AXIORYスプレッド比較調査(口座別・海外FX平均・ランキング順位)

読むと得られる具体的なベネフィット

  • AXIORYの主要通貨ペアのスプレッドを知ることが出来る
  • AXIORY内の口座タイプ別のスプレッドを比較することが出来る
  • AXIORYのスプレッドと海外FX業界全体のスプレッド平均との見比べが出来る
  • AXIORY主要通貨ペアの【個別毎・総合】のスプレッドランキング順位を知ることが出来る

AXIORYのスプレッド調査

AXIORYのスプレッドについては、下記3つのポイントを調査しました。

  1. 主要7通貨ペアのスプレッド数値
  2. ①と海外FX平均値との比較(海外FX12社40口座のスプレッド平均値)
  3. 海外FXスプレッドランキング順位(海外FX12社40口座中の順位)
※主要7通貨ペアとは?

主要7通貨ペアとは、過去の統計から当サイトが選定した取引高の多い(たくさん取引されている)下記7種類の通貨ペアのことを指します。

  1. 米ドル×円(USDJPY):日本取引高1位|世界取引高2位
  2. ユーロ×米ドル(EURUSD):日本取引高4位|世界取引高1位
  3. ポンド×円(GBPJPY):日本取引高2位
  4. 豪ドル×円(AUDJPY):日本取引高3位
  5. ユーロ×円(EURJPY):日本取引高5位
  6. ポンド×米ドル(GBPUSD):世界取引高3位
  7. 豪ドル×米ドル(AUDUSDY):世界取引高4位

日本-2021年統計情報

順位通貨ペア全通貨ペアの取引量に占める割合
1位ドル円(USDJPY)69.4%
2位ポンド円(GBPJPY)9.2%
3位豪ドル円(AUDJPY)5.6%
4位ユーロドル(EURUSD)4.7%
5位ユーロ円(EURJPY)4.3%

※表のデータは、一般社団法人金融先物取引協会店頭FX月次速報2021年5月度の情報から算出した数値になります。
※全通貨ペアの取引量:482兆9637億4900万円


世界-2020年統計情報

順位通貨ペア全通貨ペアの取引量に占める割合
1位ユーロドル(EURUSD)27.95%
2位ドル円(USDJPY)13.34%
3位ポンドドル(GBPUSD)11.27%
4位豪ドル米ドル(AUDUSD)6.37%


参照:海外の大手市場調査データ統計WEBサイトstatista|Leading forex currency pairs in 2020, by share of total trades

調査結果に解説は口座タイプ別にわけてありますので、下記のページ内リンクもしくは口座別スプレッド比較表からお進みください。

補足説明-ナノスプレッド口座とテラ口座の違いついて

AXIORYでは、口座開設時に複数の取引ツールの中から任意のものを選び手続きを行います。

ナノスプレッド口座の口座開設手続き時に、取引ツール選択でMT5を選ぶと口座名称がテラ口座となります。

ナノスプレッド口座とテラ口座の違いは、取引ツールの違いのみなので、スプレッドやその他取引条件に違いはありません。

  • ナノスプレッド口座:MT4もしくはcTrader
  • テラ口座:MT5

AXIORY-口座タイプ別スプレッド比較表

口座タイプスタンダード口座
スプレッド※1
ナノスプレッド口座
(テラ口座)
実質スプレッド※2
ドル円
1.5pips1.1pips
ユーロドル
1.2pips0.9pips
ポンド円
1.6pips1.1pips
豪ドル円
1.8pips1.2pips
ユーロ円
1.4pips1.0pips
ポンドドル
1.5pips1.2pips
豪ドル米ドル
1.7pips1.2pips
取引手数料
往復$6
公式サイト案内公式HP  
最大レバレッジ
400倍
400倍
ボーナス
初回入金5,000円~5,000円~
通貨ペア数61種類61種類
詳細調査結果を見る調査結果を見る

※1:スタンダード口座のスプレッドは当サイトで計測した平均値を採用
※2:実質スプレッドとは「スプレッド+取引手数料($6)」合算
数値。スプレッドの数値は当サイトで計測した平均値を採用。

