XMスプレッド調査|競合比較・海外FX平均比較・ランキング順位レポート

読むと得られる具体的なベネフィット

  • XMの主要通貨ペアのスプレッドを知ることが出来る
  • XMのスプレッドがどれくらい狭いのかを知ることが出来る【海外FX平均値との比較・ランキング順位】
  • XMと競合他社のスプレッドを比較をすることが出来る
  • XMポイント利用時の実質スプレッドがどの程度狭くなるかを知ることが出来る

事前説明

当サイト掲載の「主要通貨ペア」について

当サイトでは便宜上下記7種類の通貨ペアを「主要通貨ペア」として選出し、スプレッド等の情報を掲載しています。

通貨ペアの選定基準】世の中のトレーダーに人気のある通貨ペア(たくさん取引している・取引高が多い)

  1. 米ドル×円(USDJPY):日本取引高1位|世界取引高2位
  2. ユーロ×米ドル(EURUSD):日本取引高4位|世界取引高1位
  3. ポンド×円(GBPJPY):日本取引高2位
  4. 豪ドル×円(AUDJPY):日本取引高3位
  5. ユーロ×円(EURJPY):日本取引高5位
  6. ポンド×米ドル(GBPUSD):世界取引高3位
  7. 豪ドル×米ドル(AUDUSDY):世界取引高4位

日本-2021年統計情報

順位通貨ペア全通貨ペアの取引量に占める割合
1位ドル円(USDJPY)69.4%
2位ポンド円(GBPJPY)9.2%
3位豪ドル円(AUDJPY)5.6%
4位ユーロドル(EURUSD)4.7%
5位ユーロ円(EURJPY)4.3%

※表のデータは、一般社団法人金融先物取引協会店頭FX月次速報2021年5月度の情報から算出した数値になります。
※全通貨ペアの取引量:482兆9637億4900万円


世界-2020年統計情報

順位通貨ペア全通貨ペアの取引量に占める割合
1位ユーロドル(EURUSD)27.95%
2位ドル円(USDJPY)13.34%
3位ポンドドル(GBPUSD)11.27%
4位豪ドル米ドル(AUDUSD)6.37%

参照:海外の大手市場調査データ統計WEBサイトstatista|Leading forex currency pairs in 2020, by share of total trades

当サイト掲載の「スプレッドの数値」について

当サイトに掲載しているスプレッドは、下記に基づいて数値を掲載しています。

  • 変動スプレッドの場合:当サイト計測の平均値
  • 固定スプレッドの場合:海外FX業者公式サイトに掲載している数値
海外FXのスプレッド平均値について

海外FX業者12社40口座のスプレッドをもとに計算を行った平均値となります。

FX会社名及び口座名は下記の「海外FXスプレッドランキング及び調査対象海外FX会社名及び口座名について」をご覧ください。

海外FXスプレッドランキング-調査対象海外FX会社名・口座名について

ランキングの順位については、当サイト別記事「海外FXスプレッドランキング」を引用した内容になります。

調査対象の海外FX業者名及び口座名は下記をご覧ください

  • GemForex社-オールインワン・ノースプレッド・レバレッジ5000倍口座
  • Exness社-スタンダード・ロースプレッド・ゼロ・プロ口座
  • AXIORY社-スタンダード・ナノスプレッド(テラ)口座
  • TitanFX社-スタンダード・ブレード口座
  • IS6FX社-スタンダード口座・レバレッジ6000倍口座(ゴールド・シルバー対象外)
  • iFOREX社-エリート口座
  • TTCM-クラシック・プロ・VIP口座
  • FXGT社-スタンダード+(スタンダードFX)・ミニ・セント(ゴールド・シルバー対象外)・PRO・ECN口座
  • HotForex社-マイクロ・プレミアム・ゼロスプレッド口座
  • FBS社-スタンダード・セント・ゼロスプレッド・ECN口座(ゴールド・シルバー対象外)
  • LAND-FX社-スタンダード・PRIME・ECN・旧Live・旧RestartLpBonus・旧ECN口座(ゴールド・シルバー対象外)
  • XM社-スタンダード・マイクロ・Zero口座

XMのスプレッド調査内容について

XMのスプレッドについて、下記3つのポイントを調査しました。

  1. 主要7通貨ペアのスプレッド数値
  2. ①と海外FX平均値との比較
  3. 海外FXスプレッドランキング順位(海外FX12社40口座中の順位)

