FXGTの評判まとめ+海外FX競合11社との比較でわかった口座の利用価値と検証結果の報告

読者

・FXGTの評判ってどうなの?

・FXGTの口座のスペックが知りたい

・FXGTと他社との比較が見たい

今回の記事は、このような疑問や要望にお答えします。

読むと得られる具体的なベネフィット

  • FXGTのネット上評判を知ることができる。
  • FXGTの利用価値の有無(海外FX競合11社との比較)を知ることができる。
  • FXGTに向いているトレーダー像を知ることができる。

FXGT(FXジーティー)とは?

FXGTは創業2019年の新興の海外FX会社で、運営会社はセーシェル諸島にあります。

FXGTの特徴は、FXの取引に加え、仮想通貨も取引可能なハイブリット取引所としてブランディングされています。

FXGTの評判はどうなの?

FXGTのネット上の評判について、本来は海外の口コミサイト(FPATrsutpilot)の評判も確認したいところですが、レビュー数が少なく参考にならないため、日本人トレーダーのtwitter上の口コミを中心に見てきます。
※FPAとは:海外FX会社の大手口コミサイト
※Trsutpilotとは:世界中の企業やサービスを対象にした大規模口コミサイト

Twitter上のFXGT口コミ

Twitterの口コミを見ると、ボーナスの利用報告は多数上がっていますが、それ以外の口コミは不評となっています。

不評のコメントの中で特に気になるのポイントは「出金拒否」についてです。

真偽についてはともかく、多数のツイートが上がっているので、新規トレーダーからすれば尻込みしてしまうポイントになっています。

口コミ内容まとめ
意見【好評】【不評】
スプレッドについて広い
広がる
ボーナスについてボーナス利用報告(多数)
入出金について高額出金OK
出金対応早い
出金遅い
出金拒否(多数)
サポートについて返事遅い(多数)
回答なし、無視
約定力約定力低い
約定遅い(多数)
FXGT出金拒否-補足説明

出金拒否については、「ビットコイン価格レート異常」の件のツイートが多くなっています。

具体的には、2021年8月13日にFXGTのビットコイン価格レートが突如暴落($10,000)しました。
※FXGT固有の事象(他社ではレート異常がなかった)

このタイミングに暴落方向にポジションを持っていたトレーダーは大きな利益を上げることができたわけですが、結論から言うと利益は取り消しとなり、出金も認められませんでした。

FXGTはこの件に関して、価格レート異常によるロールバック対応をとりました。

ロールバック対応とは?
ロールバック対応とは、レート異常前まで巻き戻して、トレーダーの利益と損失を無かったことにする対応のことを指します。

ロールバック対応によって、何かしらの影響を受けたトレーダーは後日FXGTより補償対応がされています。

今回の異常な価格表示の件でお客様にご迷惑をおかけしたことを考慮しまして、まず第一段階として、影響を受けたすべてのユーザー様に現金100米ドル相当を付与、さらに取引クレジット(ボーナス)として50米ドル相当を提供することを決定しました。
参照:FXGT公式サイト|【重要】異常レート配信につきまして

当時はFXGT側のサポートもパンクしており、このレートトラブルに対して満足に回答もできていないことから、不満が続出し、その結果が下記のツイートという訳です。

結果として、このレート異常で大きな利益を出したトレーダーは泣き寝入りという形になってしまいましたが、補償対応があったことは評価できるのではないでしょうか。

出金拒否、トラブル関係ツイート







【スプレッド】口コミ詳細を見る




【ボーナス】口コミ詳細を見る




【入出金】口コミ詳細を見る



【サポート】口コミ詳細を見る





【約定力】口コミ詳細を見る





FXGTの口座タイプ

FXGTは下記5タイプの口座がありますが、用途別にすみ分けがされています。

  • 通常トレード口座
    スタンダード口座
    スタンダードFX口座
    ECN口座
  • 少額トレード用口座
    セント口座
    ミニ口座

通常トレード口座-比較早見表

口座名スタンダード
口座
スタンダードFX
口座
ECN
口座
手数料往復$10
スプレッド比較
(手数料込)
スタンダード=FX専用>ECN
※ECN口座が狭い
口座開設ボーナス3,000円
入金ボーナス
ありあり
取引ツールMT5
最大レバレッジ1,000倍
初回入金$5$5$250
仮想通貨取引××

少額トレード口座-比較早見表

口座名セント
口座
ミニ
口座
Lot計算1Lot=1,000通貨1Lot=10,000通貨
手数料
スプレッド比較
(手数料込)
セント>ミニ>(スタンダード口座)
※セント口座が広い
口座開設ボーナス3,000円
入金ボーナス
あり
取引ツールMT5
最大レバレッジ1,000倍
初回入金$5
仮想通貨取引×

FXGTの口座の利用価値について

口座の詳細を解説する前に、先出しの結論として、下記2つの側面からFXGT各口座の利用価値について説明します。

  • FXGT内で優先して使うべき口座
  • 海外FX全体でのFXGT口座の利用価値

【FXGT内】で優先して使うべき口座について

  • スプレッド重視:ECN口座
    ➡FXGT内で最もスプレッドが狭い
  • ボーナス重視:スタンダード口座
    ➡口座開設ボーナスと入金ボーナスあり
    (ミニ口座も両ボーナスが使えるがスタンダード口座よりスプレッドが広い)

【海外FX全体】から見たFXGTの利用価値について

海外FX全体を見渡した場合、スタンダード口座のみ「限定的」ではありますが、利用価値があります。

限定的と注釈を入れた理由は、スタンダード口座のボーナスにのみ利用価値があるので、ボーナス利用前提のサブ口座として使うのであれば口座開設をする価値があります。

ちなみにECN口座はFXGT内ではスプレッドが一番狭くなっていますが、海外FXでは平均程度の数値しかなく、利用価値はありません。

【簡単解説】スタンダード口座

特徴

  • 口座開設ボーナス3,000円
  • 入金ボーナス使える
  • 最大レバレッジ1,000倍

【デメリット】

  • スプレッド広い

FXGTには多くの口座がありますが、第一選択肢となるのがこのスタンダード口座です。

その理由は、ボーナスをフル(口座開設+入金)に使うことができからです。

かつそのボーナスにはクッションが付いているので、トレードで損失が出てもボーナスが無駄にならないメリットがあります。

ただし、その優秀なボーナスと引き換えにスプレッドはかなり広めとなっているので、メイン口座として使うのはおすすめしません。

 

【簡単解説】スタンダードFX口座

特徴

  • 入金ボーナス使える
  • 最大レバレッジ1,000倍(エクイティレバレッジ)

【デメリット】

  • 口座開設ボーナス使えない
  • スプレッド広い
  • 仮想通貨取引不可

名前が少しややこしいのですが、先に説明したスタンダード口座と、この「スタンダードFX口座」は別物です。

「スタンダードFX口座」のスプレッドはスタンダード口座と同一ですが、口座開設ボーナスが使えないことに加え、仮想通貨取引が不可となっているので一見ただの下位互換口座に思われるかもしれませんが、レバレッジの仕組みで住み分けがされています。

  • 「スタンダードFX口座」:エクイティレバレッジ
    口座内の金額(有効証拠金)によってレバレッジが切り下げる
  • スタンダード口座:ダイナミックレバレッジ
    取引量によってレバレッジが切り下がる
    ※その他の口座もこのレバレッジ

簡単にお伝えすると、「スタンダードFX口座」は大ロット向けの口座で、取引量によりレバレッジが切り下がりません。

それに対して、スタンダード口座は口座内に大きな資金を入れてもレバレッジに影響はありませんが、取引量を増やすとレバレッジが下がってしまいます。

レバレッジの内容は後程詳しく解説しますが、2つのレバレッジに優劣はなく一長一短となっています。

そこを踏まえると、スタンダード口座の方が口座開設ボーナスが使えたり、仮想通貨も取引出来る分優れているので、このスタンダードFX口座を使うメリットは少ないように思えます

スタンダードFX口座
FXGT公式サイトで確認する

【簡単解説】ECN口座

特徴

  • 手数料がかかる(1Lotあたり$10)
  • 手数料込みでもFXGT内でスプレッドが最も狭い
  • 最大レバレッジ1,000倍

【デメリット】

  • 口座開設ボーナス使えない
  • 入金ボーナスが使えない
  • 仮想通貨取引不可

ECN口座はFXGT内では最もスプレッドの狭い口座ではありますが、海外FX全体では平均程度であり、それに加えてボーナスが一切使えません

以上のことからECN口座を使うことはおすすめしません。

スタンダードFX口座
FXGT公式サイトで確認する

【簡単解説】セント口座

特徴

  • 1Lot=1,000通貨計算
  • 入金ボーナスあり
  • 最大レバレッジ1,000倍

【デメリット】

  • 口座開設ボーナス使えない
  • スプレッド広い
  • 仮想通貨取引不可

セント口座は、通常の1/100の量で取引できる少額向けの口座です。
※スタンダード口座:1Lot=100,000通貨
※セント口座:1Lot=1,000通貨

物理的に大きな取引量でトレードすることができないので、どちらかと言えばビギナー向けの口座といっても良いかもしれません。

ただし、通常取引の口座(スタンダード口座やECN口座)よりもスプレッドが広く、かつ口座開設ボーナスが使えないので、特段の理由がない限り口座開設はおすすめしません。