スタンダード口座のスプレッド調査【他社比較】

【下記表】海外FXの平均値より狭い場合は青色広い場合は赤色表示をしています。

 スタンダード口座
スプレッド※1
海外FX平均
スプレッド※2
スプレッド
ランキング※3
ドル円
USDJPY
1.5pips1.35pips23位
/40口座中
ユーロドル
EURUSD
1.2pips1.14pips23位
/40口座中
ポンド円
GBPJPY
1.6pips2.64pips7位
/40口座中
豪ドル円
AUDJPY
1.8pips2.48pips13位
/40口座中
ユーロ円
EURJPY
1.4pips1.88pips11位
/40口座中
ポンドドル
GBPUSD
1.5pips1.62pips19位
/40口座中
豪ドル米ドル
AUDUSD
1.7pips1.54pips26位
/40口座中
7通貨ペア
評価値※4
1.49pips1.69pips21位
/40口座中
CFD銘柄-ゴールド・シルバーはこちらから
 スタンダード口座
スプレッド※1
海外FX平均
スプレッド※2
スプレッド
ランキング※3
CFD-ゴールド
XAUUSD
4.0pips3.94pips30位
/36口座中
CFD-シルバー
XAGUSD
3.1pips5.0pips25位
/36口座中

※1:スタンダード口座のスプレッドは当サイト計測の平均値を採用
※2:海外FX12社40口座(CFD-12社36口座)の当サイト計測スプレッド平均値
※3:海外FX12社40口座(CFD-12社36口座)対象の当サイト海外FXスプレッドランキング順位。
※4:総合的なスプレッドの目安数値(内容:ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値)

当サイト海外FXサイトスプレッドランキング-調査対象海外FX会社名及び口座名について
  • GemForex社-オールインワン・ノースプレッド・レバレッジ5000倍口座
  • Exness社-スタンダード・ロースプレッド・ゼロ・プロ口座
  • AXIORY社-スタンダード・ナノスプレッド(テラ)口座
  • TitanFX社-スタンダード・ブレード口座
  • IS6FX社-スタンダード口座・レバレッジ6000倍口座(ゴールド・シルバー対象外)
  • iFOREX社-エリート口座
  • TTCM-クラシック・プロ・VIP口座
  • FXGT社-スタンダード+(スタンダードFX)・ミニ・セント(ゴールド・シルバー対象外)・PRO・ECN口座
  • HotForex社-マイクロ・プレミアム・ゼロスプレッド口座
  • FBS社-スタンダード・セント・ゼロスプレッド・ECN口座(ゴールド・シルバー対象外)
  • LAND-FX社-スタンダード・PRIME・ECN・旧Live・旧RestartLpBonus・旧ECN口座(ゴールド・シルバー対象外)
  • XM社-スタンダード・マイクロ・Zero口座

【AXIORY公式サイト】
スプレッドの詳細を確認する

利用価値の考察-スタンダード口座のスプレッド

結論から申し上げると、スタンダード口座のスプレッドの利用価値は低いと言わざるを得ません。

理由

AXIORYにはスタンダード口座と後述するナノスプレッド口座(テラ口座)がありますが、このスタンダード口座を選択する理由が一つもないからです。

両口座を比較した場合、ナノスプレッド口座(テラ口座)の方が全ての通貨ペアにおいてスプレッドが狭く、初回入金も5,000円からと同額であり、その他の条件を見ても特段デメリットがありません。

このように、スタンダード口座はナノスプレッド口座(テラ口座)の完全下位互換のような扱いになっています。

その他の海外FX業者では、このような下位版、上位版の口座がある場合、上位版の方が初回入金額が高額になる等の何かしらのデメリットがありますが、ことAXIORYに関してはデメリットがありません。

