FXGTスプレッド調査|競合比較・海外FX平均比較・ランキング順位レポート

評価を投稿してください

読むと得られる具体的なベネフィット

  • FXGT各口座の主要通貨ペアのスプレッドを知ることが出来る
  • FXGT内の口座タイプ別のスプレッドを比較することが出来る
  • FXGTのスプレッドと海外FX全体のスプレッド平均との比較が出来る
  • FXGT主要通貨ペアの【個別毎・総合】のスプレッドランキング順位を知ることが出来る
  • FXGTの競合他社口座とのスプレッドを比較することが出来る

事前説明

当サイト掲載の「主要通貨ペア」について

当サイトでは便宜上下記7種類の通貨ペアを「主要通貨ペア」として選出し、スプレッド等の情報を掲載しています。

通貨ペアの選定基準】世の中のトレーダーに人気のある通貨ペア(たくさん取引している・取引高が多い)

  1. 米ドル×円(USDJPY):日本取引高1位|世界取引高2位
  2. ユーロ×米ドル(EURUSD):日本取引高4位|世界取引高1位
  3. ポンド×円(GBPJPY):日本取引高2位
  4. 豪ドル×円(AUDJPY):日本取引高3位
  5. ユーロ×円(EURJPY):日本取引高5位
  6. ポンド×米ドル(GBPUSD):世界取引高3位
  7. 豪ドル×米ドル(AUDUSDY):世界取引高4位

日本-2021年統計情報

順位通貨ペア全通貨ペアの取引量に占める割合
1位ドル円(USDJPY)69.4%
2位ポンド円(GBPJPY)9.2%
3位豪ドル円(AUDJPY)5.6%
4位ユーロドル(EURUSD)4.7%
5位ユーロ円(EURJPY)4.3%

※表のデータは、一般社団法人金融先物取引協会店頭FX月次速報2021年5月度の情報から算出した数値になります。
※全通貨ペアの取引量:482兆9637億4900万円


世界-2020年統計情報

順位通貨ペア全通貨ペアの取引量に占める割合
1位ユーロドル(EURUSD)27.95%
2位ドル円(USDJPY)13.34%
3位ポンドドル(GBPUSD)11.27%
4位豪ドル米ドル(AUDUSD)6.37%

参照:海外の大手市場調査データ統計WEBサイトstatista|Leading forex currency pairs in 2020, by share of total trades

当サイト掲載の「スプレッドの数値」について

当サイトに掲載しているスプレッドは、下記に基づいて数値を掲載しています。

  • 変動スプレッドの場合:当サイト計測の平均値
  • 固定スプレッドの場合:海外FX業者公式サイトに掲載している数値
海外FXのスプレッド平均値について

海外FX業者12社40口座のスプレッドをもとに計算を行った平均値となります。

FX会社名及び口座名は下記の「海外FXスプレッドランキング及び調査対象海外FX会社名及び口座名について」をご覧ください。

海外FXスプレッドランキング-調査対象海外FX会社名・口座名について

ランキングの順位については、当サイト別記事「海外FXスプレッドランキング」を引用した内容になります。

調査対象の海外FX業者名及び口座名は下記をご覧ください

  • GemForex社-オールインワン・ノースプレッド・レバレッジ5000倍口座
  • Exness社-スタンダード・ロースプレッド・ゼロ・プロ口座
  • AXIORY社-スタンダード・ナノスプレッド(テラ)口座
  • TitanFX社-スタンダード・ブレード口座
  • IS6FX社-スタンダード口座・レバレッジ6000倍口座(ゴールド・シルバー対象外)
  • iFOREX社-エリート口座
  • TTCM-クラシック・プロ・VIP口座
  • FXGT社-スタンダード+(スタンダードFX)・ミニ・セント(ゴールド・シルバー対象外)・PRO・ECN口座
  • HotForex社-マイクロ・プレミアム・ゼロスプレッド口座
  • FBS社-スタンダード・セント・ゼロスプレッド・ECN口座(ゴールド・シルバー対象外)
  • LAND-FX社-スタンダード・PRIME・ECN・旧Live・旧RestartLpBonus・旧ECN口座(ゴールド・シルバー対象外)
  • XM社-スタンダード・マイクロ・Zero口座

FXGTのスプレッド調査内容について

FXGTのスプレッドについて下記3つのポイントを調査し、それらの結果を踏まえて競合口座との比較までを行っていきます。

  1. 主要通貨ペアのスプレッド数値
  2. ①と海外FX平均値との比較
  3. 海外FXスプレッドランキング順位

調査結果は口座タイプ別に分けて記載してありますので、口座別スプレッド比較表、もしくは下記のページ内リンクからお進みください。

FXGT口座タイプ別-スプレッド比較表

どの口座タイプを選ぶべきか?

FXGTの各口座タイプを「単純なスプレッドの狭さ順」で並べると下記の順番になります。
※ECN口座は手数料込みで計算しています。

  1. ECN口座(狭い)
    ECN口座のスプレッド調査結果を見る
  2. プロ口座
    プロ口座のスプレッド調査結果を見る
  3. スタンダード+口座・スタンダードFX(FX専用)口座
    スタンダード+、スタンダードFX口座のスプレッド調査結果を見る
  4. ミニ口座
    ミニ口座のスプレッド調査結果を見る
  5. セント口座(広い)
    セント口座のスプレッド調査結果を見る

ただし、口座の良し悪しはスプレッドだけが全てではありません。

FXGTでは口座タイプが下記のとおり3つにジャンル分けがされており、それぞれにメリット・デメリットがあります。

ご希望にあわせた口座タイプをお選びください。

  • 「スプレッド重視」:ECN口座・プロ口座
    ・メリット:スプレッドが狭い
    ・デメリット:ボーナス利用不可

    「とりあえずスプレッドが狭い口座をお探しなら」ECN口座。
    ECN口座は、手数料込みで見てもプロ口座よりスプレッドが狭くなっています。
    ボーナスに関しては、ECN口座、プロ口座共に利用はできませんので、この部分に優劣はありません。
    ECN口座のスプレッド調査結果を見る
  • 「ボーナス重視」:スタンダード+口座・スタンダードFX口座(FX専用口座)
    ・メリット:ボーナス利用可能
    ・デメリット:スプレッドが広い