セント口座
FXGT公式サイトで確認する

【簡単解説】ミニ口座

特徴

  • 1Lot=10,000通貨計算
  • 口座開設ボーナス3,000円
  • 入金ボーナスあり
  • 最大レバレッジ1,000倍

【デメリット】

  • スプレッド広い

ミニ口座は、通常の1/10の量で取引できる少額向けの口座です。
※スタンダード口座:1Lot=100,000通貨
※「ミニ口座」:1Lot=10,000通貨

※セント口座:1Lot=1,000通貨

通常の1/10の取引量と言えば、国内FXと同じ基準なので、ミニ口座は国内FXからの移行組であれば同様の感覚で使うことができます。

ただし、通常取引の口座(スタンダード口座やECN口座)よりもスプレッドが広いので、特段の理由がない限り口座開設はおすすめしません。

ミニ口座
FXGT公式サイトで確認する

FXGTの実力を8項目で評価比較(海外FX12社)+ネット評判とのギャップ

TitanFXの実力を知るために、以下の8項目を評価比較してみました。

評価対象外の口座について

下記3タイプの口座は評価対象外としています

  • スタンダードFX口座
    スタンダード口座の下位互換口座のため評価対象外
  • セント口座
    取引量の計算が特殊(1Lot=1,000通貨)である事と、目立った特徴がないため評価対象外
  • ミニ口座
    取引量の計算が特殊(1Lot=10,000通貨)である事と、目立った特徴がないため評価対象外

また各項目の評判も併せて見ていきます。

  1. スプレッド
  2. ボーナス
  3. 最大レバレッジ
  4. 取引ツール
  5. 信用面
  6. 入出金
  7. サポート
  8. 約定力

FXGTの総合評価

まずは、上記8項目全てを含めた、FXGT各口座の総合的な実力を見ていきます。

【スタンダード口座】-ランキングと評価データ

海外FX会社ランキング|15位/26口座中(12社)

簡易表を見る
FXGT-スタンダード口座-
2.99

スプレッド 2.9

1.5pips(USDJPY)

ボーナス 3.4

開設0.3~0.5万円~/入金70~100%(初回)

レバレッジ 4.0

最大1,000倍

取引ツール 3.5

MT5

信用面 1.5

セーシェル金融庁

入出金 3.1

入金-国内銀行無料|出金-bitwallet無料

サポート 2.4

Mail+Chat|9:00~23:00

約定力 3.0

執行率100%

【ECN口座】-ランキングと評価データ

海外FX会社ランキング|26位/26口座中(12社)

簡易表を見る
FXGT-ECN口座-
2.42

スプレッド 3.4

1.3pips(USDJPY)

ボーナス 0

なし

レバレッジ 4.0

最大1,000倍

取引ツール 3.5

MT5

信用面 1.5

セーシェル金融庁

入出金 3.1

無料(1万円以上)|出金bitwallet

サポート 2.3

Mail+Chat|9:00~23:00

約定力 3.0

執行率100%


FXGT両口座の口座ランキングは上記の通り、あまり良い結果とは言えません。

口座ランキングが全てではありませんが、FXGTの両口座はスペック的に他社の口座より劣っており、明らかにメイン口座としては不向きです。

FXGTのスプレッド評価と評判

【スタンダード口座】-スプレッド評価とランキング

スプレッド評価値|2.12pips/海外FX平均1.61pips
2.9/5点
海外FXスプレッドランキング| 27位/32口座中(12社)

スプレッド詳細を見る
通貨ペアスプレッド海外FX
スプレッド
平均値
USD/JPY1.5pips1.35pips
EUR/USD1.7pips1.16pips
GBP/JPY3.5pips2.73pips
AUD/JPY3.2pips2.50pips
EUR/JPY2.2pips1.87pips
GBP/USD2.1pips1.65pips
AUD/USD1.8pips1.52pips

【ECN口座】-スプレッド評価とランキング

スプレッド評価値|1.57pips/海外FX平均1.61pips
3.4/5点
海外FXスプレッドランキング| 17位/32口座中(12社)

スプレッド詳細を見る
通貨ペアスプレッド
※手数料込み
海外FX
スプレッド
平均値
USD/JPY1.3pips1.35pips
EUR/USD1.3pips1.16pips
GBP/JPY2.2pips2.73pips
AUD/JPY2.1pips2.50pips
EUR/JPY1.7pips1.87pips
GBP/USD1.6pips1.65pips
AUD/USD1.5pips1.52pips

Twitter評判ふりかえり

  • 広い

ネット評判と当サイト評価ギャップ

Twitter上の評判を振り返ると、FXGTのスプレッドはかなり不評となっていました。

それに対して当サイトのデータを見た場合、

  • スタンダード口座は?
    海外FX平均よりスプレッドがかな広く、各通貨ペア毎に見てもただ広いというだけで特徴はなく、利用価値はありません
  • ECN口座は?
    海外FX平均程度のスプレッドとなっているので、そこまで広いという訳ではありませんが、特筆すべき通貨ペアもないので、利用価値で言えば低めです。

FXGTのボーナス評価と評判

【スタンダード口座】-ボーナス評価とランキング

3.7/5点
海外FXボーナスランキング|5位/26口座中(12社)

ボーナス内容金額クッション
口座開設ボーナス3,000~5,000円
入金ボーナス初回:70~100%
2回目以降:20~30%
詳細を見る

口座開設ボーナス【概要】

  • 金額:3,000円~5,000円
  • クッション機能:あり
  • 開催タイミング:常設

スタンダード口座の新規口座開設時に、3,000~5,000円のボーナスクレジットが貰えます。
※金額は口座開設するタイミング変わります

※現在の口座開設ボーナスの金額
3,000円
~2022年3月1日(火)16:29
FXGT公式ページで内容を確認する➚

口座開設ボーナスの性質上、貰って損をするものではありませんが、他社より金額面で劣っている事は事実なので、優先順位としては低めになります。

 

入金ボーナス【概要】

  • 初回入金に対して:70~100%入金ボーナス
    入金上限:7万円
  • 2回目以降の入金に対して:20~30%入金ボーナス
    入金上限:100万円
  • クッション機能:あり
  • 開催タイミング:常設

入金ボーナスの%に差がある点については、頻繁に変わるキャンペーンの内容次第になります。

※現在開催中のの入金ボーナス
・初回入金:100%入金ボーナス(入金上限7万円)
・2回目以降入金:30%入金ボーナス(入金上限7万円)
~2022年3月1日(火)16:29
FXGT公式ページで内容を確認する➚

「100%」入金ボーナスという条件付きにはなりますが、クッション機能も付いているので利用してもトレーダーに損はありません。

ただし、入金上限が低い事や、入金のタイミングに制約(初回入金のみ)があることを見ると、使いにくいという印象を抱きます。

 

もう少し詳しく

読むと得らえる情報FXGTのボーナスについて時短(5分)で理解できる。競合口座との比較をもとに、FXGTボーナスの正確な利用価値を知ることができる。FXGTの口座開設ボーナスを使った「ノーリスクハイレバトレード」の参考例を見ることが[…]

【ECN口座】-ボーナス評価とランキング

0/5点
海外FXボーナスランキング|最下位/26口座中(12社)

ボーナス内容金額クッション
口座開設ボーナス--
入金ボーナス--

Twitter評判ふりかえり

  • ボーナス利用報告多数

ネット評判と当サイト評価ギャップ

FXGTのボーナスは、ネット上の評判がかなり良く、利用報告も多数上がっていました。

海外FXには多くの業者がありますが、ボーナスにクッション機能をつけている業者の方が少なく、それだけで利用価値が高まります。

ただしFXGTのボーナスは、タイミング次第で金額に幅が出てくるので、当サイトとしては多少評価を落としています。

参考までに、ボーナス評価の高い海外FX他社の情報を載せておきます。

海外FXボーナスランキング上位の口座を見る
順位FX会社
口座名
点数
5点満点
詳細
1位GemForex
スタンダード
5.0【クッション】あり
【開設】1万円or2万円(常設)
【入金】100%(定期開催+抽選)
【ジャックポット】5~1,000%(抽選)
2位LAND-FX
Restart Lp Bonus
4.5【クッション】あり
【開設】なし
【入金】100%
※ボーナス上限50万円まで
3位XM
スタンダード
4.3【クッション】あり
【開設】3,000円常設
【入金】100%(~5万円)+
20%(5~225万円まで)
4位iFOREX
エリート
4.1【クッション】あり
【開設】なし
【入金】初回100%(~$1,000)+
25%($1,001~$5,000)
※ボーナス上限$2,000相当まで
5位FXGT
スタンダード
3.7【クッション】あり
【開設】3,000円~10,000円(期間限定)
【入金】初回70~200%
2回目以降20~60%(期間限定)
IS6FX
スタンダード
3.7【クッション】あり
【開設】5,000円常設
※1~2万円不定期
【入金】100%~300%(抽選)

FXGTの最大レバレッジ評価

【FXGT全口座】-最大レバレッジ評価とランキング

3.0/5点
海外FXレバレッジランキング|4番目/主要レバレッジ帯8段階

最大レバレッジ
1,000倍

当サイト評価解説

FXGTは2021年6月にレバレッジが最大500倍から1,000倍へ拡充されました。

1,000倍ともなると、1Lotの取引に必要な証拠金は約1万円程度です。このとおり、レバレッジが高ければ取引に必要な証拠金も少なく済みますのでトレーダーは大きな恩恵を受けることができます。

