FXの証拠金維持率とは?〇〇証拠金?5分で時短解説|強制ロスカットとの関係も把握しよう!

読者

証拠金維持率って何?
・なんちゃら証拠金とか、たくさん専門用語あってよく分からない…
・ロスカットと証拠金維持率の関係を詳しく知りたい!

今回の記事はこのような疑問/悩みを解決します。

記事を読むと得られるベネフィット

  • 【証拠金維持率】について時短理解
  • 【必要証拠金】と【有効証拠金】ついて時短理解
  • 【証拠金維持率】と【強制ロスカット】の関係を時短理解

記事を読むのにかかる時間

  • 5分

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、簡単にお伝えすると、「口座に入っているお金」と「今持っているポジションに必要なお金」の割合(%)のことを指します。

イメージとして、

  • 口座に入っているお金>今持っているポジションに必要なお金

だと証拠金維持率の数値が大きくなり、資金的に余裕がある状態です。

証拠金維持率が高い状態

それとは逆に、

  • 口座に入っているお金<今持っているポジションに必要なお金

となると、証拠金維持維持率の数値が低くなり、資金的に余裕がない状態になります。

証拠金維持率が低い状態

現時点では、このようなイメージでOKです。

※正確な説明は後ほどします。今はニュアンスだけご理解いただければ大丈夫です。

証拠金維持率の計算方法は下記の通りですが、専門用語が連発して分かりにくいので、順を追って説明していきます。

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100

有効証拠金とは

  • 証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100

証拠金維持率の計算の中で出てきた、有効証拠金の説明をします。

有効証拠金とは、口座の現金残高に、今持っているポジションの損益(含み益or含み損)を加味した金額のことを指します。

有効証拠金とは

有効証拠金の計算方法は下記の通りです。

有効証拠金=口座残高+ポジション損益

有効証拠金の計算には、ポジション損益が含まれています。

FXのトレードでは、ポジションを持つと、常に損益(含み益・含み損)が変動するので、結果として有効証拠金の金額も常に変わっていきます。

有効証拠金計算例

有効証拠金の計算例を3パターンご紹介します。

Case1
  • 口座残高10万円
  • ポジションに2万円の含み損

有効証拠金=10万円-2万円

有効証拠金は、8万円になります。

有効証拠金計算例1
Case2
  • 口座残高7万円
  • ポジションに3万円の含み益

有効証拠金=7万円+3万円

有効証拠金は、10万円になります。

有効証拠金計算例1
Case3
  • 口座残高10万円
  • ポジションAに含み益1万円
  • ポジションBに含み損5000円

ポジションを複数持っていた場合は、すべてのポジションの損益を合算して計算します。

複数ポジションの有効証拠金

合算含み損益=1万円-5千円

合算含み損益は、+5千円の含み益になります。

有効証拠金=10万円+5千円

有効証拠金は、10万5,000円です。

必要証拠金とは

  • 証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100

証拠金維持率の計算の中で出てきた、必要証拠金の説明をします。

必要証拠金とは、トレードでポジションを持つ時に、最低限必要なお金のことを指します。

必要証拠金の計算方法は下記のとおりですが、計算式だけを見てもイメージがわきにくいので順を追って解説していきます。

必要証拠金
=ポジション量(取引通貨量)×為替レート÷レバレッジ
為替レートとは?

為替レートとは、取引している通貨ペアの価格レートのことを指します。

■ドル円の取引では?
現在のレートが1ドル=100円なら、100が為替レートになります。

■円が絡まない通貨ペアは?
円が絡まない通貨ペアであれば、後半部分の通貨クロス円レートが為替レートになります。

例)EURGBP(クロス円とドルストレート以外)の通貨ペアの場合、GBPJPYの為替レート
この場合、GBPJPY(ポンド円)のレートが1ポンド=150円なら、為替レートは150になります。
※クロス円とは:円を含む通貨ペア(EURJPY,GBPJPYなど)

必要証拠金の計算の中には「レバレッジ」が含まれているので、レバレッジの大きさが変われば必要証拠金の金額も変わります。

このカラクリを説明するためにレバレッジの説明を少し挟みます。

なぜ必要証拠金はレバレッジによって変わるのか?