    スタンダード+口座とスタンダードFX口座(FX専用口座)のスプレッドの数値は同じです。では違いは何なのかというと、利用できるボーナスに若干違いがあることと、最大レバレッジや取り扱い通貨ペア数にも差があります。
    詳しくはスタンダード+口座・スタンダードFX口座(FX専用口座)のスプレッド調査結果に記載していますのでそちらでご確認ください。
  • 「低投資、ビギナー向け」:ミニ口座・セント口座
    ・メリット:通常より少ない取引量で取引可能・ボーナス利用可能
    デメリット:スプレッドがかなり広い
    「まずは少額から海外FXをはじめたい」ならミニ口座。
    ミニ口座は、取引量が通常の1/10になる低額投資向けの口座です。
    スペック面を見ると、FXGT内で同ジャンルの
    セント口座よりもスプレッドが狭く、ボーナスは2種類(入金ボーナス、口座開設ボーナス)利用できます。
    一方のセント口座は取引量が通常の1/100になり、ミニ口座よりも、より少ない資金量で取引することができます。
    ただしスペック面では、ミニ口座よりも劣っており、スプレッドが広く、口座開設ボーナスが利用できません。とくに口座開設ボーナスは「新規口座開設」時しか利用できませんので、まずはミニ口座をご利用ください。
    ミニ口座のスプレッド調査結果を見る

下記表は横スクロールできる場合があります。

口座タイプECN口座プロ口座スタンダード+口座スタンダードFX口座
ミニ口座セント口座
スプレッド評価値 ※11.18pips ※21.36pips2.06pips2.43pips2.66pips
ドル円
0.9pips ※21.0pips1.7pips2.0pips2.2pips
ユーロドル
0.8pips ※20.9pips1.6pips1.9pips2.1pips
ポンド円
1.9pips ※22.4pips3.1pips3.8pips3.8pips
豪ドル円
1.8pips ※22.3pips3.0pips3.2pips3.5pips
ユーロ円
1.3pips ※21.6pips2.3pips2.4pips2.6pips
ポンドドル
1.0pips ※21.1pips1.8pips2.4pips2.8pips
豪ドル米ドル
1.2pips ※21.0pips1.7pips2.3pips2.6pips
取引手数料
$6~
公式サイト案内
最大レバレッジ1,000倍1,000倍1,000倍500倍1,000倍1,000倍
ボーナス口座開設:×
入金:×
口座開設:×
入金:×
口座開設:○
入金:○
口座開設:○
入金:○
口座開設:○
入金:○
口座開設:×
入金:○
初回入金$5~$5~$5~$5~$5~$5~
詳細調査結果を見る調査結果を見る調査結果を見る調査結果を見る調査結果を見る調査結果を見る

※1:ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値
※2:スプレッドの数値は取引手数料込みで計算しています

FXGT【セント口座】スプレッド調査結果

 FXGTロゴイメージ
セント口座

スプレッド
海外FX平均
スプレッド
スプレッド
ランキング
ドル円
USDJPY
2.2pips1.35pips36位
/40口座中
ユーロドル
EURUSD
2.1pips1.14pips39位
/40口座中
ポンド円
GBPJPY
3.8pips2.64pips34位
/40口座中
豪ドル円
AUDJPY
3.5pips2.48pips37位
/40口座中
ユーロ円
EURJPY
2.6pips1.88pips33位
/40口座中
ポンドドル
GBPUSD
2.8pips1.62pips37位
/40口座中
豪ドル米ドル
AUDUSD
2.6pips1.54pips38位
/40口座中
7通貨ペア
評価値
2.66pips1.69pips37位
/40口座中

※ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値

【FXGT公式サイト】
セント口座の詳細を確認する

スプレッドの利用価値について|セント口座

FXGTセント口座のスプレッドには利用価値がなく、それ以外のスペックに目を向けても口座自体を使うべき理由が見当たりません

なぜ?

下記3つの理由があります。

  1. 単純にスプレッドが広い
  2. 口座開設ボーナスが使えない
  3. 少額投資向け口座のカテゴリーでも海外FX他社よりも劣っている

①セント口座は単純にスプレッドが広い

FXGTセント口座のスプレッドは通貨ペアを「個別」に見ても「全体」で見ても海外FX平均より広く、ランキング順位もかなり低めになっています。

また、FXGT内で最もスプレッドが広いことからも使うべき口座タイプではありません。

②セント口座では口座開設ボーナスが使えない

FXGTの口座開設ボーナスはアカウントの簡易登録をするだけで5,000円の証拠金(ボーナスクレジット)を貰うことができますが、セント口座は対象外となっています。

③少額投資向け口座のカテゴリーでも海外FX他社よりも劣っている

FXGTのセント口座は、取引量の計算が通常の1/100になる口座です。

このような少額投資向けの口座は海外FX他社でも多く採用されていますが、FXGTのセント口座は競合他社と比べスプレッドが広いので利用はおすすめしません。

参考までに、競合口座との比較表を作成しましたのでご覧ください。

下記表は横スクロールできる場合があります。

FX会社・口座名FXGT
セント口座
FXGTロゴイメージ
競合口座
XM
マイクロ口座
XMロゴイメージ
競合口座
FXGT(別口座)

ミニ口座
FXGTロゴイメージ
競合口座
IS6FX

マイクロ口座
スプレッド評価値 ※
2.66pips
(37位/40口座中)
2.19pips
(34位/40口座中)
調査結果を見る
2.43pips
(36位/40口座中)
調査結果へ
2.66pips
(37位/40口座中)
調査結果を見る
公式サイト公式HP公式HP公式HP公式HP
主要7通貨ペア毎のスプレッド
ドル円2.2pips1.6pips2.0pips2.0pips
ユーロドル2.1pips1.7pips1.9pips1.9pips
ポンド円3.8pips3.6pips3.8pips3.9pips
豪ドル円3.5pips3.3pips3.2pips3.7pips
ユーロ円2.6pips2.3pips2.4pips2.9pips
ポンドドル2.8pips2.1pips2.4pips3.1pips
豪ドル米ドル2.6pips1.8pips2.3pips2.5pips
その他スペック
1Lotあたり取引量
(通常1Lot=10万通貨)
1,000通貨
(1/100)
1,000通貨
(1/100)
10,000通貨
(1/10)
10,000通貨
(1/10)
ボーナス 入金: 100% 口座開設:0.3万円
入金: 100%
口座開設:0.5万円
入金: 100%
口座開設:0.5万円
入金: 100%
最大レバレッジ1,000倍 1,000倍 1,000倍1,000倍 
初回入金 $5~ $5~  $5~ $50~

※ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値

上記の比較表からもわかるとおり、FXGTのセント口座は「少額投資向け口座」として見ても、競合口座よりもスプレッドが広く、ボーナス面でも劣っています。

以上の理由からFXGTセント口座はスプレッドも含めて口座自体の利用価値が低いという結論に至りました。

当サイト別記事「海外FXスプレッドランキング」から口座を探す

FXGT【ミニ口座】スプレッド調査結果

 FXGTロゴイメージ
ミニ口座

スプレッド
海外FX平均
スプレッド
スプレッド
ランキング
ドル円
USDJPY
2.0pips1.35pips34位
/40口座中
ユーロドル
EURUSD
1.9pips1.14pips36位
/40口座中
ポンド円
GBPJPY
3.8pips2.64pips34位
/40口座中
豪ドル円
AUDJPY
3.2pips2.48pips34位
/40口座中
ユーロ円
EURJPY
2.4pips1.88pips32位
/40口座中
ポンドドル
GBPUSD
2.4pips1.62pips35位
/40口座中
豪ドル米ドル
AUDUSD
2.3pips1.54pips36位
/40口座中
7通貨ペア
評価値
2.43pips1.69pips30位
/40口座中

※ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値

CFD銘柄-ゴールド・シルバーはこちらから
 FXGTロゴイメージ
ミニ口座

スプレッド
海外FX平均
スプレッド
スプレッド
ランキング
CFD-ゴールド
XAUUSD
3.2pips3.94pips23位
/36口座中
CFD-シルバー
XAGUSD
3.2pips5.0pips26位
/36口座中

【FXGT公式サイト】
ミニ口座の詳細を確認する

スプレッドの利用価値について|ミニ口座

FXGTミニ口座のスプレッドには利用価値がなく、またそれ以外のスペックを考慮に入れて優先して使うべき口座ではありません

理由

  1. 単純にスプレッドが広い
  2. 少額投資向け口座のカテゴリーにおいても海外FX他社よりも劣っている

①ミニ口座は単純にスプレッドが広い

FXGTミニ口座のスプレッドは、通貨ペアを「個別」に見ても「全体」で見ても海外FX平均より広く、ランキング順位もかなり低めになっています。

②少額投資向け口座のカテゴリーおいても海外FX他社よりも劣っている

FXGTのミニ口座は、取引量の計算が通常よりも少なくなる(1/10)口座で、このような低投資向けの口座は、海外FX他社でも多く採用されています。

下記は「少額投資向け口座」に該当する競合他社とのスプレッド比較表です。

下記表は横スクロールできる場合があります。

FX会社・口座名FXGT
ミニ口座
FXGTロゴイメージ
競合口座
XM
マイクロ口座
XMロゴイメージ
競合口座
FXGT(別口座)

セント口座
FXGTロゴイメージ
競合口座
IS6FX

マイクロ口座
スプレッド評価値 ※
2.43pips
(36位/40口座中)
2.19pips
(34位/40口座中)
調査結果を見る
2.66pips
(37位/40口座中)
調査結果へ
2.66pips
(37位/40口座中)
調査結果を見る
公式サイト公式HP公式HP公式HP公式HP
主要7通貨ペア毎のスプレッド
ドル円2.0pips1.6pips2.2pips2.0pips
ユーロドル1.9pips1.7pips2.1pips1.9pips
ポンド円3.8pips3.6pips3.8pips3.9pips
豪ドル円3.2pips3.3pips3.5pips3.7pips
ユーロ円2.4pips2.3pips2.6pips2.9pips
ポンドドル2.4pips2.1pips2.8pips3.1pips
豪ドル米ドル2.3pips1.8pips2.6pips2.5pips
その他スペック
1Lotあたり取引量
(通常1Lot=10万通貨)
10,000通貨
(1/10)
1,000通貨
(1/100)
1,000通貨
(1/100)
10,000通貨
(1/10)
ボーナス口座開設:0.5万円
入金: 100%
口座開設:0.3万円
入金: 100%
入金: 100%口座開設:0.5万円
入金: 100%
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍1,000倍1,000倍 
初回入金 $5~  $5~  $5~$50~

※ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値

上記の比較表からもわかるとおり、FXGTのミニ口座は「少額投資向け口座」競合口座よりも見劣りしています。

以上の理由から、FXGTミニ口座はスプレッドを含めて口座自体の利用価値が低いという結論に至りました。

当サイト別記事「海外FXスプレッドランキング」からスプレッドの狭い口座を探す

ただし、FXGTでは口座開設ボーナスには利用価値があるので、それ目的で口座を作る分には何も問題はありません。

新規に口座開設をするだけで(入金をする必要もなく)5,000円の証拠金が貰えるので、気になった方は利用してみて下さい。

【FXGT公式サイト】
入金不要5,000円の
口座開設ボーナスを利用する

FXGT【スタンダード+口座(スタンダードFX口座)】スプレッド調査結果

「スタンダード+口座」と「スタンダードFX口座」の違いについて

「スタンダード+口座」と「スタンダードFX口座(FX専用口座)」の大まかな違いについては下記の比較表をご覧ください。
FXGTの公式サイトでは、スタンダードFX口座の名称が「FX専用口座」となっている場合があります。

FXGT
口座名
スタンダード+口座スタンダードFX口座
(FX専用口座)
スプレッド同じ
ボーナス口座開設ボーナス:5,000円
入金ボーナス:100%
口座開設ボーナス:5,000円
入金ボーナス:100%(使えない場合あり)
レバレッジ最大1,000倍
取引量により可変
最大500倍
口座の証拠金額により可変
取扱い
金融取引
為替(FX)
貴金属
株価指数
エネルギー
仮想通貨
GTi12指数
為替(FX)
貴金属
株価指数
トレーダー
どちらの口座タイプを使うべき?
カタログFX運営
「スタンダード+口座」を使うべきです!