ただし海外FX全体を通してみると、FXGTより高いレバレッジの口座も複数あるので評価は多少低くなっています。

参考までに海外FXの主要レバレッジ帯は下記の通りとなっています。

海外FX主要レバレッジ帯を見る
順位最大
レバレッジ
FX会社
口座名
1位EXNESS全口座(解除後)
2位3,000倍TTCM全口座
FBSスタンダード口座
FBSゼロスプレッド口座
FBSスタンダード口座
FBSマイクロ口座
3位2,000倍EXNESS全口座(解除前)
4位1,000倍GemForex全口座
HotForexマイクロ口座
IS6FX全口座
FBSセント口座
FXGT全口座
5位888倍XMスタンダード口座
XMマイクロ口座
6位500倍TITAN FX全口座
LAND FXライブ口座
LAND FX Restart LP Bonus口座
FBS ECN口座
HotForexプレミアム口座
HotForexゼロスプレッド口座
XMZero口座
7位400倍AXIORY全口座
iFOREXエリート口座
8位200倍LAND FX ECN口座

補足説明

レバレッジ規制について

FXGTの最大レバレッジ1,000倍は、無条件に使えるというわけではなく、「取引量」によりレバレッジが切り下がるレバレッジ規制があります。

FXGTではこのレバレッジ規制のことをダイナミックレバレッジと呼んでいます。

ダイナミックレバレッジは取引する通貨ペアによっても仕組みが若干異なるので、詳細は下記をご覧ください。

メジャー通貨ペア-ダイナミックレバレッジ詳細
メジャー通貨ペア一覧
・USDJPY
・EURUSD/AUDUSD/GBPUSD/USDCAD/USDCHF/NZDUSD
・EURGBP/EURCHF
取引量レバレッジ規制
0~3Lot1,000倍
(規制なし)
3~10Lot500倍
10~20Lot200倍
20~30Lot100倍
30~50Lot50倍
50Lot以上20倍

※1Lot=10万通貨

クロス通貨ペア-ダイナミックレバレッジ詳細
クロス通貨ペア一覧
・GBPJPY/AUDJPY/EURJPY/CADJPY/CHFJPY
・GBPAUD/GBPCAD/GBPCHF/GBPNZD
・AUDCAD/AUDCHF/AUDNZD
・EURAUD/EURCAD/EURZND
・NZDCAD/NZDCHF
取引量レバレッジ規制
0~2Lot1,000倍
(規制なし)
2~5Lot500倍
5~10Lot200倍
10~20Lot100倍
20~30Lot50倍
30Lot以上20倍

※1Lot=10万通貨

エキゾチック通貨ペア-ダイナミックレバレッジ詳細
エキゾチック通貨ペア一覧
・TRYJPY
・USDTRY/USDZAR/USDMXN…etc
・EURTRY…etc
※詳細は記事後半のFXGT通貨ペア一覧でお伝えします
取引量レバレッジ規制
0~2Lot500倍
2~5Lot200倍
5~10Lot100倍
10~30Lot50倍
30Lot以上20倍

※1Lot=10万通貨

貴金属-ダイナミックレバレッジ詳細
・金(XAUUSD)
・銀(XAGUSD)

取引量レバレッジ規制
0~2Lot200倍
2~10Lot100倍
10~50Lot60倍
50~70Lot40倍
70Lot以上20倍
エネルギー-ダイナミックレバレッジ詳細
・ブレンド原油ロンドン(UKoilUSD)
・ブレンド原油アメリカ(USoilUSD)
・天然ガス(NGAsUSD)

取引量レバレッジ規制
0~2Lot100倍
2~10Lot50倍
10~50Lot30倍
50~70Lot20倍
70Lot以上10倍
株価指数-ダイナミックレバレッジ詳細
・日経225(JP225)
・ダウ平均(US30)
・ナスダック(US100)
etc…
※銘柄詳細は記事後半のFXGT通貨ペア一覧でお伝えします

取引量レバレッジ規制
0~2Lot100倍
2~10Lot50倍
10~50Lot30倍
50~70Lot20倍
70Lot以上10倍
個別株式-ダイナミックレバレッジ詳細
・アップル
・アマゾン
・グーグル
・フェイスブック
etc…

取引量レバレッジ規制
0~1Lot50倍
1~3Lot25倍
3~50Lot15倍
50~70Lot10倍
70Lot以上5倍
仮想通貨-ダイナミックレバレッジ詳細
メジャー仮想通貨
・ビットコイン
・ビットコインキャッシュ
・イーサリアム
・ライトコイン
・リップル
※銘柄詳細は記事後半のFXGT通貨ペア一覧でお伝えします

取引量レバレッジ規制
0~0.03Lot1,000倍
(規制なし)
0.03~0.1Lot500倍
0.1~0.5Lot200倍
0.5~1Lot100倍
1~2Lot50倍
2Lot以上20倍
マイナー仮想通貨
・エイダコイン
・ポルカドット
・ステラルーメン
※銘柄詳細は記事後半のFXGT通貨ペア一覧でお伝えします

取引量レバレッジ規制
0~0.03Lot1,000倍
(規制なし)
0.03~0.1Lot500倍
0.1~0.2Lot200倍
0.2~0.6Lot100倍
0.6~0.8Lot50倍
0.8Lot以上20倍

ダイナミックレバレッジの参考イメージ

参考までに、メジャー通貨ペア取引時の取引量と必要証拠金をまとめてみました。

取引量最大レバレッジ1,000倍
必要証拠金
1pips動くと
いくら?
0.01Lot100円±10円
0.1Lot1,000円±100円
1Lot1万円±1,000円
2.5Lot2.5万円±2,500円
レバレッジ500倍規制
3Lot6万円±3,000円
5Lot10万円±5,000円
9Lot18万円±9,000円
レバレッジ200倍規制
10Lot50万円±1万円

※1通貨=100円とした場

スタンダードFX口座のレバレッジ規制について

※「スタンダードFX口座」と、スタンダード口座は別物です。
※「スタンダードFX口座」は口座の比較評価から外していますが、レバレッジの仕組みが違うので補足で説明させていただきます。

FXGTでは、スタンダードFX口座のみレバレッジ規制の仕組みが違います。

スタンダードFX口座のレバレッジ規制はエクイティレバレッジと呼ばれ、口座内の証拠金(有効証拠金)が大きくなるとレバレッジが切り下がる仕組みとなっています。

口座内の証拠金額
(有効証拠金)
レバレッジ規制
0~$10,0001,000倍
(規制なし)
10,000~$20,000500倍
20,000~$40,000200倍
$40,000~100倍

FXGTの取引ツール評価と評判

【FXGT全口座】-取引ツール評価とランキング

対応取引ツール
MT4・5
4.0/5点
海外FX取引ツールランキング|3位/口13口座中(12社)

MT5とは?

MT5の正式名称はメタトレーダー5といって、ロシアのMetaQuotes Softawre社が提供している世界でもっとも普及しているメタトレーダーシリーズの取引ツールです。
※MTの後ろにつく5の数字はバージョンを示す数値で、MT5が現在最新版となっています。

特徴

  1. 基本的な機能が全て揃っている万能取引ツール
  2. カスタムインジケーターやEAを導入することができる
カスタムインジケーターとは?
カスタムインジケーターとは、世界中のトレーダーが独自開発しているインジケーターのことを指します。
トレーダーの個人ブログから無料、または優良でダウンロードできたり、gogojangleなどのECサイトから購入することが出来ます。
カスタムインジケーターの内容は、売買サインを教えてくれるものであったり、ライン(平行線やトレンドライン)タッチ通知など、その種類用途は多岐に及びます。
MT4を使っていて、こんな機能があったらいいなと思い浮かぶことは、カスタムインジケーターで解決することができる場合が多いので非常に便利です。
ただし、中には粗悪なものもあります。何をインストールするかは自己責任になりますが、国内であれば、ある程度信用が担保されているgogojangleで購入する方が安全です。
EAとは?
EAとは、MT4やMT5上で使える自動売買ソフトのことを指します。
トレーダーの個人ブログから無料または優良でダウンロードできたり、gogojangleなどのECサイトから購入することが出来ます。
EAは過去の相場からバックテスト(過去検証)を行い開発を行います。
そして質の良いEAでは、フォワードテスト(リアル相場検証)でも好成績を収めているものもあります。
※注意!!バックテスト(過去検証)の数値を都合よくいじり、好成績に見せかけた詐欺まがいのEAも世の中にはたくさんあります。EAを購入したい場合は、バックテスト(過去検証)だけでなく、フォワードテスト(リアル相場検証)まで公開している窓口(gogojangleなど)から購入しましょう。

※MT5について更に詳しく知りたい方は、当サイト別記事「MT4とMT5の違い」内で解説していますのでご覧ください。


Twitter評判

  • 使いやすい
  • スマホならMT5が見やすい
  • PCならMT5よりもMT4が見やすい
  • MT4のカスタムインジケーターがMT5では使えない
twitter上の口コミ詳細







ネット評判と当サイト評価ギャップ

ネット上のMT5の評判は使いやすいとのコメントが多くありましたが、PCで取引する分には旧式のMT4の方が良いという不満もあるようです。

取引ツールの使いやすさに関しては慣れの部分が大きいので、評価が難しいポイントではありますが、MT5のスペック自体は十分なものがあるので、実際の取引で困るという事はないように思えます。

ただし、当サイトとしては、MT5の拡張性(EAやカスタムインジケーター)がまだMT4のレベルに追いついていないので、評価は下げています。

ちなみに、海外FX他社の取引ツール評価は下記をご覧ください。

海外FX取引ツールランキングを見る
順位FX会社
口座名
点数
5点満点
ツール詳細
1位AXIORY
ナノスプレッド/テラ
5.0MT4/MT5/cTrader
2位EXNESS
全口座
4.7MT4/MT5/Exnessターミナル
3位AXIORY
スタンダード
4.5MT4/cTrader
TITAN FX
全口座
4.5MT4/MT5
FBS
全口座
4.5MT4/MT5
HOTFOREX
全口座
4.5MT4/MT5
LAND-FX
全口座
4.5MT4/MT5
XM
全口座
4.5MT4/MT5
9位GemForex
全口座
4.0MT4
IS6FX
全口座
4.0MT4
TTCM
全口座
4.0MT4
12位iFOREX
エリート
3.5FXnetviewer
FXGT
全口座
3.5MT5