AXORYで口座開設を検討中の方は、このスタンダード口座ではなく、ナノスプレッド口座を開設しましょう

ナノスプレッド口座(テラ口座)のスプレッド調査【他社比較】

・ナノスプレッド口座とテラ口座のスプレッドは同値です。

・【下記表】海外FXの平均値より狭い場合は青色広い場合は赤色表示をしています。

 ブレード口座
実質スプレッド※1
海外FX平均
スプレッド※2
スプレッド
ランキング※3
ドル円
USDJPY
1.1pips
1.35pips15位
/40口座中
ユーロドル
EURUSD
0.9pips
1.14pips13位
/40口座中
ポンド円
GBPJPY
1.1pips
2.64pips2位
/40口座中
豪ドル円
AUDJPY
1.2pips
2.48pips4位
/40口座中
ユーロ円
EURJPY
1.0pips
1.88pips3位
/40口座中
ポンドドル
GBPUSD
1.2pips
1.62pips12位
/40口座中
豪ドル米ドル
AUDUSD
1.2pips
1.54pips10位
/40口座中
7通貨ペア
評価値※4
1.08pips
1.69pips7位
/40口座中
CFD銘柄-ゴールド・スプレッドはこちらから
 ブレード口座
実質スプレッド※1
海外FX平均
スプレッド※2
スプレッド
ランキング※3
CFD-ゴールド
XAUUSD
1.8pips3.94pips6位
/36口座中
CFD-シルバー
XAGUSD
1.5pips5.0pips5位
/36口座中

※1:実質スプレッドとは「スプレッド+取引手数料($7)」の合算数値。スプレッドの数値は当サイトで計測した平均値を採用。
※2:海外FX12社40口座(CFD-12社36口座)の当サイト計測スプレッド平均値
※3:海外FX12社40口座(CFD-12社36口座)対象の当サイト海外FXスプレッドランキング順位。
※4:総合的なスプレッドの目安数値(内容:ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値)

当サイト海外FXサイトスプレッドランキング-調査対象海外FX会社名及び口座名について
  • GemForex社-オールインワン・ノースプレッド・レバレッジ5000倍口座
  • Exness社-スタンダード・ロースプレッド・ゼロ・プロ口座
  • AXIORY社-スタンダード・ナノスプレッド(テラ)口座
  • TitanFX社-スタンダード・ブレード口座
  • IS6FX社-スタンダード口座・レバレッジ6000倍口座(ゴールド・シルバー対象外)
  • iFOREX社-エリート口座
  • TTCM-クラシック・プロ・VIP口座
  • FXGT社-スタンダード+(スタンダードFX)・ミニ・セント(ゴールド・シルバー対象外)・PRO・ECN口座
  • HotForex社-マイクロ・プレミアム・ゼロスプレッド口座
  • FBS社-スタンダード・セント・ゼロスプレッド・ECN口座(ゴールド・シルバー対象外)
  • LAND-FX社-スタンダード・PRIME・ECN・旧Live・旧RestartLpBonus・旧ECN口座(ゴールド・シルバー対象外)
  • XM社-スタンダード・マイクロ・Zero口座

【AXIORY公式サイト】
スプレッドの詳細を確認する

利用価値の考察-ナノスプレッド口座(テラ口座)のスプレッド

結論から申し上げると、ナノスプレッド口座(テラ口座)のスプレッドは、トレーダーの状況次第(FXに対する予算次第)で利用価値が出てきます。

理由

海外FX全体を通して見ると、AXIORYのナノスプレッド口座(テラ口座)は「低スプレッド口座」にあたりますが、この「低スプレッド口座」のくくりで見た場合、口座開設初回時に必要とする入金額が低いという特徴があります。

※海外FX業界「口座の住み分け」について

海外FX業界では、1つのFX会社の中に複数の口座タイプがあることが多く、それらの口座は下記のような住み分けがされています。

  1. 「標準口座」
  2. 「低スプレッド口座」
  3. 「ボーナス重視口座」
  4. 「低資金口座」

①「標準口座」について
標準口座とは、その名の通りそのFX会社の基準になるような口座で、初回入金の金額なども抑えられ利用のハードルが低く抑えられている口座タイプのことを指します。
ただし、スプレッド等に特化している部分がないため、トレーダーにとっては魅力が低くなりがちな口座とも言えます。