2口座を天秤にかけるなら、基本には「スタンダード+口座」を選ぶべきです。

なぜなら、2口座のスプレッドに違いはありませんが、その他のスペックに目を向けるとスタンダード+口座の方が優遇されているからです。

注意点として、レバレッジの仕組みが少し特殊なので、簡単な解説を下記に載せておきます。

【スタンダード+口座】最大レバレッジ1,000倍の簡易解説はコチラから

スタンダード+口座のレバレッジは「取引量」によって数値が変動します。

取引量が大きくなればなるほど、最大レバレッジは下がる仕組みになっています。

参考までに、最大値に設定されている1,000倍のレバレッジが使えるのは、大まかに3Lot程度までとお考え下さい。
※厳密には通貨ペアによっても異なりますが、複雑なのでここでの解説は避けます。

3Lotを超えた以降のレバレッジの下がり方は、

  • 3Lotを超えて10Lotまでの「取引量」に対しては500倍
  • 10Lotを超えて20Lotまでの「取引量」に対しては200倍

というように、段階的に低いレバレッジが適用されます。

誤解がないように補足させて頂きますが、

定められている取引量を超えたタイミングで、レバレッジが「全ての取引量」に対して切り替わるわけではありません。

言葉だと少し分かりにくいので、下記の画像をご覧ください。

FXGTスタンダード+口座レバレッジ解説画像

仮に上記の画像のように20Lotで取引を行うと、「0~3Lotまでの部分に対して1,000倍」「3Lot~10Lotまでの部分に対して500倍」「10Lot~20Lotまでの部分に対して200倍」のレバレッジが適用されます。

【スタンダードFX口座(FX専用口座)】最大レバレッジ500倍の簡易解説はコチラから

スタンダードFX口座(FX専用口座)のレバレッジは口座内の証拠金次第で切り下がります。
※厳密にいうと口座内の有効証拠金(口座内証拠金-必要証拠金)になりますが、今回はわかりやすく口座内の証拠金(口座内の資金量)とします。

つまり、口座内のお金が増えれば最大レバレッジが下がってしまいます。

ちなみに通貨ペアを取引している場合、下記のように「レバレッジが切り下がる金額」が決められています。

  • $10,000(130万円程度)まで:500倍
  • $10,000~$20,000(260万円程度)まで:200倍

注意して頂きたいのは、口座内の資金量が決められた金額を超えると、いきなりレバレッジが切り下がります。

レバレッジが下がれば、必要証拠金などの計算も変わってきますので、資金コントロールには多少注意が必要になります。

 FXGTロゴイメージ
スタンダード+口座
スタンダードFX口座
スプレッド
海外FX平均
スプレッド
スプレッド
ランキング
ドル円
USDJPY
1.7pips1.35pips28位
/40口座中
ユーロドル
EURUSD
1.6pips1.14pips31位
/40口座中
ポンド円
GBPJPY
3.1pips2.64pips29位
/40口座中
豪ドル円
AUDJPY
3.0pips2.48pips30位
/40口座中
ユーロ円
EURJPY
2.3pips1.88pips28位
/40口座中
ポンドドル
GBPUSD
1.8pips1.62pips28位
/40口座中
豪ドル米ドル
AUDUSD
1.7pips1.54pips26位
/40口座中
7通貨ペア
評価値
2.06pips1.69pips28位
/40口座中

※ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値

CFD銘柄-ゴールド・シルバーはこちらから
 FXGTロゴイメージ
スタンダード+口座
スタンダードFX口座

スプレッド
海外FX平均
スプレッド
スプレッド
ランキング
CFD-ゴールド
XAUUSD
2.7pips3.94pips17位
/36口座中
CFD-シルバー
XAGUSD
2.7pips5.0pips16位
/36口座中

【FXGT公式サイト】
口座の詳細を確認する

スプレッドの利用価値について|スタンダード+口座(スタンダードFX口座)

スタンダード+口座およびスタンダードFX口座のスプレッド「のみ」に焦点を当てた場合、利用価値は低いです。

なぜ?

通貨ペアを個別、もしくは総合的に見てもスプレットは海外FX平均値よりも広く、ランキング順位もかなり低めになっています。

参考までに、「海外FXスプレッドランキング上位5口座」とFXGTスタンダード+口座(スタンダードFX口座)の簡易比較表をご覧ください。

ランキング
順位
海外FX会社名
口座名
スプレッド
評価値※1
初回入金額
1位GemForex
ノースプレッド口座
0.54pips
詳細を見る
30万円~
2位Exness
ロースプレッド口座
0.86pips
詳細を見る
$1,000~
3位Exness
プロ口座
0.88pips
詳細を見る
$1,000~
4位Exness
ゼロ口座
0.90pips
詳細を見る
$1,000~
5位LAND-FX
PRIME口座
0.98pips
詳細を見る
3万円~
28位FXGT
スタンダード+口座
スタンダードFX口座
2.06pips100円~

※1:総合的なスプレッドの目安となる数値(内容:ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値。取引手数料込みで計算)
※上記ランキング表は簡易版となります。詳細は当サイト別記事「海外FXスプレッドランキング」をご覧ください。

このとおりFXGTスタンダード+口座(スタンダードFX口座)のスプレッドは、他社と比べると明らかに広いので、一見すると利用価値がないように思えますが、「ボーナス」込みで考えると評価が変わってきます。

FXGTのボーナスって?-時短解説はこちらから

FXGTスタンダード+口座およびスタンダードFX専用口座では下記のとおりボーナスを利用することが出来ます。

口座名スタンダード+口座スタンダードFX口座
(FX専用口座)
口座開設ボーナス※15,000円5,000円
入金ボーナス※2100%+30%100%+30%
※100%は利用できない場合あり

またボーナスによって口座に付与された証拠金(ボーナスクレジット)にはクッション機能※3が付いているので海外FX業界の中でも非常に利用価値の高いボーナスとなります。

※1:口座開設ボーナスとは?