まずはじめに、FXはレバレッジを使うことによって、口座に入っている資金の何倍もの取引をすることが出来ます。

【下記説明内の為替レートは、便宜上1ドル=100円とします】

レバレッジを使わない(レバレッジ1倍)場合、1万ドルの通貨を買いたい場合、100万円を用意しなければなりません。
※1万ドル×100円=100万円

この場合、100万円が必要証拠金となります。

レバレッジ1倍必要証拠金イメージ
  • レバレッジを2倍にすると、1万ドルを買うためには、50万円が必要になります。
    =「50万円が必要証拠金」
    計算)1万ドル×100円÷2=50万
  • レバレッジ10倍だと、1万ドルを買うのに10万円が必要。
    =「10万円が必要証拠金」
    計算)1万ドル×100円÷10=10万
  • レバレッジ25倍だと、1万ドルを買うのに4万円が必要。
    =「4万円が必要証拠金」
    計算)1万ドル×100円÷25=4万

このように、レバレッジによって「必要証拠金」の金額は変わります。

そして、上記の計算例からもわかるとおり、レバレッジが高くなればなるほど、必要証拠金が少なくて済むようになります。

ちなみに国内FXの場合にはレバレッジに制限があり、最大で25倍になっています。

それに対して、海外FX会社の場合はレバレッジに制限がありませんので、国内FXと比較して必要証拠金が少なくて済むというメリットがあります。

1万ドルの取引に必要な必要証拠金額
  • 国内FX(最大レバレッジ25倍):4万円
  • 海外FX-GemForex社(最大レバレッジ1,000倍):1,000円

以上で必要証拠金の説明を終わります。

※海外FX各社のレバレッジについて詳しく知りたい方は当サイト別記事「海外FX12社のレバレッジ比較と規制まとめ」をご覧ください。

証拠金維持率の計算

リアルトレードでは、取引ツール上で証拠金維持率を確認することが出来ます。
毎回自分で計算をする必要はありませんので、ご安心ください。
ただし、証拠金維持率は資金管理においても重要な指針の一つなので、仕組みと計算方法を知ることは損にはなりません。
お時間がある方は、一緒に計算してみましょう。

有効証拠金と必要証拠金が分かれば、証拠金維持率を計算することが出来ます。

計算方法を、もう一度おさらいします。

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100
有効証拠金=口座残高+ポジション損益
必要証拠金=ポジション量(取引通貨量)×為替レート÷レバレッジ

証拠金維持率計算例

Case1
  • 国内FX最大レバレッジ25倍
  • ドル円の取引
  • 口座残高10万円
  • ポジション1万通貨(1lot)
  • ポジション含み益+1万円
  • 1ドル=100円
証拠金維持率計算例1
  • 有効証拠金:11万円
    計算)10万円+1万円=11万円
  • 必要証拠金:4万円
    計算)10,000×100÷25=40,000
  • 証拠金維持率:275%
    計算)11万÷40,000×100=275

では、ポジション量を増やして、損失が出ている状況にしてみましょう。

Case2
  • 国内FX最大レバレッジ25倍
  • ドル円の取引
  • 口座残高10万円
  • ポジション2万通貨(2lot)
  • ポジション含み損-3万円
  • (1ドル=100円)
証拠金維持率計算例2
  • 有効証拠金:7万円
    計算)10万円-3万円=7万円
  • 必要証拠金:8万円
    計算)20,000×100÷25=80,000
  • 証拠金維持率:87.5%
    計算)70,000÷80,000×100=87.5

このCase2の場合、必要証拠金よりも有効証拠金が少ない状況になってしまい、証拠金維持率が100%を切ってしまいました。

このように証拠金維持率が100%を下回ると、強制ロスカットの危険性が出てきます。

強制ロスカットとは

強制ロスカットとは、トレーダーの資金保護を目的とした強制決済制度で、簡単に言うと、「今自分が持っているポジション」と「自分の口座内の入っているお金」が不釣り合いの状態となっているので、FX会社側から退場宣告をされることを指します。

この強制ロスカットは、証拠金維持率で判断されます。

FX会社各社が設定しているロスカットレベル(証拠金維持率)を下回ると、持っているポジションが強制的に決済されてしまいます。

このロスカットレベルは、海外FXと国内FXで違いがあります。

  • 国内のFX会社:証拠金維持率100%~50%
  • 海外のFX会社:証拠金維持率40%~20%

実際のトレードでは、利益や損失だけでなく、証拠金維持率にも目を配り、強制ロスカットに注意しましょう。

実際の取引ではいきなり強制ロスカットになるわけではなく、ロスカットレベル(強制ロスカットとなってしまう証拠金維持率)の手前で、マージンコールというお知らせをしてくれます。
このマージンコールは国内FXと海外FXでは仕組みが異なります。
詳しく知りたい方は当サイト別記事「マージンコールに追証?」をご覧ください。