スプレッドの調査結果については口座タイプ別に分けて記載していますので、XMの口座タイプ別スプレッド比較表もしくは、下記のページ内リンクよりお進みください。

XM口座タイプ別-スプレッド比較表

下記表は横スクロールできる場合があります。

口座タイプスタンダード口座
スプレッド
マイクロ口座
スプレッド
Zero口座
実質スプレッド
ドル円
1.6pips1.1pips
ユーロドル
1.7pips1.1pips
ポンド円
3.6pips2.2pips
豪ドル円
3.3pips2.2pips
ユーロ円
2.3pips1.4pips
ポンドドル
1.6pips1.2pips
豪ドル米ドル
1.5pips1.4pips
取引手数料
往復$10
公式サイト案内公式HP  公式HP 
ボーナス口座開設:○
入金:○
口座開設:○
入金:○
口座開設:○
入金:×
XMポイント×
初回入金500円~500円~1万円~
1Lot通貨量10万通貨1,000通貨10万通貨
詳細調査結果を見る調査結果を見る調査結果を見る

※実質スプレッド:スプレッド+取引手数料の合算数値

XM【スタンダード・マイクロ口座】のスプレッド調査結果

※スタンダード口座とマイクロ口座のスプレッドは同じ数値
※マイクロ口座のみ取引量が通常の1/100(1Lot=1,000通貨計算)

 XMロゴイメージ
スタンダード・
マイクロ口座
スプレッド
海外FX平均
スプレッド
スプレッド
ランキング
ドル円
USDJPY
1.6pips1.35pips25位
/40口座中
ユーロドル
EURUSD
1.7pips1.14pips34位
/40口座中
ポンド円
GBPJPY
3.6pips2.64pips32位
/40口座中
豪ドル円
AUDJPY
3.3pips2.48pips35位
/40口座中
ユーロ円
EURJPY
2.3pips1.88pips30位
/40口座中
ポンドドル
GBPUSD
1.6pips1.62pips29位
/40口座中
豪ドル米ドル
AUDUSD
1.5pips1.54pips28位
/40口座中
7通貨ペア
評価値
2.19pips1.69pips34位
/40口座中

※:ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値

CFD銘柄-ゴールド・シルバーはこちらから
 XMロゴイメージ
スタンダード・
マイクロ口座
スプレッド
海外FX平均
スプレッド※2
スプレッド
ランキング
CFD-ゴールド
XAUUSD
3.5pips3.94pips28位
/36口座中
CFD-シルバー
XAGUSD
2.4pips5.0pips14位
/36口座中

3,000円の口座開設ボーナスあり
【XM公式サイト】
スタンダード口座・マイクロ口座の
詳細を確認する

スプレッドの利用価値について|スタンダード口座・マイクロ口座

スタンダード口座及びマイクロ口座の素のスプレッド」には利用価値はありません

理由は単純で、XMの両口座よりもスプレッドの狭い口座が海外FX他社にあるからです。

参考までに「海外FXスプレッドランキング上位5口座」との比較をご覧ください。

ランキング
順位
海外FX会社名
口座名
スプレッド
評価値
初回入金額
1位GemForex
ノースプレッド口座
0.54pips
詳細
30万円~
2位Exness
ロースプレッド口座
0.86pips
詳細
$1,000~
3位Exness
プロ口座
0.88pips
詳細
$1,000~
4位Exness
ゼロ口座
0.90pips
詳細
$1,000~
5位LAND-FX
PRIME口座
0.98pips
詳細
3万円~
34位XM
スタンダード口座
マイクロ口座
2.19pips500円~

※ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値(取引手数料込みで計算)

一般的に海外FX業界では、XMのスタンダード口座やマイクロ口座のような「ボーナス重視の口座」はこのようにスプレッドが広くなる傾向があります。

XMのボーナスって?時短解説はコチラから

XMのスタンダード口座及びマイクロ口座では下記2種類のボーナスを利用することが出来ます。

  1. 口座開設ボーナス:3,000円
  2. 入金ボーナス:100%(~5万円までの入金)+20%(5万円~230万円までの入金)

①口座開設ボーナスについて

口座開設ボーナスとは、新規口座開設時に入金をすることなくボーナスクレジット(証拠金)が貰えるキャンペーンです。

現金リスク0で取引することができますので、まだXMに口座をお持ちではない方はぜひ利用しましょう。

XMで新規口座開設ボーナス¥3,000円を貰う

②入金ボーナスについて

入金ボーナスとは、現金を口座に入金した場合に、入金額の○%分のボーナスクレジット(証拠金)が追加で貰えるキャンペーンです。100%入金ボーナスであれば、実質的に証拠金が2倍になるので、非常にメリットが高くおすすめボーナスです。

XMで100%入金ボーナスを利用する

※XMのボーナスについての詳細は、当サイト別記事「XMボーナスまとめ」をご覧ください

ただしXMの場合は、スプレッドの広さを「XMポイント(ロイヤルティプログラム)」を活用することによって、ある程度カバーすることが出来ます。

XMポイント(ロイヤルティプログラム)とは?