口座開設ボーナスとは、新規口座開設時に証拠金(ボーナスクレジット)がもらえるキャンペーンのことで、入金をする必要がなく利用することが出来ます。

口座開設ボーナスによって口座に与された証拠金(ボーナスクレジット)は取引に使うことは出来ますが、それ自体を出金することは出来ません。

※2:入金ボーナスとは?

入金ボーナスとは、入金した金額に対して〇%分の証拠金(ボーナスクレジット)が口座に付与されるFX会社のキャンペーンの事を指します。

入金ボーナスによって口座に付与された証拠金(ボーナスクレジット)は取引に使うことは出来ますが、それ自体を出金することはできません。
※証拠金(ボーナスクレジット)を使って得た利益は出金可能。

参考例①

50%入金ボーナス:10万円入金すると、5万円のボーナスクレジットが付与され、合計15万円分の証拠金で取引することが可能

参考例②

100%入金ボーナス:10万円入金すると、10万円のボーナスクレジットが付与され、合計20万円分の証拠金で取引することが可能

※3:クッション機能とは?

クッション機能を簡単に説明すると、トレードで現金残高を全て失ってしまっても、ボーナスによって付与された証拠金(以下ボーナスクレジット)のみでトレードを継続することができる仕組みの事を指します。

海外FXボーナス|クッション機能あり説明画像

ちなみにクッション機能が付いてないボーナスの場合、取引で現金残高を全て失うと、自動的にボーナスクレジット残高も全て消滅しまいます。

海外FXボーナス|クッション機能なし説明画像

【FXGT公式サイト】
入金不要5,000円の
口座開設ボーナスを利用する

【概要】FXGT入金ボーナス

FXGTでは2種類の入金ボーナス「100%入金ボーナス」と「30%入金ボーナス」があり、それぞれの入金ボーナスには、入金タイミング入金上限が設定されています。

  • 100%入金ボーナス:初回入金のみに対して、入金上限7万円
  • 30%入金ボーナス:全ての入金に対して(初回入金除く)、入金上限400万円

FXGT「100%」入金ボーナス補足説明

100%入金ボーナスは初回入金に対してのみ利用することが出来て、入金の上限は7万円までとなっています。

つまり、新規口座開設をした後に7万円を入金すれば、口座に+7万円の証拠金(ボーナスクレジット)が追加され、合計14万円の証拠金で取引を始めることが出来ます。

対象口座:スタンダード+口座、スタンダードFX口座(FX専用口座)、ミニ口座
※スタンダードFX口座(FX専用口座)では利用できないケースがあります。


FXGT「30%」入金ボーナス補足説明

30%入金ボーナスは、初回入金以外の入金に対して適用され、こちらの入金上限は400万円(ボーナス受取額の最大値は120万円)に設定されています。

対象口座:スタンダード+口座、スタンダードFX口座(FX専用口座)、ミニ口座


※FXGTのボーナスについて更に詳しく知りたい方は当サイト別記事「FXGTボーナスまとめ」をご覧ください。

【FXGT公式サイト】
スタンダード+口座
の詳細を確認する

「ボーナス込み」スプレッドの利用価値について|スタンダード+口座

※この項目ではスタンダード+口座に対してのみ言及します。(スタンダードFX口座では、フルにボーナスを活用できない場合がありますので解説から除外します。)

FXGTスタンダード+口座は「ボーナス重視の口座」であり、先ほどのスプレッドランキング表にランクインするような「スプレッド重視の口座」とは、もともとものコンセプトが異なります。

そこで、より正確な利用価値を計るために「ボーナス重視の口座」に条件を絞って、競合他社とのスプレッドを比較していきます。

競合他社との比較について|スタンダード+口座

ボーナス重視の競合他社について、もう少し具体的な条件設定をさせて頂きます。

今回FXGTスタンダード+口座の競合には、下記の条件を満たした海外FX他社の口座を用意しましたので、次の項目の比較表をご覧ください。

  1. 「口座開設ボーナス」及び「100%以上の入金ボーナス」が使える
  2. 「ボーナスにクッション機能が付いている」
  3. ①、②を前提条件として、海外FXスプレッドランキングからスプレッドが狭い順に2口座を抽出
※クッション機能とは?

クッション機能を簡単に説明すると、トレードで現金残高を全て失ってしまっても、ボーナスによって付与された証拠金(以下ボーナスクレジット)のみでトレードを継続することができる仕組みの事を指します。

海外FXボーナス|クッション機能あり説明画像

ちなみにクッション機能が付いてないボーナスの場合、取引で現金残高を全て失うと、自動的にボーナスクレジット残高も全て消滅しまいます。

海外FXボーナス|クッション機能なし説明画像

競合口座比較表-スタンダード+口座

下記表は横スクロールできる場合があります。

FX会社・口座名FXGT
スタンダード+口座
FXGTロゴイメージ
競合口座
GemForex

オールインワン口座
GEMFOREXロゴイメージ
競合口座
IS6FX

スタンダード口座
スプレッド評価値 ※1
(ランキング順位 ※2)
2.06pips
(28位/40口座中)
2.08pips
(30位/40口座中)
調査結果を見る
2.10pips
(32位/40口座中)
調査結果を見る
公式サイト公式HP公式HP公式HP
主要7通貨ペア毎のスプレッド
ドル円1.7pips1.7pips1.6pips
ユーロドル1.6pips1.6pips1.5pips
ポンド円3.1pips2.8pips3.1pips
豪ドル円3.0pips2.6pips2.9pips
ユーロ円2.3pips2.6pips2.3pips
ポンドドル1.8pips2.2pips2.4pips
豪ドル米ドル1.7pips1.9pips2.0pips
その他スペック
ボーナス 口座開設0.5万円
100%入金ボーナス
(クッション○)
ボーナス詳細解説
口座開設1.0~2.0万円
100%入金ボーナス
(クッション○)
ボーナス詳細解説
口座開設0.5~2.0万円
100%入金ボーナス
(クッション○)
ボーナス詳細解説
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍1,000倍 
初回入金$5~ 100円~$50~
取扱い通貨ペア数 483133