海外FX12社ロスカットルール

※スマートフォンで閲覧の場合、横スクロールできます。

FX会社名ロスカットレベル
(証拠金維持率)
ロスカットルール
詳細
XM
(エックスエム)
XMの評判を見る
20%証拠金維持率20%以下で保有ポジション全決済
GEMFOREX(ゲムフォレックス)
GemForexの評判を見る
20%証拠金維持率20%以下で損失の大きいポジション順に保有ポジション決済
AXIORY
(アキシオリー)
AXIORYの評判を見る
20%証拠金維持率20%以下で、損失の大きいポジション順に、証拠金維持率20%を超えるまで保有ポジション決済
Exness
(エクスネス)
Exnessの評判を見る
0%証拠金維持率0%以下で保有ポジション全決済
LAND-FX
(ランドFX)
LAND-FXの評判を見る
30%証拠金維持率30%以下で損失の大きいポジション順に保有ポジション決済
IS6FX
(アイエスシックスFX)
IS6FXの評判を見る
20%証拠金維持率20%以下で損失の大きいポジション順に保有ポジション決済
FXGT
(FXジーティー)
FXGTの評判を見る
20%
(ECN口座は40%)
証拠金維持率20%以下(ECN口座は40%以下)で保有ポジション全決済
iFOREX
(アイフォレックス)
iFOREXの評判を見る
0%証拠金維持率0%以下で保有ポジション全決済
Titan FX
(タイタンFX)
TitanFXの評判を見る
20%証拠金維持率20%以下で損失の大きいポジション順に保有ポジション決済
FBS
(エフビーエス)
FBSの評判を見る
20%証拠金維持率20%以下で損失の大きいポジション順に保有ポジション決済
HotForex
(ホットフォレックス)
HotFoexの評判を見る
20%
(マイクロ口座は10%)
証拠金維持率20%以下(マイクロ口座は10%以下)で損失の大きいポジション順に保有ポジション決済
TTCM
(トレーダズトラスト)
TTCMの評判を見る
20%証拠金維持率20%以下で損失の大きいポジション順に保有ポジション決済

国内FX12社ロスカットルール

※スマートフォンで閲覧の場合、横スクロールできます。

FX会社名ロスカットレベル
(証拠金維持率)
ロスカットルール詳細
DMM FX50%証拠金維持率50%以下で保有ポジション全決済
LINE FX100%証拠金維持率100%以下で保有ポジション全決済
SBI FX50%証拠金維持率50%以下で保有ポジション全決済
外為どっとコム100%証拠金維持率100%以下で保有ポジション全決済
楽天FX50%証拠金維持率50%以下で保有ポジション全決済
OANDA JAPAN100%証拠金維持率100%以下で損失の大きいポジション順に保有ポジション決済
FXTF
(ゴールデンウェイジャパン)
50or100%・証拠金維持率50%以下で損失の大きいポジション順に保有ポジション決済
・判定時刻(15:30~15:45)に証拠金維持率100%以下で損失の大きいポジション順に保有ポジション決済
GMOクリック証券50%証拠金維持率50%以下で保有ポジション全決済
ヒロセ通商100%証拠金維持率100%以下で保有ポジション全決済
外為ファイネスト100%証拠金維持率100%以下で保有ポジション全決済
FXプライムbyGMO80%証拠金維持率80%以下で保有ポジション全決済
みんなのFX100%証拠金維持率100%以下で保有ポジション全決済

まとめ

記事は以上となります。

FXでは資金管理をすることが非常に重要なので、証拠金維持率に目を配り、ロスカットにならないよう資金と取引量のバランスをとってトレードをしていきましょう。

ただし、何事にも例外はつきもので、いくら気を付けていてもロスカットになってしまったり、更には「ロスカットレベルを飛び越えてしまう」場合があります。

具体的には、フラッシュショックと呼ばれる相場の大暴落などが起きると、ロスカットレベルを飛び越えてしまい、自身の口座残高がマイナスとなってしまう場合があります。

そのような緊急事態を回避したい場合は海外FXのゼロカットサービスを使うという方法があります。

詳しく知りたい方は、当サイト別記事「海外FXのゼロカットとは?各社ルールも要チェック|【追証危険大】な過去の大暴落事例も公開」をご覧ください。