②「低スプレッド口座」について
低スプレッド口座とは、他の口座タイプよりもスプレッドが狭く設定されている口座タイプのことを指します。ただし、狭いスプレッドが利用できる反面、その他の条件(初回入金額・ボーナス利用可否)に何かしらのデメリットがあるケースもあるのでご注意ください。

③「ボーナス重視の口座」について
※ボーナスを開催しているFX会社のケース
ボーナス重視の口座とは、口座開設ボーナスや入金ボーナスなどが利用できる口座タイプのことを指します。ボーナスは資金的なメリットが高い反面、スプレッドが広くなってしまうデメリットもあります。

④「低資金口座」
低資金口座とは、ビギナー向けの口座タイプのことで、初回入金の金額がかなり低く設定(数百円程度)されていたり、取引量の計算が通常の口座の1/10~/100になり物理的に大きな取引量を扱うことができないような口座のことを指します。

参考までに、下記の海外FXスプレッドランキング表をご覧ください。

ランキング
順位
海外FX会社名
口座名
スプレッド
評価値※1
初回入金額
1位GemForex
ノースプレッド口座
0.54pips30万円~
2位Exness
ロースプレッド口座
0.86pips10万円~
3位Exness
ロースプレッド口座
0.88pips10万円~
4位Exness
ロースプレッド口座
0.90pips10万円~
5位LAND-FX
PRIME口座
0.98pips3万円~
6位TTCM
VIP口座
1.07pips200万円~
7位AXIORY
ナノスプレッド口座
1.08pips5,000円~
8位LAND-FX
ECN口座
1.10pips10万円~
9位FXGT
ECN口座
1.18pips500円~
10位HotForex
ゼロスプレッド口座
1.20pips2万円~

※詳細なランキング内容は当サイト海外FXスプレッドランキングをご覧ください。
※1:スプレッド評価値とは:総合的なスプレッドの目安数値(内容:ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値)

上記のランキング表からもわかるとおり「スプレッドが狭い」かつ「初回入金額が低い」という条件下での選択肢は下記の2口座に絞られます。

  • 【LAND-FX】PRIME口座:初回入金3万円~
  • 【AXIORY】ナノスプレッド口座(テラ口座):初回入金5,000円~

このように、AXIORYのナノスプレッド口座(テラ口座)は利用のハードルがとても低いので「海外FXをはじめて利用するトレーダー」や「FXビギナー」の方かつ「低スプレッド口座」を探している方におススメ出来ます。

【AXIORY公式サイト】
新規口座開設を行う

追加情報

AXIORYでは、年2回~3回程度の頻度で自社のキャッシュバックキャンペーンを行っていることがあります。

キャンペーンの内容は「取引を行うと入金額の一部が現金として返ってくる」というものなので、タイミングが合えば口座の利用価値が跳ね上がります。

最新のキャンペーン情報については、AXIORY公式サイトで確認することができるので気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

AXIORYのキャンペーンを公式サイトで確認する

以上で、AXIORY各口座のスプレッド解説を終わります。

AXIORYのスプレッド補足事項・注意点

この項目では、下記4つのポイントを説明させていただきます。

  1. その他の取扱い通貨ペアやCFD関連銘柄について
  2. AXIORYは変動スプレッドを採用
  3. 両建取引時のスプレッドについて
  4. AXIORYのスプレッドとスキャルピング取引について

①その他の取扱い通貨ペアやCFD関連銘柄について

AXIORYでは下記の通り、数多くの種類の取引を行うことが可能です。

  • 通貨ペア:61種類
  • 貴金属:4種類
  • 株価指数CFD:10種類
  • エネルギー:5種類
  • 株式CFD:78種類
  • ETF:69種類

注意点として、高金利通貨ペアなどを始めとするマイナーな通貨ペアは、比較的スプレッドが広めになります。

実際に取引を行う際は、そのようなスプレッドの広い通貨ペアには手を出さず、当サイトでご紹介した主要通貨ペアなどの取引を行いましょう。

具体例-スプレッドが広い通貨ペア
  • 高金利通貨ペア:南アフリカランドやメキシコペソ等を含む通貨ペア
    AUDZAR(100pips程度)・EURMXN(120pips程度)・EURTRY(160pips程度)等
  • 取引高の少ない通貨ペア:スウェーデンクローナやハンガリーフォリント等の通貨を含む取引量が少ない(人気がない)通貨ペア
    NZDSEK(25pips程度)・USDHUF(15pips程度)・USDILS(20pips程度)等