※1:総合的なスプレッドの目安となる数値(内容:ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値
※2:当サイト海外FXスプレッドランキングから引用

【結論】「ボーナス込み」スプレッドの利用価値について|スタンダード+口座

比較表からもわかるとおり、上記3口座のスプレッドには差がほとんどなく、ボーナスの条件にも大きな差はありません。

以上のことから、FXGTのスタンダード+口座は海外FXの中で「使うべき口座の一つではある」というのが当サイトの結論になります。

ただし、先に上げた3口座のうち「どの口座を優先して開設すべきか?」と問われれば、口座開設ボーナスの金額が最も高い口座を優先するべきです。

下記に公式サイトのリンクをのせておきますので、最新の口座開設ボーナスの金額を確認して、最も金額が高い口座をご利用ください。

補足説明-口座開設ボーナスが使えなくもOKなら…

今回FXGTスタンダード+口座の競合口座には…

  • 口座開設ボーナス
  • 100%入金ボーナス

上記の両ボーナスを使うことができる口座を選定してましたが、仮に「口座開設ボーナスが使えなくも良い(100%入金ボーナスのみでOK)」というお話であれば、iFOREXエリート口座がおすすめです。

下記にFXGTスタンダード+口座との比較表を載せておきますので参考にしてみて下さい。

FX会社・口座名iFOREX
エリート口座
iFOREXサイトイメージ
FXGT
スタンダード+口座
FXGTロゴイメージ
スプレッド評価値 ※1
(ランキング順位 ※2)
1.34pips
(12位/40口座中
調査結果を見る

2.06pips
(28位/40口座中)
公式サイト公式HP公式HP
主要7通貨ペア毎のスプレッド
ドル円0.8pips1.7pips
ユーロドル0.7pips1.6pips
ポンド円3.0pips3.1pips
豪ドル円3.0pips3.0pips
ユーロ円1.2pips2.3pips
ポンドドル1.1pips1.8pips
豪ドル米ドル0.8pips1.7pips
その他スペック
ボーナス100%入金ボーナス
(クッション○)
ボーナス詳細解説
口座開設0.5万円
100%入金ボーナス
(クッション○)
ボーナス詳細解説
最大レバレッジ400倍 1,000倍
初回入金1万円~$5~ 
取扱い通貨ペア数83 48

※1:総合的なスプレッドの目安となる数値(内容:ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値)
※2:当サイト海外FXスプレッドランキングから引用

FXGT【プロ口座】スプレッド調査結果

 FXGTロゴイメージ
プロ口座

スプレッド
海外FX平均
スプレッド
スプレッド
ランキング
ドル円
USDJPY
1.0pips1.35pips10位
/40口座中
ユーロドル
EURUSD
0.9pips1.14pips13位
/40口座中
ポンド円
GBPJPY
2.4pips2.64pips19位
/40口座中
豪ドル円
AUDJPY
2.3pips2.48pips23位
/40口座中
ユーロ円
EURJPY
1.6pips1.88pips16位
/40口座中
ポンドドル
GBPUSD
1.1pips1.62pips10位
/40口座中
豪ドル米ドル
AUDUSD
1.0pips1.54pips7位
/40口座中
7通貨ペア
評価値※1
1.36pips1.69pips13位
/40口座中
CFD銘柄-ゴールド・シルバーはこちらから
 FXGTロゴイメージ
プロ口座

スプレッド
海外FX平均
スプレッド
スプレッド
ランキング
CFD-ゴールド
XAUUSD
1.7pips3.94pips4位
/36口座中
CFD-シルバー
XAGUSD
2.7pips5.0pips16位
/36口座中

※1:総合的なスプレッドの目安となる数値(内容:ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値)

【FXGT公式サイト】
プロ口座の詳細を確認する

スプレッドの利用価値について|プロ口座

結論から申し上げると、FXGTプロ口座のスプレッドは利用価値は低いです。

なぜ?

下記3つの理由があります。

  1. FXGT内においてECN口座よりもスプレッドが広い
  2. 海外FX他社よりもスプレッドが広い
  3. 「初回入金額が低い」競合口座よりもスプレッド広い

①FXGT内においてECN口座よりもスプレッドが広い

プロ口座とECN口座のスプレッドを比較した場合、主要通貨ペアのほぼ全てにおいてプロ口座の方が広くなっています。

ボーナスなどの条件に差がない(両口座ともボーナス利用不可)ことからも、現状FXGT内においてプロ口座を使う理由が見当たりません。

FXGT口座タイププロ口座ECN口座
ドル円
1.0pips0.9pips
ユーロドル
0.9pips0.8pips
ポンド円
2.4pips1.9pips
豪ドル円
2.3pips1.8pips
ユーロ円
1.6pips1.3pips
ポンドドル
1.1pips1.0pips
豪ドル米ドル
1.0pips1.2pips

※ECN口座のスプレッドの数値は手数料($6~)込み

②海外FX他社よりもスプレッドが広い

FXGTプロ口座のスプレッドは海外FXの平均よりは狭いですが、海外FX他社には更にスプレッドが狭い口座があります。

参考までに、「海外FXスプレッドランキング上位5口座」とFXGTプロ口座の簡易比較表をご覧ください。

ランキング
順位
海外FX会社名
口座名
スプレッド
評価値※1
初回入金額
1位GemForex
ノースプレッド口座
0.54pips
詳細を見る
30万円~
2位Exness
ロースプレッド口座
0.86pips
詳細を見る
$1,000~
3位Exness
プロ口座
0.88pips
詳細を見る
$1,000~
4位Exness
ゼロ口座
0.90pips
詳細を見る
$1,000~
5位LAND-FX
PRIME口座
0.98pips
詳細を見る
3万円~
13位FXGT
プロ口座
1.36pips$5~

※1:総合的なスプレッドの目安となる数値(内容:ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値。取引手数料込みで計算)
※上記ランキング表は簡易版となります。詳細は当サイト別記事「海外FXスプレッドランキング」をご覧ください。