XMポイントとは、スタンダード口座もしくはマイクロ口座で取引をするともらえるポイントのことを指し、この制度の事をロイヤルティプログラムを呼びます。

XMポイント(XMP)は現金もしくはボーナスクレジットへ交換することが出来るので、結果的に取引コストを圧縮=実質スプレッドを狭めることが可能になります。

実質スプレッドとは

XMポイントについてもう少し詳しく

XMポイント(XMP)には顧客ステータスというランク制度があり、XMで長く取引しているトレーダーほど上位のステータスになり、より多くのポイントを貰うことが出来る仕組みになっています。

顧客ステータス
ランク
ステータス
アップ条件
もらえる
XMポイント量
EXECUTIVE
(エグゼクティブ)
初期
ステータス
1Lot取引
10XMP
GOLD
(ゴールド)
取引日数
30日以上
1Lot取引
13XMP
DIAMOND
(ダイヤモンド)
取引日数
60日以上
1Lot取引
16XMP
ELITE
(エリート)
取引日数
100日以上
1Lot取引
20XMP

取引で得たXMポイント(XMP)はボーナスクレジットもしくは現金への交換が可能であり、それぞれに「交換率」が設定されています。

ボーナスクレジット
交換率
現金
交換率
XMP÷3XMP÷40

XMポイント交換具体例

  • 【ボーナスクレジットへ交換】60XMPを所持している場合、$20分のボーナスクレジットが口座へ付与されます。
    計算内容:60XMP÷3=$20
  • 【現金へ交換】60XMPを所持している場合、$1.5分の現金が口座へ付与されます。
    計算内容:60XMP÷40=$1.5

具体例からもわかる通り、ボーナスクレジットに交換した方が圧倒的に効率が良くなっています。

下記は「XMポイントをボーナスクレジットへ交換した場合の金額とスプレッド換算表」になります。

顧客ステータス
ランク
もらえる
XMポイント量
もらえる金額
(スプレッド換算)
EXECUTIVE
(エグゼクティブ)
1Lot取引
10XMP
$3.3
(0.33pips相当)
GOLD
(ゴールド)
1Lot取引
13XMP
$4.3
(0.43pips相当)
DIAMOND
(ダイヤモンド)
1Lot取引
16XMP
$5.3
(0.43pips相当)
ELITE
(エリート)
1Lot取引
20XMP
$6.6
(0.66pips相当)

ボーナスクレジットはそれ自体を口座から出金できないデメリットがありますが、

取引時には現金と同じように証拠金として利用できますし、その取引で得た利益を出金することは出来ます。

以上のことを踏まえると、XMポイントの基本的な使い方は「ボーナスクレジットへの交換」がおすすめです。

※XMポイントを更に深堀りした別記事「XMポイントまとめ|XMPを使った0リスクトレードを∞ループさせて稼ぐ」も興味がありましたらをご覧ください。

「XMポイント利用時」スプレッドの調査結果|スタンダード口座・マイクロ口座

下記の表は、XMポイントをボーナスクレジットへ交換した際の「実質スプレッド」の調査結果です。
※ロイヤルティプログラムのスタータスはELITEを想定

「実質スプレッド」の内訳について
XMの実質スプレッド
=通常のスプレッド-「XMポイントのスプレッド換算(ボーナスクレジット交換時)」

XMポイントをボーナスクレジット(証拠金)に交換した場合の金額をスプレッドに換算して、

それを通常のスプレッドから差し引けば、実質的にトレーダーが負担することになるスプレッドが明確になります。

顧客ステータス
ランク
もらえる
XMポイント量
もらえる金額
(スプレッド換算)
ELITE
(エリート)
1Lot取引
20XMP
$6.6
(0.66pips相当)
 XMロゴイメージ
XMポイント利用