FXGTの信用面の評価

【FXGT】-信用面評価とランキング

評価項目詳細
運営歴創業2019年
金融ライセンスセーシェル金融庁
資金保全分別管理
1.5/5点
海外FX信用面ランキング|9位/12社中


当サイト評価解説

FXGTは、海外FX他社と比べて金融ライセンスや資金保全の部分で最低限の条件は揃えているものの、まだ運営歴が浅く未知数な部分があるため信用力の評価は低めとなっております。
※信用力の評価が低い=危険な会社というわけでありません。あくまで海外FX他社と比べて相対的に比較した結果となります。

参考までに、海外FX他社の信用面の評価は次の通りです。

海外FX信用面ランキングを見る
順位FX会社
口座名
点数
5点満点
詳細
1位GemForex4.0・2010年
・モーリシャス金融ライセンス
・完全信託保全
・デビット・ベッカム氏
HOTFOREX4.0・2010年
・ドバイ金融サービス機構(DFSA)
・分別管理(500万ユーロ民事賠償付)
・パリサンジェルマン
3位AXIORY3.5・2013年
・ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)
・信託分別管理
EXNESS3.5・2008年
・FSA(セイシェル共和国金融庁)
・分別管理
・レアルマドリード
iFOREX3.5・1996年
・英領バージン諸島金融サービス委員会(BVI FSC)
・分別管理
XM3.5・2009年
・セーシェル金融庁(SC:FSA)
・分別管理
FBS3.5・2009年
・バヌアツ金融ライセンス(VFSC)
・分別管理
8位TITAN FX3.0・2014年
・バヌアツ金融サービス委員会
・信託分別管理
9位TTCM1.5・2009年
・バミューダ金融庁(BMA)
・分別管理
FXGT1.5・2019年
・セーシェル金融庁(SC:FSA)
・分別管理
IS6FX1.5・2020年(2016年)
・SVG(セントビンセントグレナディーン)
・分別管理
LAND FX1.5・2013年
・金融ライセンスなし
・分別管理
・FSVマインツ

補足説明

当サイトでは信用面においての次の4つのポイントを評価しています。

  • 会社の歴史と規模
  • 金融ライセンス
  • 資金保全面
  • スポンサード

FXGT運営会社の歴史と規模

会社名360 Degrees Markets Ltd
本社所在地SuiteC, Orion Mall, Palm Street, Victoria, Mahe, Seychelles(セーシェル共和国)
設立年月日2019年

FXGTは、2019年創業なので、新興の部類に入る海外のFX会社です。

運営会社はセーシェル共和国にありますが、会社資本金や取引高などは非公開となっているので不透明な部分もあります。

FXGT金融ライセンス評価

会社名金融ライセンス
360 Degrees Markets Ltdセーシェル金融庁FSA(認可番号SD019)

FXGTの運営会社は、セーシェル共和国金融庁のライセンスを保持しながら運営をしています。

このセーシェル金融庁のライセンスは、所謂オフショアライセンス(比較的取得が容易・規制が緩い)に該当するものなので、一流ライセンスと比較すると見劣りはしますが、それでも一国が発行した金融ライセンスを所持していることは評価できます。


参照:セーシェル金融庁公式HP-FINANCIAL SERVICES AUTHORITY SEYCELLES|Serch Business

FXGTの資金保全面

資金保全面(トレーダーが預けている金融資産の管理方法)に関しては、当サイトでは次のような順位付けをして評価をしています。

  1. 完全信託保全
  2. 信託保全
  3. 一部信託保全
  4. 分別管理
完全信託保全とは?
国内のFX会社で採用されている資金保全方法です。
FX会社に預けたトレーダーの資金は、銀行の信託口(しんたくぐち)口座で管理されます。
銀行の信託口口座とは、普通の口座とは異なり、預けた会社の管理から切り離されている口座の事です。
つまり、FX会社に預けている資金でも、FX会社自身が勝手に引き出したり、使うことが出来ません。
更に、FX会社が倒産した時は、代理人(弁護士)から各トレーダーに資産が返却するところまで含めた資金保全方法なので、非常に安全です。
信託保全とは?
海外のFX会社で一部採用されている資金保全方法です。
FX会社に預けたトレーダーの資金は、銀行の信託口(しんたくぐち)口座で管理されます。
銀行の信託口口座とは、普通の口座とは異なり、預けた会社の管理から切り離されている口座の事です。
つまり、FX会社に預けている資金でも、FX会社自身が勝手に引き出したり、使うことが出来ませんで、非常に安全です。
ここまでは完全信託保全と同じ内容です。
違う点としては、FX会社が倒産した場合の手続き面です。
最終的にトレーダーの手元に資金は戻るので安心ですが、※手続き面に関して多少面倒になることもあるのでその点は考慮に入れる必要があります。
※手続き面:国をまたいだ送金方法や、やりとりする言語、提出しなければいけない書類など未知数な部分がある。
一部信託保全とは?
一部信託保全とは、FX会社が定める資産の範囲のみ、保険などでカバーされている資金保全方法です。
その点を除けば、資金保全方法は分別管理と同一になります。
分別管理とは?
トレーダーがFX会社に預けた資産と、FXの資産とは別の口座で資金管理される保全方法です。
分別管理は、他の資金保全方法と比べて、安全面で劣っています。
具体的には、FX会社が倒産した時、分別管理している口座は信託口ではないため、FX会社名義の資産として扱われる可能性も0ではありません。

※あくまで可能性が0ではないという話になります。
ちなみに、過去に引き出しが出来なかった事例は見つかりませんでしたが、引き出しができた事例はありました。
事例)日本のトレーダーも利用することができたグローバルブローカーズNZ(ニュージーランド)がスイスフランショックにて閉鎖に追い込まれた際、口座残高がある顧客の資産は多少の遅延はあれど、引き出しは出来たようです。(ソース:海外メディアのロイター社やニュージーランドメディアstuff情報)

FXGTの資金保全は、上から4番目の分別管理で、その分評価は低くなっています。

ただし、海外FXのカテゴリーで見ると、特別劣っているというわけではなく、多くの会社がこの分別管理の資金保全方法をとっています。

FXGTは損害賠償保険に加入している?

FXGTはRNENAISSANCE INSURACE REINVENTED社(キプロス共和国)の賠償責任保険に加入しています。

この保険の内容は、FXGT側の何かしらのトラブルで、トレーダーに対して損害を与えた場合、その補償をするための資金として、最大で1,000,000ユーロの支払いをFXGTが受けられるというものです。

ポイントとしては、100万ユーロは日本で1億3,000万円と言ったところですが、これはトレーダー1人あたりではなく、1事案あたりの金額なので、トラブルの規模によっては正直心もとないといった印象を受けます。

  • 例)トレーダー1人あたり1万円の損害だと、1,300人までカバー可能
  • 例)トレーダー1人あたり10万円の損害だと、130人までカバー可能

FXGTのスポンサード

FXGTは現在、特定企業や人物に対してスポンサー活動を行っていないので、評価の積み増しはしておりません。

FXGTの入出金評価と評判

【FXGT】-入出金評価とランキング

3.5/5点
海外FX入出金ランキング|10位/12社中

入出金ツール入金出金
国内銀行送金FXGT側手数料:無料
・最低入金額:1万円
・処理目安:30分~1時間
海外銀行送金
(銀行送金即時反映)
FXGT側手数料:無料
・最低入金額:1万円
・処理目安:1時間~1営業日
FXGT側手数料:無料
※受取側銀行手数料あり
・最低出金額:1万円
・着金目安:5営業日
クレジットカード
VISA/JCB/Master
Amex/Diner
FXGT側手数料:無料
・最低入金額:5,000円
(JCBのみ1,000円)
・処理目安:即時
FXGT側手数料:無料
・最低出金額:1円
・着金目安:2営業日
※利益分の出金不可
bitwalletFXGT側手数料:無料
・最低入金額:1,000円
・処理目安:即時
FXGT側手数料:無料
・最低出金額:1,000円
・着金目安:48時間以内
sticpayFXGT側手数料:無料
・最低入金額:-
・処理目安:即時
FXGT側手数料:無料
・最低入金額:1,000円
・着金目安:48時間以内
仮想通貨
bitcoin/Ethereum
Ripple/USDT
FXGT側手数料:無料
・最低入金額:仮想通貨による
・処理目安:1~30分
FXGT側手数料:無料
・最低入金額:仮想通貨による
・着金目安:48時間以内