上記の表のとおり、FXGTプロ口座のスプレッドは海外FX他社と比べて劣っています。

ただし、ランキング上位の口座は初回入金額が高く、口座開設のハードルが高くなっているのも事実です。

そこで、初回入金額が高い口座を除外した「初回入金額が低い」条件下でスプレッドの利用価値を深掘りしていきます。

③「初回入金額が低い」競合口座よりもスプレッドが広い

結論から言うと、海外FX他社には「初回入金額が低い」かつFXGTプロ口座よりもスプレッドが狭い口座があります。

参考までに、「初回入金額3万円以下」のスプレッドが狭い口座をリストアップしましたので下記の表をご覧ください。

ランキング
順位
海外FX会社名
口座名
スプレッド
評価値※1
初回入金額
5位LAND-FX
PRIME口座
0.98pips
詳細を見る
3万円~
7位AXIORY
ナノスプレッド口座
1.08pips
詳細を見る
5,000円~
9位FXGT
ECN口座
1.18pips
調査結果へ
$5~
11位TitanFX
ブレード口座
0.90pips
詳細を見る
$200~
10位HotForex
ゼロスプレッド口座
1.30pips
詳細を見る
$200~
13位FXGT
プロ口座
1.36pips$5~

※1:総合的なスプレッドの目安となる数値(内容:ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値。取引手数料込みで計算)

このとおり、FXGTプロ口座のスプレッドには利用価値がありませんので、他の口座をご検討ください。

海外FXスプレッドランキングから「初回入金額が低い+スプレッドが狭い」口座を探す

FXGT【ECN口座】スプレッド調査結果

 FXGTロゴイメージ
ECN口座

スプレッド
海外FX平均
スプレッド
スプレッド
ランキング
ドル円
USDJPY
0.9pips1.35pips7位
/40口座中
ユーロドル
EURUSD
0.8pips1.14pips10位
/40口座中
ポンド円
GBPJPY
1.9pips2.64pips13位
/40口座中
豪ドル円
AUDJPY
1.8pips2.48pips13位
/40口座中
ユーロ円
EURJPY
1.3pips1.88pips10位
/40口座中
ポンドドル
GBPUSD
1.0pips1.62pips8位
/40口座中
豪ドル米ドル
AUDUSD
1.2pips1.54pips10位
/40口座中
7通貨ペア
評価値※1
1.18pips1.69pips9位
/40口座中
CFD銘柄-ゴールド・シルバーはこちらから
 FXGTロゴイメージ
ECN口座

スプレッド
海外FX平均
スプレッド
スプレッド
ランキング
CFD-ゴールド
XAUUSD
1.7pips3.94pips4位
/36口座中
CFD-シルバー
XAGUSD
3.3pips5.0pips27位
/36口座中

※1:総合的なスプレッドの目安となる数値(内容:ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値)

【FXGT公式サイト】
ECN口座の詳細を確認する

スプレッドの利用価値について|ECN口座

結論から申し上げると、FXGT-ECN口座のスプレッドは利用価値が低いです。

なぜ?

下記2つの理由があります。

  1. 海外FX他社よりもスプレッドが広い
  2. 「初回入金額が低い」競合口座よりもスプレッド広い

①海外FX他社よりもスプレッドが広い

FXGT-ECN口座のスプレッドは海外FX平均よりは狭くなっていますが、海外FX業界には更にスプレッドが狭い口座があります。

参考までに、「海外FXスプレッドランキング上位5口座」とFXGT-ECN口座との簡易比較表をご覧ください。

ランキング
順位
海外FX会社名
口座名
スプレッド
評価値
初回入金額
1位GemForex
ノースプレッド口座
0.54pips
詳細を見る
30万円~
2位Exness
ロースプレッド口座
0.86pips
詳細を見る
$1,000~
3位Exness
プロ口座
0.88pips
詳細を見る
$1,000~
4位Exness
ゼロ口座
0.90pips
詳細を見る
$1,000~
5位LAND-FX
PRIME口座
0.98pips
詳細を見る
3万円~
9位FXGT
ECN口座
1.36pips$5~

※ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値

上記の表のとおり、FXGT-ECN口座のスプレッドは海外FX他社と比べて劣っています。

ただし、ランキング上位の口座は初回入金額が高いので、口座開設のハードルが高くなっているのも事実です。

そこで、初回入金額が高い口座を除外した「初回入金額が低い」条件下でスプレッドの利用価値を深掘りしていきます。

②「初回入金額が低い」競合口座よりもスプレッドが広い

結論から言うと、海外FX業界には初回入金額が低くて、FXGT-ECN口座よりもスプレッドが狭い口座があります。

下記は「初回入金3万円以下」かつ「FXGTのECN口座よりもスプレッドが狭い口座」のリストです。

ランキング
順位
海外FX会社名
口座名
スプレッド
評価値
初回入金額
5位LAND-FX
PRIME口座
0.98pips
詳細を見る
3万円~
7位AXIORY
ナノスプレッド口座
1.08pips
詳細を見る
5,000円~
9位FXGT
ECN口座
1.18pips500円~

FXGTのECN口座は「1,000円未満の初回入金でも利用できる」というメリットもありますが、5千円もしくは3万円程の予算を上乗せすれば、更にスプレッドの狭い口座が使えます。

スプレッドは特に妥協してはいけないポイントなので、ご予算と相談して少しでも有利な口座を使ってみて下さい。

海外FXスプレッドランキングから「初回入金額が低い+スプレッドが狭い」口座を探す

FXGTスプレッド補足事項・注意点

この項目では、下記4つのポイントを説明させていただきます。

  1. その他の取扱い通貨ペアやCFD関連銘柄について
  2. FXGTのスプレッドの仕組みについて(変動or固定)
  3. 両建取引時のスプレッドについて
  4. FXGTのスプレッドとスキャルピング取引について