※上記スプレッドの数値はナノスプレッド口座(テラ口座)のケースです。スタンダード口座の場合はよりスプレッドが広くなります。

②AXIORYは変動スプレッドを採用

AXIORYで採用されているのは、全口座共通で変動スプレッドになります。

変動スプレッドとは、常にスプレッドの数値が変動することを指しますが、「基本的に」大きく変動するということはなく、平均値から0.1~0.2pips上下します。

※例外のケース

変動スプレッドの場合、スプレッドが大きく広がってしまうケースもあります。

具体的にはには下記のようなタイミングです。

  1. 明け方・早朝の時間帯(AM5:00~AM7:00)
  2. 経済指標発表時のタイミング
  3. 世界的もしくは国内情勢に影響大なニュース発表時

①や②に関しては、直接的に関係がある通貨ペア以外にも様々な通貨に影響を与える場合があるので、トレードを一旦控えることを推奨します。

参考までに、変動スプレッド以外には、固定スプレッドという場合もあります。

海外FXではかなり少数派なスプレッドの制度ですが、固定スプレッドは、スプレッドが「原則的に」固定されてることを指します。

※例外のケース

固定スプレッドの場合でも、スプレッドが大きく広がってしまうケースもあります。

具体的にはには下記のようなタイミングです。

  1. 明け方・朝の時間帯(AM5:00~AM8:00)
  2. 経済指標発表時のタイミング
  3. 世界的もしくは国内情勢に影響大なニュース発表時

①や②に関しては、直接的に関係がある通貨ペア以外にも様々な通貨に影響を与える場合があるので、トレードを一旦控えることを推奨します。

③両建時のスプレッドについて

まずはじめに、AXIORYでは下記の両建て取引全てが認められています。

  • AXIORY同一口座内での両建て取引
  • AXIORY別口座間の両建て取引
  • AXIORYの口座と他社口座間の両建て取引

AXIORYで両建取引をした場合は、スプレッドは2倍(売り・買いの双方向分発生)かかるのでご注意ください。
※ナノスプレッド口座(テラ口座)であれば+取引手数料

参考情報-両建時の必要証拠金

AXIORYでは「両建取引時」の必要証拠金計算が特殊な方法になっています。

具体的には、利用する取引ツールによっても違いがあるので、下記をご覧ください。

  • 【MT4・MT5利用時】:両建時の必要証拠金は、相殺扱いになり結果0円となる。
    ※両建取引をすると、一時的に証拠金維持率が回復します(必要証拠金が0円になるから)。ただし、両建取引一方のポジションを決済すると、決済していないポジションの必要証拠金が再び発生するのでその点にはご注意ください。
  • 【cTrader利用時】:両建時の必要証拠金は取引量の多いポジションの必要証拠金が採用される。

④AXIORYのスキャルピング取引について

AXIORYではスキャルピング取引が認められております。

ナノスプレッド口座(テラ口座)に関しては十分な狭さのスプレッドがあるので、海外FX全体を通してみてもスキャルピング取引に向いている口座と言えます。

【AXIORY公式サイト】
ナノスプレッド(テラ)口座の新規口座開設はコチラから

まとめ

以上で記事は終了です。

再度の結論になりますが、AXIORY内で利用すべき口座は「スプレッドが狭いナノスプレッド(テラ)口座」であり、海外FX全体を通して見た場合でも十分に狭いスプレッドを兼ね備えています。

また、初回の入金額が5,000円からということもあり、非常に利用のしやすい口座となっています。

「スプレッドが狭い口座」や「低資金からスタートできる口座」をお探しの方は、ぜひAXIORYナノスプレッド口座を利用してみて下さい。

【AXIORY公式サイト】
ナノスプレッド(テラ)口座の新規口座開設はコチラから