Twitter評判ふりかえり

  • 高額出金OK
  • 出金対応早い
  • 出金遅い
  • 一部出金トラブル報告あり

ネット評判と当サイト評価ギャップ

入出金についてのTwitter上の評判は、高額な出金報告もあるので安心できる部分もありますが、不満のコメントも少なからず見受けられます。

不満のコメントについての考察は下記をご覧ください。

  • 「出金遅い」
    出金の申請から着金までの目安の日数がFXGT側から提示されていますが、海外FX他社と比較して遅くなっています。
    ただしbitwalletでの出金については早いとのコメントが多数ありましたので、出金先のツール選択で解決できる問題となっています。
  • 「出金トラブル-クレジットカード出金遅延」
    これはどの海外FX会社にも言えることですが、クレジットカードへの出金の実態は「返金処理」となっています。
    返金処理はクレジットカード側の確認作業が入るので、その時間が長くなればその分出金に時間がかかってしまいます。
  • 「出金トラブル-クレジットカード情報流出」
    2020年7月頃、FXGTにクレジットカードで入金した複数のトレーダーに対して、カード会社から不正利用の連絡が入りました。
    この件について、FXGTの公式回答は「FXGT側のセキュリティに問題はなく、落ち度はない」という結論を出しております。
    そこから考えられる原因は、FXGTが利用しているカード決済会社の情報漏洩です。
    たしかにFXGT側の管理が届かない部分ではありますが、FXGTに入金したクレジカード情報が漏洩したという事実はありますので、クレジットカード利用は今後も避ける方が無難でしょう。
  • 「出金トラブル-ビットコイン暴落出金拒否」
    再度の説明となりますが、2021年8月13日にFXGTのbitcoin価格レート異常($10,000暴落)で、大きな利益を上げたトレーダーが続出しましたが、結果として、その利益は取り消しとなり、出金も拒否されることになりました。(損失の場合も取消処理)
    最終的にはこのレート異常に何かしら影響をうけたトレーダーには補償対応が行われましたが、FXGT側にトラブル対応に問題があり(クレーム対応が追い付かない)、Twitter上に「出金拒否された!」との不満ツイートが並ぶ結果となっています。

以上の不満やトラブルに関しては、FXGT側に悪意があるものではありませんが、心象はどうしても悪くなっています。

当サイトの評価に関しては、クレジットカードのトラブル(情報漏洩)を踏まえ、評価を下げておりますが、入出金の手数料面で言えば海外FXの中でも安く済む会社あることは事実なので相応の評価はしています。

参考までに、海外FX他社の入金出金評価は次の通りとなっています。

海外FX入出金ランキングを見る
順位
点数(5点満点)
海外FX業者名入出金特徴
1位
4.6点
GemForex入金:国内銀行無料(入金確認後即反映)
出金:24時間1回まで国内銀行無料(最短翌日着金)
2位
4.5点
AXIORY入金:国内銀行無料(入金確認後即反映)
出金:国内銀行2万円以上無料(1営業日内着金)
3位
4.3点
XM入金:国内銀行1万円以上無料(1時間以内反映)
出金:国内銀行40万円以上無料-以下2,500円(最短1時間着金)
 Exness入金:国内銀行無料(20分以内反映)
出金:bitwallet無料(1営業日以内着金)
5位
4.2点
TitanFX入金:bitwallet無料(即時)
出金:bitwallet無料(即時)
6位
4.0点
iFOREX入金:国内銀行1万円以上無料(3~4営業日以内反映)
出金:bitwallet無料(3~5営業日以内着金)
7位
3.7点
HotForex入金:bitwallet無料(即時)
出金:bitwallet無料(即時)
8位
3.69点
FBS入金:bitwallet無料(即時)
出金:bitwallet100円(即時)
9位
3.6点
TTCM入金:bitwallet5,000円以上無料(即時)
出金:bitwallet5,000円以上円(1営業日以内着金)
10位
3.1点
FXGT入金:国内銀行1万円以上無料(1時間程度で反映)
出金:bitwallet無料(48時間以内着金)
11位
3.0点
IS6FX入金:国内銀行1万円以上無料(入金確認後即反映)
出金:海外銀行(3~5営業日以内着金)
12位
2.4点
LAND-FX入金:クレジットカード無料(即時)
出金:海外銀行$45(1~2営業日以内着金)

詳細解説

FXGTの入出金の詳細解説の前に、「入出金ルール」について説明します。

FXGTの入出金ルールについて

  1. 入金した金額内の出金は、入金したツールへの出金になります。
    ➡例)bitwalletで2万円入金した場合、2万円までの出金はbitwalletへの出金となる
  2. クレジットカードへ利益分(入金した金額を超える)の出金は不可。
    ➡クレジットカードへの出金は、クレジットカード入金分の範囲内のみ。クレジットカード入金を超える部分の出金は任意のツールへ出金となります。

FXGTの入金について

入金に対応しているツールは6種類ありますが、当サイトで推奨するのは下記の2ツールです。

  • bitwallet
  • 国内銀行送金
入金-【biwallet】おすすめ
詳細を見る

【bitwallet→FXGTへ入金】

  • FXGT側手数料:無料
  • bitwallet側手数:100円

【トレーダー銀行口座→bitwalletへ入金】

  • bitwallet側手数料:無料
  • トレーダー銀行口座側手数料
    108円~648円程度(使用する銀行の所定振り込み手数料)

bitwalletは世界200ヵ国以上で普及している電子ウォレット(電子決済ツール)です。

bitwalletでの入金をおすすめしている理由は、「口座への反映が早い」ことに加え、最終的な出金(利益)時のことまでを考えた場合、「手数料が最も安く済み、資金の出入りを一元管理できる便利さ」があるからです。

ただし、bitwalletを使うためには手続き(電子ウォレット作成)が必要なので多少手間がかかるデメリットがあります。

入金-【国内銀行送金】おすすめ
詳細を見る
  • FXGT側手数料:無料
  • トレーダー銀行側手数料
    108円~648円程度(使用する銀行の所定振り込み手数料)

国内の銀行口座さえ持っていれば、他の余計な手続きが必要ありませんので、最も手間がかからいない入金方法となっています。

ただし、FXGTの取引口座へ反映するまでに時間がかかる(2~3営業日)デメリットもあります。

入金-【クレジットカード】過去にトラブルあり
詳細も見る
  • FXGT側手数料:無料
  • クレジットカード会社手数料:無料

クレジットカードで入金すれば、FXGT側とクレジットカード側の手数料が無料かつ、金額も即時反映なので、かなりお手軽に利用できます。

ただし、過去にクレジットカード情報が流出した点を踏まえるのと避ける方が良いでしょう。

入金-【sticpay】の手数料は高い
詳細を見る

【sticpay→FXGTへ入金】

  • FXGT側手数料:無料
  • sticpay側手数料:入金額の2.5%+$3

【トレーダー銀行口座orクレカ→sticpayへ入金】

  • sticpay側受け取り手数料:
    クレジットカード:入金額の3.85%
    国内銀行:入金額の2%
  • トレーダー銀行口座/クレカ手数料
    クレジットカード:無料
    銀行口座:108円~648円程度(使用する銀行の所定振り込み手数料)

まずはじめに、sticpayからFXGTに入金する際の手数料は、FXGT側は無料ですが、sticpay側に手数料が発生します。

また、sticpayは電子ウォレットなので、sticpayから入金する場合は、sticpay自体にお金を入れる必要があります。

その際、上記の通りsticpay側に受け取り手数料が発生するので、特段の理由がない限り、sticpay経由での入金はおすすめしません。

入金-【仮想通貨】の手数料は高い
詳細を見る

【仮想通貨ウォレット→FXGTへ入金】

  • FXGT側手数料:無料
  • 仮想通貨ウォレット側出庫手数料:5,000円前後
    ※所定のマイニング手数料や固定の手数料あり(業者による)
    ※仮想通貨のレートで金額は前後します

【トレーダー銀行口座→仮想通貨ウォレットへ入金】

  • 仮想通貨ウォレット側受け取り手数料
    0~1,000円(使用する仮想通貨ウォレットの所定受け取り手数料)
  • トレーダー銀行口座
    108円~648円程度(使用する銀行の所定振り込み手数料)

※上記に記載した手数料は、使用するウォレットによって前後しますので、あくまで目安としてお考え下さい。

FXGTの入金に対応している仮想通貨は4種類なので選択肢は豊富です。

ただし、手数料面で考えると、先に上げたbitwalletや国内銀行送金の方が手数料が圧倒的に安いので、特段の理由がない限り仮想通貨での入金はおすすめしません。

FXGTの出金について

FXGTで出金に対応しているツールは4種類ありますが、おすすめなのは「bitwallet」での出金です。

出金-【bitwallet】おすすめ
詳細を見る

【FXGT→bitwalletへ出金】

  • FXGT側手数料:無料
  • bitwallet側手数料:無料

【bitwallet→トレーダー銀行口座へ出金】

  • bitwallet側手数料:777円
    ※キャンペーン価格(終了時期未定|通常料金824円)
  • トレーダー銀行口座側手数料:無料

出金時にbitwalletを選択した場合、トレーダーの銀行口座に着金するまでにかかる手数料は777円となっています。

手数料はこの通り若干発生しますが、着金までの処理時間が短く、入金時もbitwalletを使えばトレーダー自身の資金管理も容易になります。

出金-【海外銀行送金】手数料高い
詳細を見る

【FXGT→トレーダー銀行口座へ出金】

  • FXGT側手数料:無料
  • トレーダー銀行口座側手数料
    2,500円~8,500円(受け取り先銀行口座による)
    ※みずほ銀行だと4,000円程度(目安)

FXGTの出金は、国内銀行送金に対応しておらず、海外銀行送金扱いとなります。

海外銀行送金扱いだと、※受け取り先銀行側に高額な手数料が発生します。
※受け取り先銀行側の手数料とは:「被仕向送金手数料」「リフティングチャージ」「中継銀行手数料」などがあり、金額や名目は銀行により異なります。

出金-【クレジットカード】利益分出金不可+過去トラブル
詳細を見る

【FXGT→クレジットカード(登録銀行口座)へ出金】

  • FXGT側手数料:無料
  • クレジットカード側手数料:無料

手数料は無料となっているので利用自体のハードルはありませんが、利益分の出金は不可であることに注意が必要な点と、過去にクレジットカード情報が漏洩した事実があるので、避ける方が無難です。