①その他の取扱い通貨ペアやCFD関連銘柄について

FXGTの各口座では、下記に記載した種類数の通貨ペアやCFD関連の取引を行うことが出来ます。

口座タイプECN口座
プロ口座
スタンダード+口座スタンダードFX口座
(FX専用口座)
ミニ口座セント口座
通貨ペア48種
貴金属2種1種
エネルギー3種1種
株価指数8種×
仮想通貨32種×4種×
株式CFD54種30種××
NFT5種×××
DeFiトークン10種×××
GTi12指数1種×××

注意点としては、「マイナーな通貨」「高金利通貨」などを含む通貨ペアはスプレッドが広くなります。

実際に取引を行う際は、そのようなスプレッドの広い通貨ペアには手を出さず、当サイトでご紹介した主要通貨ペアなどを中心に取引を行いましょう。

具体例-スプレッドが広い通貨ペア
  • マイナー通貨ペア:ノルウェークローネ(NOK)、デンマーククローネ(DKK)等を含む通貨ペア
    USDNOK(65pips)・EURNOK(60pips)・USDDKK(43.7pips)など
  • 高金利通貨ペア:トルコリラ(TRY)、南アフリカランド(ZAR)、メキシコペソ(XMN)等を含む通貨ペア
    USDTRY(206.9pips)・USDZAR(101.9pips)・USDMXN
    (121pips)など

※上記はスタンダード+口座(スタンダードFX口座)のケースです。

②FXGTのスプレッドは変動?固定?

FXGTは全口座タイプ共通で「変動スプレッド」を採用しています。

変動スプレッドとは、常にスプレッドの数値が変動することを指しますが、「基本的に」大きく変動するということはなく、平均値から0.1~0.2pips上下します。

※例外のケース

変動スプレッドの場合、スプレッドが大きく広がってしまうケースもあります。

具体的にはには下記のようなタイミングです。

  1. 明け方・早朝の時間帯(AM5:00~AM7:00)
  2. 経済指標発表時のタイミング
  3. 世界的もしくは国内情勢に影響大なニュース発表時

②や③に関しては、直接的に関係がある通貨ペア以外にも様々な通貨に影響を及ぼす可能性があるので、トレード自体を一旦控えることを推奨します。

参考までに、変動スプレッド以外のケースでは、固定スプレッドという場合もあります。

海外FXではかなり少数派なスプレッドの制度ですが、固定スプレッドはスプレッドに数値が「原則的に」固定されてることを指します。

※例外のケース

固定スプレッドの場合でも、スプレッドが大きく広がってしまうケースもあります。

具体的にはには下記のようなタイミングです。

  1. 明け方・朝の時間帯(AM5:00~AM8:00)
  2. 経済指標発表時のタイミング
  3. 世界的もしくは国内情勢に影響大なニュース発表時

②や③に関しては、直接的に関係がある通貨ペア以外にも様々な通貨に影響を及ぼす可能性があるので、トレード自体を一旦控えることを推奨します。

③両建取引のスプレッドについて

まずはじめに、FXGTでは「同一口座内の両建て取引」のみ認められています。

〜可能な両建て〜
 ①同一のMT5口座内の両建て
〜禁止されている両建て〜
 ②複数口座での両建て
 ③他のFX業者を利用した両建て
 ④他人やグループでの両建て
 ⑤ゼロカットシステムを悪用した両建て

参考例

  • ○:FXGTのA口座内で行う両建取引
  • ×:FXGTのA口座とFXGTのB口座間で行う両建取引
  • ×:FXGTと他社口座間で行う両建取引

注意点としては、FXGTで両建取引をする際はスプレッドが2倍(売り・買いの双方向分発生)かかるのでその点にはご注意ください。

参考情報-FXGT両建取引時の必要証拠金について

FXGTで両建取引をした場合「必要証拠金が相殺扱い」となります。

つまり、必要証拠金が同額となる両建取引をした場合は、必要証拠金が0円になります。

両建て取引中に必要証拠金が0円になれば、口座の証拠金維持率に余裕が生まれるので、強制ロスカットを避けられるなどのメリットが生まれます。

ただし、両建て取引のどちらか一方のポジションを決済すれば、未決済の方の必要証拠金が発生するので、その点についてはご注意ください。

④FXGTのスキャルピング取引について

FXGTではスキャルピング取引が公式に認められております。

①FXGTは公式にスキャルピングが認められている

FXGTは公式ホームページよりスキャルピング取引を公認しております。

FX会社によっては公認しているかどうか曖昧なところもあるためFXGTのようなスキャルピングを公認しているところでは安全に取引することができると言えるでしょう

ただし、FXGTにはランキング上位に入るようなスプレッドの狭い口座はありませんので、スキャルピングには不向きな海外FX業者です。

もし、スキャルピング中心の取引を考えているならば、FXGTの利用はおすすめしません。

当サイト別記事「海外FXスプレッドランキング」を見る

まとめ

以上で記事は終了です。

最終的な結論になりますが、もしトレーダーの皆様が単純にスプレッドが狭い口座をお探しの場合は、FXGTはおすすめできませんので、海外FX他社を利用しましょう。

関連記事

読むと得られる具体的なベネフィット海外FX12社全32口座の中から、スプレッドの狭い口座を時短で見つけて頂くことが出来ます。また、一括りにスプレッドが狭い口座と言っても、様々なニーズがあると思いますので、下記のカテゴリーに分け[…]

ただし、FXGTでは優秀なボーナスが利用できるのも事実です。

特に、スタンダード+口座のような「口座開設ボーナス」と「入金ボーナス」の両取りができるハイブリッドボーナス口座は海外FX広しと言えどもかなり貴重です。

それでも「入金はまだハードルが高いな…」とお悩み中であれば、まずは入金をする必要がなく、口座開設をするだけで5,000円の証拠金が無料で貰える口座開設ボーナスを利用するのはいかがでしょうか?

\入金いらず!5,000円の口座開設ボーナス開催中/
【FXGT公式サイト】
スタンダード+口座の新規口座開設はコチラから

【追記】海外FX他社スプレッド情報

当サイトでは海外FX他社のスプレッド調査も行っております。

下記に一覧を載せておきますので、ご利用中の業者があれば「利用価値の再確認」の意味も含めて記事をご覧になってみて下さい。