TariTali」です。

理由

  • キャッシュバックの金額No.1。
  • 日本語サポートあり。
  • 出金時に国内銀行送金が無料で利用可能。

※Exnessと提携している各キャッシュバックサイトの比較や詳細等は当サイト別記事「Exnessキャッシュバックサイトまとめ」をご覧ください。

【概要】Exness×TariTali

※スマートフォン閲覧の場合、横スクロールできる場合があります。

口座タイプ通貨ペア
キャッシュバック金額
通常スプレッド
(USDJPY)
実質スプレッド
(USDJPY)
スタンダード口座スプレッドの42.4%1.1pips0.63pips
ロースプレッド口座$2.0/lot0.7pips
(手数料込)
0.50pips
ゼロ口座$2.0/lot0.7pips
(手数料込)
0.50pips
プロ口座スプレッドの18.04%0.7pips0.58pips

※キャッシュバック金額は、支払い先をExnessの取引口座にした場合(オートリベート口座)です。通常リベート口座にした場合、若干金額が下がります。

【デメリットと注意点】Exness× TariTali

  • TariTaliを利用した場合のデメリットはありません。
  • 当サイト掲載のキャッシュバックの金額はメジャー通貨ペア(USDJPY,EURUSD等)を想定した金額です。
    マイナー通貨ペアは違う金額が設定されています。詳しく知りたい方はTariTali公式サイトExness案内ページで確認しましょう。
キャッシュバックの金額は若干落ちますが、RoyalCashBackを使うと、取引毎のキャッシュバック+¥10,000のWキャンペーンがあります。
※Wキャンペーンは10lot以上の取引が必要
・スタンダード口座:スプレッドの38%(4.2%-$0.48/Lot程度不利)
・ロースプレッド口座:$1.6/lot($0.4/Lot程度不利)
・ゼロ口座:$1.6/lot($0.4/Lot程度不利)
・プロ口座:スプレッドの17%(1.04%-$0.07/Lot程度不利)

IS6FX|BESTキャッシュバックサイト

is6fxキャッシュバックサイトサムネイル画像

結論から申し上げると、IS6FXのBESTキャッシュバックサイトは「FinalCashBack」です。

理由

  • 取り扱いキャッシュバックサイトはFinalCashBackのみ1サイトのみ
  • 日本語サポートあり。
  • 出金時に国内銀行送金が無料で利用可能。

※詳しい内容については当サイト別記事「IS6FXキャッシュバックサイトまとめ」をご覧ください。

【概要】IS6FX×FinalCashBack

※スマートフォン閲覧の場合、横スクロールできる場合があります。

口座タイプ通貨ペア
キャッシュバック金額
通常スプレッド
(USDJPY)
実質スプレッド
(USDJPY)
マイクロ口座0.5pips2.0pips1.2pips
スタンダード口座0.5pips1.6pips0.8pips

【デメリットと注意点】IS6FX×FinalCashBack

  • 100%入金ボーナスの利用が出来なくなる。
    ※口座開設ボーナスの利用は可能
    ※IS6FXのボーナスについて詳しく知りたい方は当サイト別記事「IS6FXボーナスまとめ」をご覧ください。
  • ボーナスクレジットを使って取引をすると、現金残高との割合に応じて、キャッシュバックの金額が下がる。
    ※ボーナスクレジットを使った取引とは、必要証拠金に現金残高だけでなく、ボーナスクレジットまで組み込んで取引している状態を指します。
    例)「現金残高1万円・ボーナスクレジット残高1万円」の状態で、必要証拠金2万円の取引を行った場合、キャッシュバックの金額が50%になります。
  • ポジション保有時間が5分未満の取引はキャッシュバックの対象外となります。

FXGT|BESTキャッシュバックサイト

FXGTキャッシュバックサイトサムネイル画像

結論から申し上げると、FXGTのBESTキャッシュバックサイトは口座タイプによって異なります。


「セント口座」「ミニ口座」「スタンダード口座(FX専用口座)」のBESTキャッシュバックサイトはRoyalCashBackです。

理由

  • キャッシュバックの金額No.1。
  • ボーナスクレジット利用取引に関するキャッシュバック減額規定が緩い
  • 日本語サポートあり。
  • 出金時に国内銀行送金が無料で利用可能。

「ECN口座」「PRO口座」のBESTキャッシュバックサイトはTariTaliです。

理由

  • キャッシュバックの金額No.1。
  • 日本語サポートあり。
  • 出金時に国内銀行送金が無料で利用可能かつ最低出金額がと低い。
    ※1,500円~出金可能

※FXGTと提携している各キャッシュバックサイトの比較や詳細等は当サイト別記事「FXGTキャッシュバックサイトまとめ」をご覧ください。

【概要】FXGT×RoyalCashBack・TariTali

※スマートフォン閲覧の場合、横スクロールできる場合があります。

口座タイプ通貨ペア
キャッシュバック金額
通常スプレッド
(USDJPY)
実質スプレッド
(USDJPY)
セント口座
×RoyalCashBack
$9.0~$11.0/10万通貨あたり2.0pips0.9pips
ミニ口座
×RoyalCashBack
$9.9/Lot1.8pips0.81pips
スタンダード口座
FX専用口座
×RoyalCashBack
$8.8/lot1.5pips0.51pips
ECN口座
×TariTali
$1.35/Lot0.9pips
(手数料込み)
0.77pips
PRO口座
×TariTali
$1.35/Lot0.9pips0.77pips

【デメリットと注意点】FXGT×RoyalCashBack・TariTali

  • 【RoyalCashBack利用時の注意点】ボーナスクレジットを使って取引を行うと、キャッシュバックが減額されます。
    ※この減額規定は他のキャッシュバックサイトより緩く設定されています。
    ※ボーナスクレジットを使った取引とは、必要証拠金に現金残高だけでなく、ボーナスクレジットまで組み込んで取引している状態を指します。
    例)「現金残高1万円・ボーナスクレジット残高1万円」の状態で、必要証拠金2万円の取引を行った場合、キャッシュバックの金額が50%になります。
    ※FXGTのボーナスについて詳しく知りたい方は当サイト別記事「FXGTボーナスまとめ」をご覧ください。
  • ポジション保有時間が5分未満の取引ついてはキャッシュバックの対象外となります。

まとめ         

以上で当記事の説明を終わります。

キャッシュバックサイトの仕組みは複雑なので、分かりにくい部分がありますが、利用するメリットはあります。

注意点としては、キャッシュバックサイトの条件は横並びではないので、より良い条件のキャッシュバックサイトを探すことが重要になってきます。

その際は、ぜひ当記事を活用して少しでも良い条件のキャッシュバックサイトを探してみて下さい