出金-【sticpay】手数料高い
詳細を見る

【FXGT→sticpayへ出金】

  • FXGT側手数料:無料
  • sticpay側手数料:無料

【sticpay→トレーダー銀行口座へ出金】

  • sticpay側手数料:800円+出金額の2%
  • トレーダー銀行口座側手数料:無

sticpayへの出金の場合、トレーダーの銀行口座への出金時に手数料が上記のとおり高額になるので、特段の理由がない限り、おすすめしません。

出金-【仮想通貨】現金化しなければ…
詳細を見る

【FXGT→仮想通貨ウォレットへ出金】

  • FXGT側手数料:無料
  • 仮想通貨ウォレット側手数料:無料

【仮想通貨ウォレット→トレーダー銀行口座へ出金(現金化)】

  • 仮想通貨ウォレット側手数料:50~800円程度
    ※仮想通貨ウォレットによる違いや、価格レートやタイミングにより金額は前後します。
  • トレーダー銀行口座側手数:無料

FXGTの出金に対応している仮想通貨は、4種類で選択肢は豊富です。

出金時に仮想通貨を選択した場合、現金化をしなければ手数料がかかりません。

FXGTのサポート評価と評判

【FXGT】-サポート評価とランキング

2.3/5点
海外FXサポートランキング|12位/12社中

ツール時間帯日本語対応
メール【全日】24時間
チャット【全日】24時間
チケット
(マイページ内問い合わせ)
【全日】24時間

Twitter評判ふりかえり

  • 返信遅い(多数)
  • 回答なし、無視される

ネット評判と当サイト評価ギャップ

Twitter上のFXGTのサポート面の評判はかなり不評で、特に返信が遅いとのコメントが多くありました。

この返信が遅いことについては、FXGT側のサポート体制や仕組み、表記に原因があります。

  • チャットは公式サイト上に記載している内容の回答しかできない(かなり融通がきかない)
    ➡FXGTのチャットは有人ではありますが、チャットBotのような体裁となっており、FXGT公式サイトに記載している事以外の回答はできません。つまり、公式サイトを見た上で「ここがわからない」というような少し突っ込んだ内容の質問をチャットでするとチケット(マイページ内からの問い合わせ)もしくはメールでの問い合わせに回されます。
  • 24時間サポートの記載がある
    ➡メールもしくはチケットから質問をした場合、質問の内容にもよりますが、返信まで1営業日程度の時間がかかる場合が多いです。
    おそらく多くのユーザーは「24時間サポート」と言われれれば、かなり手厚いサポートを受けれられるというイメージがわくと思います。しかし現実は、チャットで質問しても公式サイトに書いてる以上の回答は得られず、メールもしくはチャットからは質問しても24時間サポートであるはずなのに返信に時間がかかるという、どうしても不満が出やすい仕組みになっています。

基本的に当サイトは、24時間対応のチャットを高評価の対象にしていますが、FXGTのサポート評価に関しては上記の理由により評価を下げています。

また、ホスピタリティ面(親切さや対応の良さ)に関しては、よほどのことがない限り言及しませんが、チャット対応の悪さが目立つ(チャット担当者の名前も教えることができない)ので非常に残念なポイントとなっています。

参考までに海外FX他社のサポート評価は下記をご覧ください。

海外FXサポートランキングを見る
順位FX会社
口座名
点数
5点満点
詳細
1位TITAN FX4.3〔日本語対応〕
・メール
・電話
平日(8時~16時)
・チャット
24時間(日曜以外)
※折り返し電話サービスあり
2位TTCM3.8〔日本語対応〕
・メール
・電話
8時~26時(日曜以外)
・チャット
8時~26時(日曜以外)
※折り返し電話サービスあり
3位EXNESS3.6〔日本語対応〕
・メール
・チャット
平日(8時~24時)
4位AXIORY3.5〔日本語対応〕
・メール
・チャット
平日(10:30~23:30)
5位XM3.4〔日本語対応〕
・メール
・電話
平日(9時~21時)
・チャット
平日9時~21時
※折り返し電話サービスあり
6位iFOREX3.2〔日本語対応〕
・メール
・電話
平日(14時~21時)
・チャット
平日(14時~21時)
※折り返し電話サービスあり
7位FBS3.1〔日本語対応〕
・メール
・電話
平日(15時~24時)
・チャット
平日(15時~24時)
※電話コールバックなし
8位HOTFOREX3.0〔日本語対応〕
・メール
・電話
平日(14:30~23時)
・チャット
平日(14:30~23時)
※電話コールバックなし
LAND FX3.0〔日本語対応〕
・メール
・電話
平日(10時~18時)
・チャット
平日(10時~18時)
※折り返し電話サービスあり
10位IS6FX2.7〔日本語対応〕
・メール
・LINE
平日(10時~17時)
11位GemForex2.6〔日本語対応〕
・メール
・チャット
平日(10時~17時)
12位FXGT2.4〔日本語対応〕
・メール
・チャット
全日(9時~23時)

サポートの使い方

チャットサービスについて
FXGTチャットサービスの使い方を見る

①FXGTトップページ右下の「チャットアイコン」をクリック


②チャット画面が立ち上がったら必要事項を入力し「チャット開始する」をクリック後、サポート人員に空きがあればチャットサポートが開始されます。
※名前とメールアドレスだけの記入でOK

チケットによるサポート

チケットとは、FXGT口座開設者のみが使えるサポートのことを指します。

具体的には、FXGTマイページにログイン後にやり取りの履歴が残るような形で問い合わせをすることができます。

このチケットによるサポートは、チャットのようにレスが早く返ってくるようなものではなく、返信まで1営業日程度に時間がかかります。

具体的な使い方は下記をご覧ください。

FXGTチケット(サポート)の使い方を見る

①FXGTトップページ上部メニュー「ログイン」をクリック


②FXGTに登録しているメールアドレスとパスワードを入力後「ログイン」をクリック


③ダッシュボード上段メニューの「サポートアイコン」をクリック


④画面上部右側「チケットを開く」をクリック


⑤カテゴリー内で質問の内容に最も近いものをクリック


⑥想定質問と回答が表示されますが、解決しない場合は「ここから問い合わせて下さい」をクリック


⑦必要事項を入力後、右下の「送信」ボタンをクリック


⑧マイページサポート内に質問が保存され、サポートスタッフからの回答を待ちます。

メールサポートについて

FXGTの日本語サポートデスクのメールアドレスは下記の通りです。

メールアドレスに問い合わせをするパターンとして考えられるのは、FXGTの口座未開設者かつFXGT公式サイトに記載していないような少し突っ込んだ内容の質問をする場合になります。

FXGTの約定力評価と評判

【FXGT全口座】-約定力評価とランキング

3.0/5点
海外FX約定力ランキング|23位/24口座中(12社)
評価項目詳細
取引形態NDD方式
約定拒否・リクオートなし(執行率100%)
ND方式とは?
NDD(No Dealing Desk)方式とは、ディーリングデスク(ディーラー)を介さない透明性が高い取引形態です。
参考までに、NDD方式と対をなす取引形態にDD方式があります。
・DD(Dealing Desk) 方式とは、ディーリングデスク(ディーラー)を介す取引形態になります。

Twitter評判ふりかえり

  • 約定力低い
  • 約定遅い(多数)

ネット評判と当サイト評価ギャップ

Twitter上のFXGT約定力の評判はかなり不評となっており、特に約定スピードが遅いとのコメントが多くありました。

FXGTの約定力は、2019年のサービスを開始した当初から比べると、サーバー強化などの施策を複数回行っているので改善は見せていますが、それでも現時点で不満を抱えるトレーダーは多くなっています。

約定スピードに関しては、トレーダーの個々の環境(ネット回線速度や取引デバイスのスペック)にも左右するので、評判を一概には鵜呑みに出来ませんが、MT5の回線速度を見てみるとたしかに海外FX他社より劣っています。

要はサクサク約定しないということなので、特にスキャルピング主体のトレーダーは不満が出てしまうことでしょう。

当サイトのFXGT約定力の評価は、やはり約定スピードの部分がネックとなり評価は低くなっています。ただし、スイングトレーダーやデイトレーダーに関してはそこまで支障が出るものではありませんのでご安心ください。

参考までに海外FX他社の約定力については下記をご覧ください。

海外FX約定力ランキングを見る
順位FX会社
口座名
点数
5点満点
詳細
1位AXIORY
ナノ・テラ口座
4.5約定率99.99%
99.84%0.22秒以内
AXIORY
スタンダード口座
4.5約定率99.99%
99.84%0.22秒以内
3位LAND FX
RestartLpBonus口座
4.40.035秒約定
高速データセンター複数社提携(EQUINIX.amzon…)
LAND FX
ライブ口座
4.40.035秒約定
高速データセンター複数社提携(EQUINIX.amzon…)
LAND FX
ECN口座
4.40.035秒約定
高速データセンター複数社提携(EQUINIX.amzon…)
6位EXNESS
ロースプレッド口座
4.3約定拒否・リクオートなし
無料VPSあり
ping0.4~1.25ミリ秒
EXNESS
スタンダード口座
4.3約定拒否・リクオートなし
無料VPSあり
ping0.4~1.25ミリ秒
EXNESS
プロ口座
4.3即時約定
無料VPSあり
ping0.4~1.25ミリ秒
9位TITAN FX
スタンダード口座
4.2NDD方式
高速サーバー(EQUINIX NY4)
10位IS6FX
スタンダード口座
4.1NDD方式
99.46%0.29秒以内約定
TTCM
クラシック口座
4.1NDD方式
約定率99%
平均約定0.13秒
TTCM
プロ口座
NDD方式
約定率99%
平均約定0.13秒
TTCM
VIP口座
NDD方式
約定率99%
平均約定0.13秒
14位XM
スタンダード口座
4.0約定拒否・リクオートなし
NDD方式
99.35%1秒以内約定
XM
Zero口座
4.0約定拒否・リクオートなし
NDD方式
99.35%1秒以内約定
FBSスタンダード口座4.0NDD方式
95%0.4以内約定
17位GemForex
スタンダード口座
3.9約定拒否・リクオートなし
NDD方式
99.99%0.78秒以内約定
GemForex
ノースプレッド口座
3.9約定拒否・リクオートなし
NDD方式
99.99%0.78秒以内約定
19位TITAN FX
ブレード口座
3.7NDD方式
高速サーバー(EQUINIX NY4)
20位HotForex
プレミアム口座
3.1NDD方式
HotForex
マイクロ口座
3.1NDD方式
HotForex
ゼロスプレッド口座
3.1NDD方式
23位iFOREX
エリート口座
3.0DD方式
FXGT
スタンダード口座
3.0NDD方式