「実質」スプレッド
(通常スプレッド)
海外FX平均
スプレッド
スプレッド
ランキング変動
ドル円
USDJPY
0.94pips
(1.6pips)
1.35pips25位→10位
/40口座中
ユーロドル
EURUSD
1.04pips
(1.7pips)
1.14pips34位→21位
/40口座中
ポンド円
GBPJPY
2.94pips
(3.6pips)
2.64pips32位→28位
/40口座中
豪ドル円
AUDJPY
2.64pips
(3.3pips)
2.48pips35位→28位
/40口座中
ユーロ円
EURJPY
1.64pips
(2.3pips)
1.88pips30位→18位
/40口座中
ポンドドル
GBPUSD
0.94pips
(1.6pips)
1.62pips29位→8位
/40口座中
豪ドル米ドル
AUDUSD
0.84pips
(1.5pips)
1.54pips28位→4位
/40口座中
7通貨ペア
評価値※4
1.44pips
(2.19pips)
1.69pips34位→21位
/40口座中

※:ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値

CFD銘柄-ゴールド・シルバーはこちらから
 XMロゴイメージ
XMポイント利用

実質」スプレッド
(通常スプレッド)
海外FX平均
スプレッド※2
スプレッド
ランキング変動
CFD-ゴールド
XAUUSD
2.84pips
(3.5pips)
3.94pips28位→19位
/36口座中
CFD-シルバー
XAGUSD
1.74pips
(2.4pips)
5.0pips14位→7位
/36口座中

3,000円の口座開設ボーナスあり
【XM公式サイト】
スタンダード口座・マイクロ口座の
詳細を確認する

「XMポイント利用時」スプレッドの利用価値について|スタンダード口座・マイクロ口座の 実質スプレッド

XMポイントを利用したスタンダード口座及びマイクロ口座の実質スプレッドは、使っても問題ないレベルまで狭くなります

そもそも論になりますが、スタンダード口座及びマイクロ口座はあくまで「ボーナス重視」の口座です。

優秀なボーナスが使える前提で「平均より狭い実質スプレッド」が実現できるのであれば、海外FXの中でも非常に利用価値の高い口座となります。

3,000円の口座開設ボーナスあり
【XM公式サイト】
スタンダード口座・マイクロ口座の
新規口座開設はコチラから

お次はZero口座の解説に移ります。

XM【Zero口座】のスプレッド調査結果

 XMロゴイメージ
Zero口座

実質スプレッド※2
海外FX平均
スプレッド
スプレッド
ランキング
ドル円
USDJPY
1.1pips
1.35pips15位
/40口座中
ユーロドル
EURUSD
1.1pips
1.14pips21位
/40口座中
ポンド円
GBPJPY
2.2pips
2.64pips16位
/40口座中
豪ドル円
AUDJPY
2.2pips
2.48pips21位
/40口座中
ユーロ円
EURJPY
1.4pips
1.88pips11位
/40口座中
ポンドドル
GBPUSD
1.2pips
1.62pips12位
/40口座中
豪ドル米ドル
AUDUSD
1.4pips
1.54pips17位
/40口座中
7通貨ペア
評価値※1
1.42pips
1.69pips21位
/40口座中

※1:ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値(取引手数料込みで計算)
※2:取引手数料($10)込み数値

CFD銘柄-ゴールド・スプレッドはこちらから
 Zero口座
実質スプレッド
海外FX平均
スプレッド※2
スプレッド
ランキング※3
CFD-ゴールド
XAUUSD
3.1pips3.94pips22位
/36口座中
CFD-シルバー
XAGUSD
3.0pips5.0pips19位
/36口座中

※取引手数料($10)込みの数値

3,000円の口座開設ボーナスあり
【XM公式サイト】
Zero口座の詳細を確認する

スプレッドの利用価値について|Zero口座

結論から申し上げると、Zero口座のスプレッドの利用価値は低いです。

一見すると、海外FXの平均値よりも狭いスプレッドが並んでいるので良さげな印象を受けますが、海外FX他社には更にスプレッドの狭い口座があります。

参考までに「海外FXスプレッドランキング上位5口座」とのスプレッド差をご覧ください。

ランキング
順位
海外FX会社名
口座名
スプレッド
評価値
初回入金額
1位GemForex
ノースプレッド口座
0.54pips
詳細
30万円~
2位Exness
ロースプレッド口座
0.86pips
詳細
$1,000~
3位Exness
プロ口座
0.88pips
詳細
$1,000~
4位Exness
ゼロ口座
0.90pips
詳細
$1,000~
5位LAND-FX
PRIME口座
0.98pips
詳細
3万円~
21位XM
Zero口座
1.42pips1万円~

※ドル円及びユーロドルの比重を高くした主要7通貨ペアのスプレッド平均値(取引手数料込みで計算)