詳細説明

FXGTの約定力について、当サイトは下記のポイントを評価しています。

  1. 取引形態
  2. サーバー(約定スピード)
①取引形態の評価

FXGTは取引形態にNDD方式を採用をしています。
※正確には、NDD方式を更に細分化したSTP方式になります。取引形態について詳しく知りたい方は当サイト別記事「NDD方式とDD方式を5分で簡単理解」をご覧ください。

NDD方式は、人為的なディーラーの手が入らないので、約定拒否やリクオートが起きにくい点が特徴であり、FXGTに関しては「執行率100%」を公式に謳っています。

相場が極端に混乱しているような場合を除いて、基本的に注文が拒否されることがないので、次のようなストレスや機会損失、損失拡大のないことがメリットになります。

  • 損切を入れたいけど注文が約定されない
  • エントリーチャンスで注文がはじかれてしまう
②サーバー(約定スピード)の評価

FXGTのサーバーは、日本人のトレーダーに対して、国内のサーバー(東京2か所と大阪1か所)が用意されている点は好感が持てます。

FX会社のサーバーとトレーダーの物理的距離について
サーバーの処理能力も約定スピードに影響を及ぼしますが、特に重要なのはデータセンター(サーバー)とトレーダーの居住地域間の物理的な距離です。この距離が遠ければレイテンシー(通信速度の遅延時間)に悪影響を及ぼします。

ただし、ping値を見てみると数値が大きく、回線速度が海外FX他社と比較して遅くなっています。

原因としては下記にようなことが考えられますが、今後の改善に期待です。

  • サーバーのスペックが低い
  • サーバーのスペックと利用者(トレーダー)数が合っていない
  • FXGT側のデータ処理が遅い

FXGTサーバー情報

詳細を見る

■FXGT-Datecenter-JP2サーバー設置地域:日本・東京


■FXGT-Datecenter-JP1サーバー設置地域:日本・東京


■FXGT-Datecenter-OSA1設置地域:日本・大阪


■FXGT-Datecenter-UK1設置地域:イギリス・ロンドン


■FXGT-Datecenter-ZA1設置地域:南アフリカ・ケープタウン

FXGTその他注目ポイント

これまでに解説した内容以外の、注意すべき規約、取引ルールなどについて説明させていただきます。

Trader Insight(トレーダーインサイト)について

FXGTでは、FXGT内のトレーダーのポジション保持動向を見ることができます。
※この情報は、FXGTに口座を持っていなくとも公式ページ上(サイトメニュー「サービス概要」内Trader Insight)から確認することができます。

具体的には下記のリアルタイム情報となります。

  1. Market Sentiment:主要通貨ペアをはじめとするポジションの割合(買いと売りポジションの%)
  2. Open Interest by Client:FXGT内で取引されている通貨ペアや仮想通貨の取引量の割合(FXGT内で何が多く取引されているか)
    ※仮想通貨や貴金属などFXGT内で取引できる全ての銘柄を含みます
  3. Open Positions Ratio:②の詳細
  4. Open Interest by Value$:②の金額換算

あくまでFXGT内だけの情報であり、重要度としてはそこまで高くありませんが、①の情報は自分が取引したい通貨ペアや銘柄の「強気・弱気傾向を把握する上で一つの目安になります。

FXGTのゼロカットサービス

海外FXについてある程度下調べしている方は既にご存じかもしれませんが、FXGTにもゼロカットサービスが付いています。

ゼロカットとは?
本来、FXのトレードで口座残高以上の損失が出た場合は、トレーダーに支払い義務が生じます。これを専門用語で追加証拠金制度と言います。一般的には、追証(おいしょう)と呼ばれていて、ゼロカットはこの追証を免除するものです。

ゼロカットがあれば、相場の急変動などで口座の残高がマイナスになり、借金を背負ってしまうという最悪のシナリオを回避できます。

為替相場をさかのぼると、フラッシュショックと呼ばれる急激な相場変動は幾度もありました。

フラッシュショックに巻き込まれると、FX会社に預けている証拠金以上の損失が発生する場合があります。

もしゼロカットがなければ、証拠金以上の損失に対して、追証と呼ばれる支払い義務が発生しますが、FXGTのようにゼロカットがあれば支払いの必要はありませんので、安心材料の1つとなります。

両建取引の規約について

FXGTの口座を使って両建てをする際は、下記のルールがあるのでご注意ください。

  1. OK:FXGTの同一口座内での両建て
  2. NG:FXGT内の別口座間での両建て
  3. NG:FXGTの口座と別FX会社口座間の両建て

FXGTが②と③の両建取引を禁止している理由は、悪用するとトレーダーはFX会社に損失を与える形で利益を簡単に出すことができるからです。

具体的には、ボーナスアービトラージやレイテンシーアービトラージがこれに該当します。

ボーナスアービトラージとは?

ボーナスを利用した別々のFX会社間、もしくは同一会社内の別口座間の両建て取引の事を指します。

ボーナスアービトラージをすると、ボーナスクレジットを現金化することが出来ます。

ボーナスアービトラージの説明画像

更にゼロカットを利用すれば利益を積み増しすることもできます。

両建てをした場合、片方の口座はゼロカットがあるので損失が限定されます。それに対して、もう片方の口座は利益に上限はありませんので、利益を大きく出すことが出来ます。

しかもボーナスを使えば資金的なリスクは0です。

ボーナスアービトラージの説明画像(ゼロカット)
レイテンシーアービトラージとは?

FX会社間の価格レートに瞬間的ではありますが、差が出ることがあります。

この差が出たタイミングで、安いレートのFX会社から通貨を買い、高いレートのFX会社で通貨を売れば、実質ノーリスクで利益を上げることができます。

ただし、目視で出来るようなものではなく、レイテンシーアービトラージ専用のプログラミングを組み、瞬間的な取引を何十何百と膨大な取引回数を重ねながら利益を出していきます。

このような取引をすると、FX会社側のシステムに多大な負担をかけ、サーバートラブルにつながりかねない取引になるので、FX会社の多くはこのレイテンシーアービトラージを禁止しています。

両建取引はボーナスアービトラージやレイテンシーアービトラージに繋がりかねないので、FXGTではそもそもの両建て(同一口座内以外の)自体を禁止しているという訳です。

FXGTの取引通貨ペアとCFD銘柄について

FXGTで取引できる通貨ペア数や仮想通貨の種類数、CFDなどの銘柄数は下記の通りとなっています。

※下記表は横スクロールが出来ます

口座タイプスタンダードスタンダードFXECNセントミニ
通貨ペア数
49種49種49種28種49種
貴金属2種2種類2種
エネルギー3種3種3種
株価指数8種8種6種
個別株式30種類30種類53種類
仮想通貨29種29種5種

FXGTの通貨ペアの種類数は海外FXでは平均をやや下回る取り扱い数となっておりますが、メジャーなものは全て揃っているので、実際の取引で困る事は少ないでしょう。
※海外FX会社の取引通貨ペア数平均値:54通貨ペア

  • 貴金属の扱いは多い?:金・銀のみなので必要最低限といった体裁
  • エネルギーの扱いは多い?:ブレンド原油と天然ガスだけなので必要最低限といった体裁。
  • 株価指数の扱いは多い?:海外FX会社としては普通。
  • 個別株式の扱いは多い?:有名どころは押さえられているが種類数は多くない。
  • 仮想通貨の扱いは多い?:FX会社としてはかなり種類が豊富。

FXGT-通貨ペア詳細

詳細を見る

※対象はスタンダード口座とします
※エ=エキゾチック通貨ペア:最大レバレッジ500倍となります
■ドル円(USDJPY)※メ

■クロス円:
・ポンド円(GBPJPY)
・豪ドル円(AUDJPY)
・ユーロ円(EURJPY)
・スイスフラン円(CHFJPY)
・カナダドル円(CADJPY)
・NZドル円(NZDJPY)
・トルコリラ円(TRYJPY)※エ
■ドルストレート:
・EURUSD
・AUDUSD
・GBPUSD
・USDCHF

・NZDUSD
・USDCAD

・USDTRY※エ
・USDMXN※エ
・USDZAR※エ
・USDHKD※エ
・USDSGD※エ
・USDSEK※エ
・USDRUB※エ
・USDDKK※エ
・USDHUF※エ
・USDPLN※エ
・USDNOK※エ
・USDTHB※エ
・USDCZK※エ
・USDCNH※エ
■ユーロストレート:
・EURGBP
・EURAUD

・EURCAD
・EURCHF
・EURNZD
・EURTRY※エ
・EURSEK※エ
・EURPLN※エ
・EURNOK※エ
・EURHUF※エ
・EURDKK※エ
■ポンドストレート:
・GBPAUD
・GBPCAD
・GBPCHF
・GBPNZD

■その他通貨ペア:
・AUDCAD
・AUDCHF
・AUDNZD
・NZDCAD
・NZDCHF
・CADCHF


FXGT-貴金属詳細

詳細を見る
※対象はスタンダード口座とします
・金(XAUUSD)

・銀(XAGUSD)

FXGT-エネルギー詳細

詳細を見る
※対象はスタンダード口座とします
・ブレンド原油ロンドンWTI原油(UKoilUSD)
・ブレンド原油アメリカWTI原油(USoilUSD)
・天然ガス(NGAsUSD)

FXGT-インデックス株価指数詳細

詳細見る
※対象はスタンダード口座とします
・JP225
・US30
・US100
・US500
・UK100 

・GER40
・FRA40
・AUD200

FXGT-個別株式CFD詳細

詳細見る
※対象はスタンダード口座とします
※記載しているのは代表的な通貨ペアで、全ての通貨ペアは便宜上記載しておりません。口座別の詳細などを詳しくお知りになりたい方はFXGT公式サイトをご覧ください。

・Google
・Apple
・facebook
・Amazon
・Bank of America
・COSTCO WHOLESALE
・DELTA AIR LINES
・NETFLIX
・TESLA MOTORS
etc…

FXGT-仮想通貨詳細

詳細見る
・ビットコインドル
・ビットコイン円
・ビットコインユーロ
・リップルビットコイン

・ライトコインビットコイン
・イーサリアムビットコイン


・イーサリアムドル
・イーサリアム円
・イーサリアムユーロ


・リップルドル
・リップルユーロ
・リップル円


・ライトコインドル
・ライトコイン円
・ライトコインユーロ


・ビットコインキャッシュドル
・ビットコインキャッシュ円
・ビットコインキャッシュユーロ


・エイダコインドル
・エイダコイン円
・エイダコインユーロ
・エイダコインビットコイン


・ステラルーメンドル
・ステラルーメン円
・ステラルーメンユーロ
・ステラルーメンビットコイン


・ポルカドットドル
・ポルカドット円
・ポルカドットユーロ
・ポルカドットビットコイン

FXGTのスワップポイント

FXGTで取り扱いのある通貨ペアのスワップポイントの調査結果を報告します。

結論から言うと、FXGTで取り扱いのある通貨ペアの内、スワップポイントの双方向(売りと買い)の収支がプラスになる通貨ペアはありませんでした。

※2021年10月28日調べ

スワップポイントと言えば高金利通貨ペアですが、のきなみ、売りと買い双方のスワップポイント合計がマイナスになっています。

スワップポイントの稼ぎ方
スワップポイントで利益を上げたい場合は、まず同じ通貨ペアで両建てをして為替損失を受けないようにします。そして売りと買いのスワップポイント差をコツコツ貯めていくというスタイルが一般的です。
※売りと買いのスワップポイント差がマイナスであれば成立しません。
FXGT高金利通貨ペア-スワップポイント詳細
通貨ペア買いスワップ売りスワップ合計スワップ
TRYJPY+1.15-11.57-10.42
USDTRY-485.12+146.64-338.48
USDZAR-122.26+40.32-81.94
USDMXN-374.12+90.02-284.1
USDRUB-68.41-0.24-68.65
EURTRY-620.5+165.8-454.7

※2021年10月28日調べ

FXGTのロスカットレベル

ロスカットレベルとは、強制ロスカットになってしまう証拠金維持率のことを指します。

証拠金維持率とは?
証拠金維持率とは、簡単に言うと、「口座に入っているお金」と「持っているポジションの大きさ」の割合(%)のことを指します。
証拠金維持率の数値が大きければ資金的に余裕がある状態で、逆に数値が低ければ資金的に余裕がない状態です。

FXGTのロスカットレベルは、口座タイプによって数値が異なります。

  • ECN口座以外:証拠金維持率20%
  • ECN口座:証拠金維持率40%

※海外FXのロスカットレベルは0~50%が一般的な数値

ちなみに、ロスカットレベルの数値が低ければ(0%に近い)、含み損に対して耐えることが出来ますが、ロスカットになった場合、手元に残る資金は少なくなります。

反対にロスカットレベルの数値が高ければ(0%から遠い)、含み損に耐えることが出来なくなりますが、ロスカットになった場合、手元に残る資金は多くなります。

ロスカットレベルが低い(0%に近い)ロスカットレベルが高い(0%から遠い)
含み損
耐えられる
含み損
耐えられない
ロスカット後
資金少ない
ロスカット後
資金多い

このように、ロスカットレベルの高低はどちらが良いという事はなく、一長一短になっています。

FXGTはスキャルピングに制限なし

FXGTではスキャルピング取引に対して全口座において制限はなく、自由に取引して頂けます。

FXGTのロット制限とポジション数制限について

FXGTは下記のとおり、1注文/1口座あたりの取引量とポジション数に制限がありますが、上限値がかなり高いので、実際の取引では特に気にする必要はありません。

  • 1注文最大取引量
    スタンダード口座:100Lot
    スタンダードFX口座:100Lot
    ECN口座:100Lot
    セント口座:100Lot
    ミニ口座:100Lot
  • 1口座最大取引量
    スタンダード口座:200Lot
    スタンダードFX口座:200Lot
    ECN口座:200Lot
    セント口座:4,000Lot
    ミニ口座:500Lot
  • 1口座最大ポジション数
    スタンダード口座:100ポジション
    スタンダードFX口座:100ポジション
    ECN口座:100ポジション
    セント口座:50ポジション
    ミニ口座:50ポジション

FXGTのストップレベル

ストップレベルとは、新規注文時や、注文後の、指値や逆指値を入れる際に、今の価格レートから離さなければならない数値のことを指します。

このストップレベルの幅が狭い方が、細かい値動きに対応できるので取引上便利になります。

ストップレベルの説明画像

FXGTのストップレベルは下記の通りです。

通貨ペアストップレベル
ドル円(USDJPY)6.2pips
ユーロドル(EURUSD)5.2pips
ポンド円(GBPJPY)12.2pips
豪ドル円(AUDJPY)11.2pips
ユーロ円(EURJPY)8.0pips
ポンドドル(GBPUSD)8.4pips
豪ドル米ドル(AUDUSD)11.2pips

FXGTのストップレベルは海外FX他社と比べるとかなり広く、トレーダー目線で言えばかなり厳しいと言わざるを得ません。

以下は参考までに、海外FX他社のストップレベルになります。

  • GEMFOREX:2.0pips(USDJPY)
  • LAND FX:4.0pips(USDJPY)
  • IS6FX:2.0pips(USDJPY)
  • Exness:2.7pips(USDJPY)
  • iFOREX:3.0pips(USDJPY)
  • XM:0pips
  • AXIORY:0pips
  • TTCM:0pips

FXGT口座スペック詳細一覧表

詳細一覧表を見る
※閲覧デバイス画面サイズにより横スクロールできる場合があります。

 

項目スタンダード
口座
スタンダードFX
口座
ECN
口座
セント
口座
ミニ
口座
取引形態NDD-STP NDD-STPNDD-ECN NDD-STP NDD-STP
取引ツールMT5MT5MT5MT5MT5
最大レバレッジ1,000倍1,000倍1,000倍1,000倍1,000倍
レバレッジ規制ダイナミックレバレッジ
(取引量による規制)
エクイティレバレッジ
(有効証拠金による規制)
ダイナミックレバレッジ
(取引量による規制)
ダイナミックレバレッジ
(取引量による規制)
ダイナミックレバレッジ
(取引量による規制)
取引手数料往復$10/1Lot
スプレッド1.6pips
USDJPY
1.6pips
USDJPY
1.3pips(手数料込)
USDJPY
2.0pips
USDJPY
1.8pips
USDJPY
口座開設ボーナス3,000円3,000円
入金ボーナスありありありあり
自社
キャッシュバック
取り扱い
通貨ペア数
49種類49種類49種類28種類49種類
最小取引サイズ0.01Lot(1,000通貨)0.01Lot(1,000通貨)0.01Lot(1,000通貨)0.01Lot(10通貨)0.01Lot(100通貨)
ポジション数制限
(1口座)
100ポジション100ポジション100ポジション50ポジション50ポジション
ロット制限
(1ポジション)
100Lot
※1Lot=10万通貨
100Lot
※1Lot=10万通貨
100Lot
※1Lot=10万通貨
100Lot
※1Lot=1,000通貨
100Lot
※1Lot=1万通貨
ロット制限
(1口座)
200Lot200Lot200Lot4,000Lot
※1Lot=1,000通貨
500Lot
※1Lot=1万通貨
初回
最低入金額
$5$5$200$5$5
スキャルピング
両建て同一口座内のみ可同一口座内のみ可同一口座内のみ可同一口座内のみ可同一口座内のみ可
EA制限なし制限なし制限なし制限なし制限なし

まとめ

これまでに解説した内容から、FXGTに向いているトレーダー像と、向いてないトレーダー像をお伝えして、当記事の結論とさせて頂きます。

FXGTに向いているトレーダー

  • クッション付きのボーナスが使える海外FX口座を探しているトレーダー
    「スタンダード口座」がおすすめ
    ➡メイン口座としてはスペック不足ですが、海外FXでも数少ないクッション付きのボーナスが使える口座なので、サブ口座としてなら利用価値あり。

FXGTに向いていないトレーダー

  • メイン口座を探しているトレーダー
    ➡スペック的にFXGTを上回る口座は海外FX他社にあります。
    当サイト海外FX総合ランキング記事で、他社の口座を探す。
  • スプレッドを重視するトレーダー
    ➡FXGTの全口座において優れたスプレッドを備えている口座はありません。
    当サイト海外FX「スプレッド」ランキング記事で、他社の口座を探す。