また上記の理由に加え、Zero口座では「入金ボーナス」や「XMポイント」を使えず、口座に付加価値をつけることが出来ません。

以上のことから、XMのZero口座は「スプレッドも含めて利用すべき口座ではない」という結論に至りました。

スプレッドが狭い海外FX業者を探す【海外FXスプレッドランキング】

以上で、XM各口座のスプレッドの解説を終わります。

XMのスプレッド補足事項・注意点

この項目では、下記4つのポイントを説明させていただきます。

  1. その他取扱い通貨ペア
  2. XMは変動スプレッドを採用
  3. 両建取引時のスプレッドについて
  4. XMのスプレッドとスキャルピング取引について

①その他取り扱い通貨ペアについて

XMでは下記の通り、数多くの種類の取引を行うことが可能です。

  • 通貨ペア:57種類
  • 貴金属:4種類
  • 現物株価指数:14種類
  • 先物株価指数:10種類
  • エネルギー:5種類
  • コモディティ(商品):8種類

注意点として、高金利通貨ペアなどを始めとするマイナーな通貨ペアは、スプレッドが広い傾向にあるので、十分にご注意ください。

具体例-スプレッドが広い通貨ペア
  • 高金利通貨ペア:トルコリラや南アフリカランド等を含む通貨ペア
    USDTRY(250pips超)・EURTRY(250pips超)・EURZAR(250pips超)等
  • 取引高の少ない通貨ペア:シンガポールドルやデンマーククローネなどを含む取引量が少ない(人気がない)通貨ペア
    USDSGD(20pips超)・CHFSGD(30pips超)・USDDKK(30pips超)等

②XMは変動スプレッドを採用

XMで採用されている変動スプレッドは、常にスプレッドの数値が変動します。

ただし数値が変動すると言っても、「基本的に」大きく変わってしまうことはなく、平均値から0.1~0.2pips上下する程度です。

※例外のケース

変動スプレッドの場合、スプレッドが大きく広がってしまうケースもあります。

具体的にはには下記のようなタイミングです。

  1. 明け方・早朝の時間帯(AM5:00~AM7:00)
  2. 経済指標発表時のタイミング
  3. 世界的もしくは国内情勢に影響大なニュース発表時

①や②に関しては、直接的に関係がある通貨ペア以外にも様々な通貨に影響を与える場合があるので、トレードを一旦控えることを推奨します。

参考までに、変動スプレッド以外には、固定スプレッドという場合もあります。

海外FXではかなり少数派なスプレッドの制度ですが、固定スプレッドは、スプレッドが「原則的に」固定されてることを指します。

※例外のケース

固定スプレッドの場合でも、スプレッドが大きく広がってしまうケースもあります。

具体的にはには下記のようなタイミングです。

  1. 明け方・朝の時間帯(AM5:00~AM8:00)
  2. 経済指標発表時のタイミング
  3. 世界的もしくは国内情勢に影響大なニュース発表時

①や②に関しては、直接的に関係がある通貨ペア以外にも様々な通貨に影響を与える場合があるので、トレードを一旦控えることを推奨します。

③両建て時のスプレッドについて

まずはじめに、XMでは同一口座内での両建て取引のみ可能です。(他社口座間やXMの別口座間の両建て取引は規約で禁止されている)

XMで両建て取引をした場合は、スプレッドは2倍(売り・買いの双方向分発生)かかるのでご注意ください。

④XMのスキャルピング取引について

XMではスキャルピング取引をすることが可能ですが、XMのスプレッドはそこまで狭くはありません。

XMはボーナスを活かしたデイトレードやスイングトレード向けの業者なので、スキャルピング取引をしたい場合は、スプレッドの狭いその他の海外FX業者をお探しください。

海外FXスプレッドランキングを見る

まとめ

以上で記事は終了です。

スプレッドだけを評価するならXMの口座には利用価値はありません。素直に海外FX他社の「スプレッド重視の口座」を利用すべきです。
※純粋にスプレッドが狭い口座をお探しの方は、当サイト別記事「海外FXスプレッドランキング」をご活用ください。

ただし、XMのスタンダード口座およびマイクロ口座では「ボーナス」や「XMポイント」などのキャンペーンが充実しているので、それら込みで考えれば海外FXの中でも優先して利用すべき口座となります。

特に注目すべきは、入金の必要がなく3,000円分の取引ができる「口座開設ボーナス」が使えるので、まだXMの口座をお持ちではない方はぜひ活用してみて下さい。

【追記】海外FX他社スプレッド情報

当サイトでは海外FX他社のスプレッド調査も行っております。

下記に一覧を載せておきますので、ご利用中の業者があれば「利用価値の再確認」の意味も含めて記事をご覧になってみて下さい。